Appleからの件名「お客様のiPhoneに関するアンケートにご協力ください」メールがスパムか確認する方法

スポンサーリンク

先日、Appleを名乗る送信元から件名「お客様のiPhoneに関するアンケートにご協力ください」というメールが届きました。

直近でiPhoneを購入した履歴がなかったこと、またこの手のスパムメールのニュースを耳にしていたこともあり、不安になって果たして信用していいのか、情報収集を行っていました。

そこで本記事では、Appleを名乗る送信元から不審なメールが届いた際に信用しても良いか判断する方法を紹介します。

photo by C_osett

スポンサーリンク

Appleから不審なメールが届いた際の対処方法

届いたメールについて

先日ボク宛に届いた、Appleを名乗る送信元からのメールです。

本文は画像の通りで、その他の情報も「それっぽい」内容でした。

送信元:Apple Market Research(marketresearch_japan@insideapple.apple.com)

件名:お客様のiPhoneに関するアンケートにご協力ください / Tell us about your iPhone

不審に思った理由

ボクはiPhone 7シリーズを見送っているため、直近でiPhoneを購入したのはすでに1年以上前になります。

利用後の感想も含めたアンケート収集を目的に選ばれた可能性も考えましたが、昨今様々なスパムメールが世間を賑わせていることもあり、安易に信用することができませんでした。

信用しても良いか判断する方法

メールの「送信元」・「件名」・「本文」はどれも「それっぽい」内容でしたが、それだけでは信用しても良いか判断はできません。

そこでWhoisを使用してドメインの登録情報を検索する方法より、Appleからの正式メールか判断する方法を紹介します。

参考 Apple サポートコミュニティ

本記事ではMacを例に說明をしていますが、WindowsでもWhoisを用いた検索方法により同様のことができます。

手順①:メッセージのソースを確認する

まず、届いたメールのソースを確認します。

用いているメールクライアントソフトによって手順は異なりますが、例えばGmailのWebアプリなら、届いた不審メールを開いた状態でメニューより「メッセージのソースを表示」へ進みます。

するとメールの詳細情報が表示されるので、SPFレコードの数字をコピーします。

参考 Googleサポート – SPF レコードについて

手順②:ターミナルでWhoisの検索

次に「ターミナル」アプリを起動します。

例えば、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」→「ターミナル」で起動できる。

続いてターミナル上で「whois」と入力し、半角スペースを空けた後、先ほどコピーしたSPFレコードの数字をペーストして enter を押します。

例えばボクに届いた不審なメールの場合は、下記コードをターミナルで入力しました。

すると送信元の情報が詳細に表示されます。ここで「Organization」部分が「Apple Inc.」であることを確認できれば、このメールは本物(=スパムではない)と判断できます。

その後:リンク先は普通のアンケートだった

Appleからの正式なメールだと確認できた後、メールに記載されたリンクを踏むと、普通のアンケートが開始されました。

アンケート所要時間は15分ほどで、特に謝礼等はない模様。何か欲しかった・・・。

〆:安易にリンクを踏まないように気をつけよう!

以上、Appleからの件名「お客様のiPhoneに関するアンケートにご協力ください」メールがスパムか確認する方法 の說明でした。

今回のApple社に限らず、有名企業の名をかたった不審なメールによる被害は後をたちません。

ボクのような怪しいメールを受け取ったら、記載されているリンクは安易に踏まず、まずは紹介したWhois検索の実施をしてみて下さい。

Whois検索以外の方法として、フィッシング対策協議会という団体に不審なメールを転送して、調査依頼をする手段もあります。合わせてご参考に。

参考 フィッシング対策協議会 – フィッシングかな?と思ったら

いずれの方法でも事前に信頼できると確認できた上で、先に進むようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい