スポンサーリンク

[Android] 提供元不明アプリのインストール方法! Google Playにない非公式apkを楽しもう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Android向けアプリはGoogle公式の「Google Play」よりインストールするのが基本です。

ただ様々な事情で、Google Playで配布されないアプリ(=提供元不明アプリ)を導入したい場合、次のような流れで実現できます。

  1. 提供元不明アプリを許可する
  2. アプリのapkファイルを入手する
  3. apkファイルをAndroidにインストールする
【apkとは?】 – Android向けアプリを構成するパッケージのこと。ファイル拡張子は”.apk”。Androidに入れることでapkが作るアプリをインストールできる。

そこで本記事では、提供元不明アプリをインストールする方法を紹介します。

合わせて「apkファイルを入手する方法」と「apkファイルをインストールする方法」にも触れているので、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

提供元不明アプリを許可する方法

Google Playにない提供元不明(非公式)アプリをインストールするには、事前にAndroid側で許可設定が必要です。

〜Android 7.0:システム全体で提供元不明アプリを許可する

Android 7.0までは「設定」の「セキュリティ」項目より、システム全体で提供元不明アプリを許可できます。

例えばXperia Z3(Android 6.0.1)の場合、「設定」→「セキュリティ」より「提供元不明のアプリ」をタップしてトグルを有効にすればOK。

Android 8.0〜:アプリごとに提供元不明アプリを許可する

一方、Android 8.0からは提供元不明アプリをダウンロードするアプリごとに個別で許可が必要となります。

許可の手順は2通りあります。

  • 事前にアプリ情報から許可しておく
  • アプリごと都度許可する

事前にアプリ情報から許可しておく

例えばNexus 6P(Android 8.1.0)で「Google Chrome」からダウンロードしたapkファイルをインストールしたい場合、Chromeの「アプリ情報ページ」をまず開きます。

次に「不明なアプリをインストール」を開き、「この提供元のアプリを許可」トグルを有効にすればOK。

これでChromeからダウンロードしたapkファイルをインストールできます。

あくまでChromeから入手したapkのみ許可する設定となるため、それ以外のアプリ(例:Gmail / Dropbox)経由でのインストールの場合は、同様の流れで個別許可が必要です。

アプリごと都度許可する

事前にアプリ情報で提供元不明アプリを許可していない場合、自動で許可を促すポップアップが表示されます。

一度許可すれば、以降は同じアプリでダウンロードした提供元不明アプリはそのままインストールできます。

 

アプリのapkファイルを入手する方法

アプリのapkファイルを入手する方法は3通りあります。

  • Androidにインストール中アプリから抽出・保存する
  • Google Play上から抽出・保存する
  • apk配布サイトから保存する

Androidにインストール中アプリから抽出・保存する

現在Androidにインストール中のアプリは、内部にアプリパッケージ(=apkファイル)も保存されています。

このapkファイルを2通りの方法で抽出・保存できます。

  • Androidの専用アプリで抽出する
  • adbコマンドでパソコンから抽出する

詳細は関連記事【Androidでapkファイルの場所を調べダウンロードする方法! 抽出したアプリを再インストールしよう】で解説しています。

Androidでapkファイルの場所を調べダウンロードする方法! 抽出したアプリを再インストールしよう
Androidのアプリは通常Google Play上から入手できますが、万が一に備えてインストール中アプリのファイル(=apkファイル)をバックアップしておくと安心です。 そこで本記事では、Android内apkファイルの場所を調べ、...

Google Play上から抽出・保存する

Google Play上で配布されるアプリは、サイト「APK Downloader」を使ってapkファイルを抽出・保存できます。

詳細は関連記事【Google Playから直接apkファイルをダウンロードする方法! ストア上のアプリを抽出しよう】で解説しています。

Google Playから直接apkファイルをダウンロードする方法! ストア上のアプリを抽出しよう
Google Playには数多くのアプリが配布されますが、頻繁にアップデートされたり配信が停止することもあるため、事前にapkとして抽出・保存できると便利です。 【apkとは?】 – Android向けアプリを構成するパッケージのこと。フ...

apk配布サイトから保存する

Androidにインストールしておらず、Google Play上からも消えてしまったアプリの場合、最後の手段としてインターネット上で無料配布されるapkファイルを保存することもできます。

ただ悪意のある第三者がapkファイルに細工をしているなど、セキュリティ上のリスクも高いため推奨はできません。

 

apkファイルをAndroidにインストールする方法

「提供元不明のアプリ」を許可してapkファイルも準備できれば、Androidにインストールできます。

apkファイルをインストールする手段は様々ありますが、何らかの方法でapkファイルをAndroid側へ保存・インストールするやり方がカンタンです。

今回はその一例を紹介します。

  • オンラインストレージを利用する
  • 添付メールを利用する
  • パソコンを利用する

オンラインストレージを利用する

オンラインストレージを経由してapkファイルをインストールできます。

個人的に一番利用する方法です。

具体的には、DropboxGoogle Driveなどを使って、Androidにapkファイルをダウンロードします。

Google ドライブ
Google ドライブ
Developer:Google LLC
Price:Free

どのオンラインストレージを利用しても手順はほぼ同じになるので、今回はDropboxを用いて説明します。

まずapkファイルをDropboxへアップロードし、

Android側で起動したDropboxからアップロードしたapkファイルを選択し、ダウンロード・インストールして完了です。

添付メールを利用する

添付メールを経由してapkファイルをインストールできます。

ボクはあまり利用しない方法ですが、友人からapkファイルを受け取る際にたまに使います。

例えば、Gmailでapkファイルが添付されたメールを受信したら、添付ファイルをダウンロード・インストールすれば完了です。

apkファイルは容量があまり大きくないので、添付ファイルの制限に引っかかることも少ないでしょう。

パソコンを利用する

パソコンとAndroidをケーブルで物理的に繋ぎ、パソコンからapkファイルをインストールできます。

具体的な手順は2通りあります。

  • 一度Androidにapkファイルを移してからインストール
  • パソコンからAndroidへ直接apkファイルをインストール

一度Androidにapkファイルを移してからインストール

apkファイルをパソコンからAndroidへ移行し、Android側の操作でファイル管理アプリからapkファイルをインストールします。

パソコンからAndroidへファイルを移す作業は、環境によって多少ハードルがあるかもしれません。

例えば、もしパソコンがMacなら事前にアプリを用意しておく必要があり、「Android File Transfer」がオススメです。

Android File Transferの使い方! MacとUSB接続してファイル転送/操作できる無料アプリ
この記事では、MacとAndroidをUSB接続する際の必須アプリ「Android File Transfer」の使い方を解説します。そのほか、アプリで表示されるエラー原因や、USB接続時に自動起動されるのを防止する方法も説明しています。

また、Androidの機種がXperiaなら「Xperia Companion」を使っても同様にapkファイルの移行ができます。

Xperia Companionの使い方! PCと接続してファイル転送しよう
この記事では、Xperia Companionの使い方をを解説します。パソコンからXperiaのファイル転送やソフトウェア更新、強制初期化を実行できます。

パソコンからAndroidへ直接apkファイルをインストール

adbコマンドを使って、パソコンに保存したapkファイルを直接Androidへインストールします。

adbコマンド環境を整える作業が大変ですが、慣れればコチラの方が速いです。

詳細は関連記事【パソコンからAndroidにアプリを直接インストールする方法! PCでダウンロードしたapkをadbを使って入れよう】で解説しています。

パソコンからAndroidにアプリを直接インストールする方法! PCでダウンロードしたapkをadbを使って入れよう
adb環境のあるパソコンを用意すれば、USB接続したAndroidへapkファイルをインストール可能です。 そこで本記事では、パソコンからAndroidにアプリを直接インストールする方法を紹介します。 root不要でパソコンから...

 

補足:

インストールに失敗する場合

apkファイルのインストールを実行すると、失敗するケースがあります。

これには様々な要因が考えられますが、そのうちの1つとしてアプリが要求するAndroid OSバージョンを満たしていない可能性があります。

アプリ配布ページよりOSバージョン要件を確認して下さい。

詳細は関連記事【「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」の解決方法! Google PlayアプリをAndroidにインストールしよう】で解説しています。

「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」の解決方法! Google PlayアプリをAndroidにインストールしよう
この記事では、「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」エラーを解説します。Androidの設定を見直すことでインストールできる場合があります。

「Playプロテクトによりブロックされました」と表示される場合

apkからアプリをインストールする際、次のメッセージが表示されるケースがあります。

Playプロテクトによりブロックされました
このアプリは有害である可能性があります

これはセキュリティシステムGoogle PlayプロテクトのアイコンGoogle Playプロテクトの動作で、危険なアプリとして検知された際に表示されます。

あくまで注意を促すだけなので、そのままアプリをインストールできます。

「Playプロテクトによりブロックされました」の説明

(左)表示されるメッセージ (右)そのままインストールもできる

もし頻繁に表示されて煩わしい場合、手動でオフにすることも可能です。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアのメニューより Playプロテクト を開き、Playプロテクトの設定アイコン設定で Playプロテクトによるアプリのスキャン をオフにすればOK。

Google Playプロテクトの動作を無効にする手順

Google PlayプロテクトのアイコンGoogle Playプロテクトの検知基準は公開されていませんが、apkのセキュリティリスクを考慮すると、可能な限り機能は有効にしておくことをオススメします。

 

〆:リスクを理解した上で独自アプリを楽しもう!

以上、[Android] 提供元不明アプリのインストール方法! Google Playにない非公式apkを楽しもう の説明でした。

提供元不明アプリをインストールする方法はカンタンですが、セキュリティ上のリスクも理解する必要があります。

インストールしようとしているapkファイル(アプリ)は本当に安全か、しっかり確認してから利用して下さい。

参考 Android – Google Playプロテクトのご紹介

参考 Nexusヘルプ – Google Playプロテクトを使用して有害なアプリから保護する

スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. 通りすがりの村人 より:

    上記のことに加えて他のサイトに記載されていたことをすべて試したけど解決しなかったものを全く別の方法で解決したので記載しておきます。

    皆さん、キャッシュの削除です。
    アプリの再インストールする場合は以前のキャッシュが残っているのでそれがインストールの邪魔をします。
    なんでもいいのでキャッシュクリーナーアプリをインストールしてキャッシュを削除するのです。

タイトルとURLをコピーしました