Androidのおサイフケータイを初期化する方法! FeliCaチップの情報データを全て削除しよう

Android

Androidを第三者へ譲渡・売却するなら、誰しも「初期化(=工場出荷状態へ戻す)」は実行するでしょう。が、実は通常の初期化は本体に保存されるデータが完全に消えるわけではなく、モバイルSuicaに代表される「おサイフケータイ」対応の機種の場合、FeliCaに残った情報はそのままとなります。

そこで本記事では、Androidのおサイフケータイを初期化する方法を紹介します。

FeliCaチップの情報を完全に消すことは、自身の個人情報を守れるのに加え、次にそのスマートフォンを使用する第三者も正常におサイフケータイを使うことができるメリットがあります。

ぜひ、ご覧あれ。

photo by Toshihiro Oimatsu

 

スポンサーリンク

通常の初期化ではFeliCa情報が残ったまま

Androidで一般的な初期化は「設定」から実施する手順が有名でしょう。

Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう
Androidを友人にプレゼントしたりオークションで販売する際、気になるのが「個人情報をしっかり削除できているか」という点です。 万が一「削除漏れ」があると、譲渡先の第三者に対し思わぬプライバシー情報が伝わるリスクがあるため、...

例えばXperia Z3(Android 6.0.1)なら、「設定」→「バックアップとリセット」より「データの初期化」へ進み、

「携帯電話をリセット」より実行できます。

ただここで、おサイフケータイ搭載端末だと「この操作を行ってもおサイフケータイの電子マネー情報等は削除されません・・・」という表示を確認できます。

Androidの一般的な初期化は内部ストレージ情報を削除しますが、FeliCaチップ情報は残ったままとなります。

そのため、おサイフケータイのアプリ自体はAndroid内部ストレージに保存される一方、電子マネー情報はFeliCaチップへ独立して保存されるため、結果的にAndroidを初期化してもおサイフケータイのデータが残り続けてしまうのです。

このようにFeliCaチップ情報がAndroidに残り続けることで、自身の個人情報が流出するリスクはもちろん、次の使用者が正常におサイフケータイを使えない、という問題が発生します。

Androidを売却する際に実施すべき作業! スマートフォンを他人へ譲渡するならデータを完全に消去しよう
ボクは2013年に購入したAndroidスマートフォン「Xperia Z1」を検証用としてずっと利用していましたが、MacBook Air(2013)を売却するタイミングで、一緒にXperiaも下取りに出すことにしました。 ただPC同...

例えば初期化したAndroidを第三者へ譲渡・売却する場合、FeliCaチップ内にデータが残っていると、次の使用者がおサイフケータイを起動しても、前オーナーのデータがそのまま存在するため、電子マネーの各アプリを起動できない / 削除できない、というようなケースがあり得ます。

さらにこの問題は中古スマートフォン市場では有名な話となるため、Androidを売却する際、おサイフケータイを完全に初期化できていないと買い取りしてくれないことも。

以上の理由より、もしAndroidを第三者へ譲渡・売却する予定があるなら、通常の初期化に加えて、個別におサイフケータイ(FeliCaチップ)情報も削除する操作が重要となります。

本記事では代表的な2つの方法を解説しています。

  • おサイフケータイアプリから初期化する
  • 携帯キャリアショップの店頭の機械で初期化する

 

おサイフケータイアプリからFeliCaを初期化する方法

Androidにインストールされている「おサイフケータイアプリ」より、過去使用していた電子マネーのアカウント情報を1つずつ削除することで、FeliCaチップの初期化が可能です。

下記よりその手順を解説します。

おサイフケータイアプリ(ver.5.2.1)を搭載したGalaxy S7 edge(Android 7.0)を例に説明しています。

まずは、現在のFeliCaチップのメモリ情報を確認します。

「おサイフケータイアプリ」を起動後、左上メニューより「サポート・規約」へ進み、

「メモリ使用状況」を表示します。

数値が”0”ならFeliCaチップのメモリ情報がないため、初期化の必要はありません。

一方、もし”1”以上であれば何らかの電子マネーのアカウント情報が残っているため、個別にデータを消去する必要があります。

データの消去手順は、該当の電子マネーサービスによって異なります。

例えば、おサイフケータイ版「楽天Edy」アプリを初期化する場合、

楽天Edy(ver.4.3.3)を搭載したGalaxy S7 edge(Android 7.0)を例に説明しています。

「楽天Edy」アプリ起動後、右上「設定」より「楽天Edyの削除」へ進み、

注意事項を確認の上「削除する」をタップして実行します。残高があると削除はできないため、使い切った状態にしておきましょう。

以上のような作業を各電子マネーアカウントごと実施していき、最終的に「メモリ使用状況」が”0”になればOKです。

ちなみに、すでに携帯の回線契約を解約しているAndroidの場合、回線情報が電子マネーのアカウントと紐付くサービス(例:モバイルSuica / iD)では初期化ができないケースがあります。

そのため、「すでに回線を解約している」・「当時のSIMカードを持っていない」に該当するなら、Android上の操作でFeliCaチップのメモリ情報を全て消去することはできないため、諦めて次に紹介する方法を試すしかありません。

 

携帯キャリアショップの店頭の機械でFeliCaを初期化する方法

もし上記に紹介した方法でうまく初期化できない場合、携帯キャリアショップへ行けば店頭にてFeliCaチップのメモリ情報を削除してくれます。

例えばドコモの場合、DOCOPY(ドコピー)という専用の機械が店内に設置されており、ユーザー自身の操作で「ICカードのフルフォーマット」を実行できます。

下記よりカンタンに手順を解説します。

まずDOCOPY(ドコピー)のトップ画面で「その他」へ進み、

「ICカード内データの消去」を選びます。

データ消去前の注意事項や手順の流れが表示されるので、画面に従って進んでいきます。

その後、「おサイフケータイ対応製品を読み取り機に置いてください」という画面が出たら、

DOCOPY(ドコピー)に搭載されるFeliCaリーダーに対象のスマートフォンを置きます。

すると「ICカード内データを消去します」と表示されるので「実行」を選択。

しばらく待ち、「正常にICカード内データが消去されました」という画面になれば完了です。

このように画面に従って操作すればカンタンにFeliCaチップを初期化できるので、ぜひ最寄りの携帯ショップへお問い合せ下さい。

手数料等は特に発生せず、操作が分からなければスタッフが教えてくれるので、少しショップまで行くのは面倒ですが、オススメな方法です。

 

〆:FeliCa情報まで確実に初期化しよう!

以上、Androidのおサイフケータイを初期化する方法! FeliCaチップの情報データを全て削除しよう 説明でした。

FeliCaチップにはおサイフケータイの大切な情報が保存されているため、第三者へ譲渡・売却する際に、しっかりと初期化しておくことが重要です。

ぜひ、ご参考あれ。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント