Androidで接続済みWi-Fiパスワードを調べる方法! 過去履歴のある保存したネットワークのキーを表示しよう

root

Androidで接続したことのあるWi-Fiのパスワードは3通りの方法で調べることが可能です。

  • ルーター設定画面より確認する
  • 専用アプリより確認する(要root)
  • ファイルマネージャーより確認する(要root)

パソコンは不要で、すべてAndroid上の操作で完結できるのが特徴です。

本記事では、それぞれの手順について解説します。

今回紹介する内容は、過去接続した保存済みアクセスポイントのパスワードを確認する方法です。

未接続のWi-Fiパスワードを解析する内容ではない点、ご留意下さい。

Photo by CMDR Shane on Unsplash

 

スポンサーリンク

Androidで接続済みWi-Fiパスワードを調べる方法まとめ

ルーター設定画面より確認する

パスワードを調べたいWi-Fiに接続中であれば、無線LAN親機のルーター設定画面より確認できる可能性があります。

記事中の内容は「BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4」で検証しています。

まず親機のIPアドレスをAndroidのブラウザで開きます。

192.168.11.1

もし「192.168.11.1」で表示できない場合、AndroidのWi-Fi設定画面から親機のIPアドレスを確認しましょう。

次に、ログインして設定画面を表示します。

例えばBUFFALOの場合、ログイン情報の初期値は下記通りです。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password

または

  • ユーザー名:root
  • パスワード:(空白)
親機のIPアドレスやログイン情報が分からない場合、各メーカーごとHPを確認して下さい。

「無線LAN」情報を開くと、各SSID(ネットワーク名)と暗号化キー(パスワード)を確認できます。

もし暗号化キー(パスワード)が伏せ字になっていて分からない場合、パスワードの上書きができないかお試し下さい、

パスワードを上書きすると、接続済みの端末すべてで新しいパスワードの再入力が必要となります。

専用アプリより確認する(要root)

rootアプリ「WiFi Password Viewer」を使えば、過去接続したWi-Fiのパスワードを表示できます(パスワードを調べたいWi-Fiに接続中でなくてもOK)。

WiFi Password Viewer (ROOT)
WiFi Password Viewer (ROOT)

まだrootアプリの使用環境がなければ、準備して下さい。

詳細は関連記事【Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう】で解説しています。

Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう
Nexus 6P(Android 8.1)をroot化した際の作業を記録します。 Androidをroot化するためには、「Superuser」の権限を管理するアプリをインストールする必要があり、代表的なアプリとして「SuperSU」...

root化したAndroidは”メーカー補償の対象外となる”など様々なデメリットが生まれるほか、予期せぬエラーが発生し、最悪の場合Androidが動かなくなる恐れもあります。

くれぐれも自己責任でお試し下さい。

最初にスーパーユーザー権限を許可して下さい。

次に英語でアプリ紹介文が表示されます。

ざっくり説明すると、下記3点が記載されています。

  • 接続履歴のあるWi-Fiのパスワードを表示できる
  • 接続したことのないWi-Fiパスワードを解析することはできない
  • アプリの使用にはrootが必須

保存済みWi-FiのSSID一覧と各パスワードが表示されます。

各SSIDをタップすれば、パスワードのコピーもできます。

ファイルマネージャーより確認する(要root)

システム領域まで表示できるファイルマネージャーを使えば、Android内部に保存されるWi-Fiパスワードを調べることができます(パスワードを調べたいWi-Fiに接続中でなくてもOK)。

本記事では例としてファイルマネージャー「ES ファイルエクスプローラー」を使用します。

システム領域まで表示するにはroot必須となるため、まだ使用環境がなければ準備して下さい。

詳細は関連記事【Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう】で解説しています。

Nexus 6Pをroot化する方法! TWRPでAndroid 8.1にMagiskをインストールして改造しよう
Nexus 6P(Android 8.1)をroot化した際の作業を記録します。 Androidをroot化するためには、「Superuser」の権限を管理するアプリをインストールする必要があり、代表的なアプリとして「SuperSU」...

root化したAndroidは”メーカー補償の対象外となる”など様々なデメリットが生まれるほか、予期せぬエラーが発生し、最悪の場合Androidが動かなくなる恐れもあります。

くれぐれも自己責任でお試し下さい。

まず「ES ファイルエクスプローラー」のメニューより「Rootエクスプローラ」を有効にします。

また、スーパーユーザー権限を許可して下さい。

後はシステム領域トップより下記ディレクトリを開き、

/data/misc/wifi/

下記いずれかのファイルを表示します。

  • wpa_supplicant.conf
  • WifiConfigStore.xml

「ESテキストエディア」を選択すれば、各SSIDとPSK(Pre-Shared Key)を確認できます。

PSKがすなわちWi-Fiのパスワードを表します。

海外サイトでは「wpa_supplicant.conf」でWi-Fiパスワードを確認できる情報が紹介されていますが、ボクの環境(Nexus 6P Android 8.1)では再現できませんでした。

 

補足:そのほかWi-Fi関連の便利な情報まとめ

本ブログでは、AndroidのWi-Fi機能で知ってると便利な情報をたくさん紹介しています。

例えば、アプリ「WiFi Prioritizer」を使って周囲のWi-Fiを検索して、自動でより強いネットワークへ切り替えることができます。

WiFi Prioritizer
WiFi Prioritizer
Developer: Robert Botha
Price: Free
Androidで接続先ネットワークの優先順位を設定する方法! 自動でより速いWi-Fiへ切り替えよう
Androidの仕様として、一度接続したWi-Fiのアクセスポイント(SSID / ネットワーク名)は、設定を個別に解除しない限り、その後は自動的に繋がるようになります。 が、複数のネットワークが混在している場所だと、目的外のWi-F...

ほかにも関連記事【[Android] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方】でまとめて解説しています。

[Android] Wi-Fi機能関連の便利な豆知識まとめ! 知ってると得する裏ワザ的な使い方
本ブログも記事数が増え、AndroidのWi-Fi機能にまつわる様々な情報を掲載してきました。 そこで本記事では、過去記事にしてきた「Wi-Fi関連の知ってると便利な豆知識」をまとめて紹介します。 よりWi-Fi機能を生産的に使...

 

〆:保存済みWi-Fiパスワードを再確認しよう!

以上、Androidで接続済みWi-Fiパスワードを調べる方法! 過去履歴のある保存したネットワークのキーを表示しよう の説明でした。

パソコンがなくても今回紹介した方法なら、Androidだけで保存済みWi-Fiパスワードをチェックできます。

ぜひ、ご参考下さい。

参考 BUFFALO – 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)の設定画面を表示する方法がわかりません

参考 BUFFALO – 接続しているWi-FiのSSIDや暗号化キーをOS環境から確認する方法

参考 Quora(英語) – How do you see a saved Wi-Fi password on Android without root privileges?

root
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント