AirMore - Androidの画面をパソコンへ無線でミラーリングする方法! ワイヤレスに遠隔でWindows/Macへ映そう

スポンサーリンク
Android

本記事では、Android画面をパソコンへ投影できるソフトAirMoreアプリのアイコンAirMore(エアモア)を解説します。

類似ソフトと比較した特徴です。

  • 同じWi-Fi環境であればワイヤレスにミラーリング可能
  • Android⇔PC間のファイル共有機能が便利
  • PC側はブラウザベースで動くのでWindowsとMac両方に対応

「無線でミラーリングしたい」・「パソコンからAndroid内部ストレージのファイルを管理したい」というニーズにピッタリのアプリですよ。

アプリの最終更新が2020年6月で止まっており、現在は正常にミラーリングが動作しません。ミラーリングソフトをお探しであれば、コチラのまとめ記事をどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AirMoreの使い方

説明の流れ
  • 説明①
    初期設定の手順
  • 説明②
    Androidをパソコンへミラーリングする方法
  • 説明③
    パソコンからAndroidのファイルを操作する方法

初期設定の手順

AirMoreアプリのアイコンAirMoreでミラーリング機能を使用するには、いくつか条件があります。

  1. AndroidのOSが5.0以上であること
  2. パソコンのブラウザはChrome / Firefox / Safariいずれかであること
  3. Androidとパソコンが同じWi-Fiネットワークに接続されていること

2について、IE(Internet Explorer)やMicrosoft Edgeでもミラーリングできることを確認していますが、上記3ブラウザが公式では推奨されています。

3について、Androidがモバイルデータ通信(4G / LTE)にのみ繋がっていると、パソコンとミラーリングできません。 

さっそく初期設定を勧めましょう。

まずミラーリングしたいAndroidに、AirMoreアプリのアイコンAirMoreをインストールします。

次にパソコン側でWeb版AirMoreをブラウザで開き、QRコード画面を表示します。

この時点で、Androidとパソコンを同じWi-Fiネットワークへ接続して下さい。
AirMoreの初期設定の手順1

パソコン側で表示したQRコードの画面。

続いてAndroid側のAirMoreアプリのアイコンAirMoreで、スキャンして接続する をタップ。

カメラが起動するので、パソコンに映っているQRコードを読み込みます。

AirMoreの初期設定の手順2

これでAndroidとパソコンの接続が完了します。カンタンですね。

AirMoreの初期設定の手順3

Android側の接続完了画面。

以上で準備OKです。

Androidをパソコンへミラーリングする方法

パソコン側のWeb版AirMore上で、接続したAndroid情報が表示されます。

このメニューより ミラーリング を選択しましょう。

AirMoreでAndroidをパソコンへミラーリングする手順1

Xperia Z3を接続した例。

Android側でキャプチャに関するダイアログが表示されるので、今すぐ開始 を選択。

AirMoreでAndroidをパソコンへミラーリングする手順2

パソコン側にAndroidの画面がミラーリングされます。

AirMoreでAndroidをパソコンへミラーリングする手順3

Xperia Z3をミラーリングした例。

Androidで動かすゲームアプリも、パソコンの大きな画面で投影できます。

AirMoreでAndroidをパソコンへミラーリングする手順4

どうぶつの森ポケットキャンプをミラーリングした例。

またミラーリング画面には、2つのオプションがあります。

  • スクリーンショットを撮る
  • フルスクリーン

「スクリーンショットを撮る」を実行すると、現在Androidに表示される画面が、パソコン側へ画像ファイルとして保存されます。

AirMoreでAndroidをパソコンへミラーリングする手順5

「スクリーンショットを撮る」機能。

「フルスクリーン」を実行すると、パソコンの全画面表示でミラーリングできます。

横画面で遊ぶゲームアプリでは、画面いっぱいに投影できて迫力が増しますよ。
AirMoreでAndroidをパソコンへミラーリングする手順6

「フルスクリーン」機能。

AirMoreでAndroidをパソコンへミラーリングする手順7

ゲーム「アート・オブ・コンクエスト」をフルスクリーンでミラーリングした画面例。

以上、AirMoreアプリのアイコンAirMoreの基本的なミラーリング手順でした。

普段から同じWi-Fiネットワークに接続していれば、ミラーリング開始までの手順はシンプルでわかりやすいです。

パソコンからAndroidのファイルを操作する方法

AirMoreアプリのアイコンAirMoreはミラーリングのみならず、Androidとパソコン間でコンテンツ(例:音楽 / 写真)の移動も可能です。

例えば「ファイル」機能を使えば、パソコン上から遠隔でAndroid内部ストレージのファイル編集ができます。

パソコンからAndroidのファイルを操作する手順

スマホの内部ストレージを開いた例。

わざわざUSBケーブルを繋ぐ手間いらずで、ワイヤレスにササッと移動できて便利ですよ。

 

補足:Android向けミラーリングソフトに関するアレコレ

本パートでは、スマートフォンとPCの画面投影に関連する、細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    scrcpy - ミラーリング中に音声出力やスマホ操作する方法
  • 補足②
    離れた場所からリモート操作する方法

scrcpy – ミラーリング中に音声出力やスマホ操作する方法

AirMoreアプリのアイコンAirMoreには、以下のデメリットがあります。

  • スマホの音声をPCへ出力できない
  • USBケーブルを使った接続はできない
  • スマホ画面をPCから操作はできない

これらを克服できる別ソフトとして、scrcpyのアイコンscrcpyがオススメです。

scrcpyの紹介1

scrcpyでAndroid画面をミラーリングした例。

少し手順が複雑ですが、無料で音声のPC出力やワイヤレス接続に対応しています。

またパソコン側でクリック・ドラッグすれば、Android側でタップ・スワイプ操作可能です。

scrcpyの紹介2

音声のPC出力の例。Androidで再生したYouTube MusicのBGMが、PC側から流れる。

scrcpyの紹介3

ワイヤレス接続の例。USBケーブルを使わず、Wi-Fi経由でミラーリングできる。

AirMoreアプリのアイコンAirMoreに物足りなさを感じれば、ぜひscrcpyのアイコンscrcpyを試してみて下さい。

詳細は関連記事【scrcpyの使い方! USB/Wi-Fi接続でAndroid画面や内部音声をWindowsへミラーリングしよう】で解説しています。

scrcpyの使い方! USB/Wi-Fi接続でAndroid画面や内部音声をWindowsへミラーリングしよう
この記事では、ミラーリングソフトscrcpyの使い方を解説します。無料で音声のPC出力や、ワイヤレス接続を実現できます。

離れた場所からリモート操作する方法

遠く離れた場所から、同一ネットワーク上にないスマートフォンをリモート操作したい場合、2つのソフトがオススメです。

  • AnyDeskのアイコンAnyDesk(エニーデスク)
  • TeamViewerのアイコンTeamViewer(チームビューワー)
AnyDeskの紹介1

AnyDeskでAndroid画面を遠隔操作する例。

「遠くにいる家族のAndroid画面を操作したい」・「会社にあるAndroidを動かしたい」など、様々なシーンで活躍します。

詳細は関連記事【Androidをリモート操作する方法! 遠隔操作でパソコンからスマホを動かそう】で解説しています。

Androidをリモート操作する方法! 遠隔操作でパソコンからスマホを動かそう
この記事では、スマホをパソコンでリモート操作する方法を解説します。離れた場所からでも画面を操作したり、位置特定・データ削除等を指示できます。

 

〆:ワイヤレスにミラーリングできて便利!

以上、AirMore - Androidの画面をパソコンへ無線でミラーリングする方法! ワイヤレスに遠隔でWindows/Macへ映そう の説明でした。

AirMoreアプリのアイコンAirMoreなら、ミラーリングソフトの基本機能が備わっており、操作手順もシンプルでわかりやすいです。

「とりあえずワイヤレス接続でミラーリングしてみたい」というニーズがあれば、試す価値アリですよ。

参考 AirMore(公式サイト)

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました