Androidのマルチタスク機能まとめ! 分割画面で複数アプリを同時に動かそう

スポンサーリンク
Android

この記事では、Androidの便利なマルチタスク機能をまとめています。

うまく使いこなせば、複数アプリを同時に動かす”ながら作業”に最適ですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホのマルチタスク機能まとめ

このパートでは、様々なマルチタスク機能の具体的な使い方を紹介します。

【マルチタスクとは?】 – multi-tasking(複数処理)。ここでは複数アプリを同時に動かす機能を指す。
説明の流れ
  • 機能①
    マルチタスク画面の使い方
  • 機能②
    分割画面モード(スプリットスクリーンモード)の使い方
  • 機能③
    ピクチャーインピクチャーモードの使い方
  • 機能④
    フリーフォームモードの使い方

特に②〜④で紹介する機能は、総じて「マルチウィンドウ」と呼ばれ、いずれも「画面上に複数アプリを表示する」特徴があります。

名称機能1画面の
アプリ数
OS要件
分割画面モード画面を2つに分割して
アプリを表示
2つまでAndroid 7.0以上
ピクチャーイン
ピクチャーモード
画面の端に小窓を出して
アプリを表示
2つまでAndroid 8.0以上
フリーフォームモードアプリをウィンドウ化して
画面に複数表示
制限なしAndroid 7.0以上
画面サイズや表示するアプリ数に差分があります。

機能①:マルチタスク画面の使い方

Android初期から存在する基本機能の1つで、最近使ったアプリ履歴を一覧で表示して、アプリを切り替えることが可能です。

マルチタスク画面の説明

直近で使用したChromeアプリが表示される例。

マルチタスク画面は、お使いのナビゲーションバー種別によって操作手順が異なります。

種別マルチタスク画面の表示手順
3ボタンナビゲーション■最近ボタンをタップ
2ボタンナビゲーション画面下端から上へスワイプ
ジェスチャーナビゲーション画面下端から上へスワイプ&ホールド
Androidのナビゲーションバーの説明

上から3ボタンナビゲーション、2ボタンナビゲーション、ジェスチャーナビゲーションのデザイン。

3ボタンナビゲーションの手順

3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示される、オーソドックスなナビゲーションバーです。

■最近ボタンを1回タップで、マルチタスク画面が表示されます。

3ボタンナビゲーションでマルチタスク画面を開く手順1

直近で使用したChromeアプリが表示される例。

また■最近ボタンを連続タップで、直前のアプリへ切り替え可能です。

3ボタンナビゲーションでマルチタスク画面を開く手順2

Chromeの1つ前に表示した設定アプリへ切り替える例。

2ボタンナビゲーション/ジェスチャーナビゲーションの手順

ジェスチャー中心で操作するナビゲーションバーで、■最近ボタン(マルチタスクボタン)は存在しません。

代わりに、画面下端から上へスワイプ&ホールドで、マルチタスク画面が表示されます。

ジェスチャーナビゲーションでマルチタスク画面を開く手順1

直近で使用したChromeアプリが表示される例。

また画面下端で左右スワイプで、直前のアプリへ切り替え可能です。

ジェスチャーナビゲーションでマルチタスク画面を開く手順2

Chromeの1つ前に表示した設定アプリへ切り替える例。

以上、マルチタスク画面の基本的な操作手順です。

ホーム画面に戻ってからアプリを選択するより、素早くアプリ切り替えができるので、Androidユーザーなら必ず知っておくべき機能です。

なお表示される履歴は、対象アプリ画面を端へスワイプすることで消去できます。

最近使ったアプリを消す手順

最近使ったアプリを消す例。

何も操作しないと履歴は残り続けるため、人に貸したりする場合は注意しましょう。

機能②:分割画面モード(スプリットスクリーンモード)の使い方

画面を2つに分割して、それぞれに異なるアプリを同時に表示できる機能です。

マルチウィンドウとは単に分割画面モードを指している場合も多く、3つの中で最もメジャーな機能です。
Androidのマルチウィンドウ機能の説明

(右)ChromeとGoogleマップを二画面で表示した例

使い方はカンタンで、まず表示したいアプリをいつもどおり起動します。

Androidのマルチウィンドウを起動する手順1

Chromeアプリを起動する例。

次に、最近使ったアプリ(マルチタスク)画面上で、マルチウィンドウ化したいアプリのアイコンを長押し、分割画面 を選択します。

Androidのマルチウィンドウを起動する手順2

Chromeを分割画面する例。

これでマルチウィンドウの上画面がセットされたので、続いて下画面に表示したいアプリを選べばOK。

2つのアプリが、分割画面で起動されます。

Androidのマルチウィンドウを起動する手順3

2つ目のアプリとして、Googleマップを選ぶ例。

解除したい場合、分割画面の中央にある境界線を、上下いずれか端まで伸ばせばOK。

両アプリのうち、画面に残した方が元のフルスクリーンで表示されます。

境界線を下まで伸ばせば上画面が、上まで伸ばせば下画面が残ります。
マルチウィンドウを解除する手順

境界線を下端まで伸ばし、Chromeをフルスクリーン表示に戻す例。

以上、基本的な使い方でした。

なおマルチウィンドウ(分割画面)は奥が深く、ここでは紹介しきれない情報がたくさんあります。

▼一例

  • 通常は非対応アプリでマルチウィンドウを使う方法
  • マルチウィンドウで両画面に同じアプリを表示する方法
  • マルチウィンドウの起動手順をカスタマイズする方法 …etc

もっと知りたい方は、関連記事【Androidでマルチウィンドウを設定する方法! 複数アプリを二画面分割しよう】で解説しています。

Androidでマルチウィンドウを設定する方法! 複数アプリを二画面分割しよう
この記事では、マルチウィンドウの使い方を解説します。サイズ変更や両画面をアクティブにする方法など、細かい情報も説明しています。

機能③:ピクチャーインピクチャーモードの使い方

画面の端に小窓を出してアプリを表示し、そのまま別アプリも同時に操作できる機能です。

名称が長いため、Picture-In-Pictureを省略してPIPとも呼びます。
ピクチャーインピクチャーモードの説明

左がYouTube、右がGoogleマップをPIPした例。

特にYouTubeアプリのアイコンYouTubeで利用されることが多く、動画を視聴しつつ、別アプリで同時に作業したいシーンで活躍しますよ。

機能の説明は長くなるため、関連記事【AndroidでYouTubeをピクチャーインピクチャーする方法! 動画をPIP再生するやり方で小窓表示しよう】で解説しています。

AndroidでYouTubeをピクチャーインピクチャーする方法! 動画をPIP再生するやり方で小窓表示しよう
Androidでは、画面上に複数アプリを表示するマルチウィンドウ機能が3種類あります。 名称 機能 1画面のアプリ数 OS要件 分割画面モード 画面を2つに分割してアプリを表示 2つまで Android ...

機能④:フリーフォームモードの使い方

パソコンのようにアプリをウィンドウ化して、画面に複数表示できる機能です。

フリーフォームモードの説明

(左)Chromeをウィンドウ化した例 (右)Chrome・設定・Playストアを並べた例

他2つのモードと比較して、最も自由度が高いです。

  • 1画面に3以上のアプリウィンドウを同時表示できる
  • ウィンドウの位置は自由に移動できる
  • ウィンドウのサイズは自由に調整できる

特に画面のスペースに余裕のある、タブレット端末で有効活用できるアプリですよ。

機能の説明は長くなるため、関連記事【AndroidのTaskbarでフリーフォームモードを設定する方法! フローティングウィンドウでアプリを独立表示しよう】で解説しています。

AndroidのTaskbarでフリーフォームモードを設定する方法! フローティングウィンドウでアプリを独立表示しよう
この記事では、Androidでフリーフォームモードを設定する方法を解説します。PCのadbコマンド or アプリTaskbarを使えば、アプリをウインドウ化して1画面に3以上のアプリを同時表示できます。

 

補足:その他の便利なマルチタスク設定アレコレ

このパートでは、マルチタスク機能に関連する細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    消えたマルチタスクボタンを表示する方法
  • 補足②
    マルチウィンドウの画面を両方ともアクティブにする方法
  • 補足③
    ウィジェットを常に前面表示する方法
  • 補足④
    クイックリプライ – 現在のアプリを閉じずにメッセージへ返信する方法

消えたマルチタスクボタンを表示する方法

Androidの特徴として、ナビゲーションバーに3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)が表示されます。

3ボタンナビゲーションバーの説明

ホーム画面はもちろん(左)、任意アプリ画面上も常に表示される(右)。

このデザインは、Android 4以降ずっと変わらずでしたが、Android 9で2ボタンナビゲーション、Android 10でジェスチャーナビゲーションが導入。

結果、従来の■最近ボタン(マルチタスクボタン)が非表示になりました。

Androidナビゲーションバーの種類について

上から3ボタンナビゲーション、2ボタンナビゲーション、ジェスチャーナビゲーションのデザイン。

もし■最近ボタン(マルチタスクボタン)を元に戻したい場合、次の方法があります。

  • 設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える
  • マルチタスクの仮想キーを配置する

設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える

どのナビゲーションバーを適用するか、Android設定アプリのアイコン設定より選択可能です。

Xperia 10 II(Android 11)を例に説明します。

システムジェスチャー と進み、

設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える手順1

システムナビゲーション より切り替えればOK。

3ボタンナビゲーションを選択すれば、■最近ボタン(マルチタスクボタン)も復活します。

設定から3ボタンナビゲーションへ切り替える手順2

機種やOSバージョンによっては、ホームボタンを上にスワイプ メニューが表示されます。この場合、オフにすれば3ボタンナビゲーションへ戻ります。

マルチタスクの仮想キーを配置する

何らかの事情で3ボタンナビゲーションへ戻せない場合、代替手段として仮想キーがオススメです。

例えばメニューボタンのアイコンメニューボタンというアプリを使えば、画面上に■最近ボタン(マルチタスクボタン)を追加できます。

メニューボタンでマルチタスクの仮想キーを配置する手順

仮想キーをタップすれば、マルチタスク画面が開く。

また別のアプローチとして、スマートフォンの物理キーをカスタマイズする案もあります。

例えばButton MapperのアイコンButton Mapperというアプリを使えば、デバイスの音量キーに■最近ボタン(マルチタスクボタン)機能を割り当てることが可能です。

Button Mapperでマルチタスク機能を物理キーに配置する手順

音量アップキー長押しで、マルチタスク画面が開く例。

このあたりは好みの問題なので、実際に試してみて下さい。

PlayストアアプリのアイコンPlayストアで”タスクボタン”など検索すれば、類似アプリもヒットします。

マルチウィンドウの画面を両方ともアクティブにする方法

分割画面モードで表示したアプリのうち、片方を操作している最中、もう一方が止まるケースがあります。

例えば、片方の画面でゲームをプレイしつつ、もう一方でブラウザを表示する場合、ブラウザ操作中はゲームが停止します。
マルチウィンドウで片方の画面が止まる説明

(右)例えば下画面でブラウザ操作中、上画面のゲームは止まる。

これは不具合ではなく、マルチウィンドウ機能の仕様で、Google公式ページにも解説があります。

Android 9.0以前が実行されている場合、フォーカスのあったアプリのみが再開状態になっていました。それ以外の表示アクティビティは一時停止状態になります。

Android 10の場合、この動作は変更になりました。端末がマルチウィンドウモードの場合、すべてのアクティビティが再開状態にとどまります。

引用 Android Developers – マルチ再開

つまりAndroid 10以降の端末であれば、マルチ再開が搭載され、2画面どちらもアクティブ表示(マルチレジューム)できます。

片方の画面でゲームをプレイしつつ、もう一方で別の作業を進めることが可能です。
マルチウィンドウの画面を両方ともアクティブにする手順1

下画面でブラウザ操作中、上画面でもゲームを進行できる例。

アプリの組み合わせ次第では、2画面でゲームを同時進行することも可能です。

マルチウィンドウの画面を両方ともアクティブにする手順2

Pokémon GOと合わせて、ドラクエウォーク(左)やパズドラ(右)を動かす例。

さらに応用として、アプリを複製するクローンアプリと組み合わせれば、2画面どちらも同じアプリをアクティブ表示(マルチレジューム)できます。

マルチウィンドウの画面を両方ともアクティブにする手順3

上下両画面とも、モンスターストライクが表示される例。

次のようなデメリットもありますが、画面の大きなハイスペック端末をお使いであれば試す価値アリです。

  • BGMは両ゲームから流れるため工夫が必要(片方はオフにするなど)
  • 端末の負荷(バッテリー消費)が大きい
  • ゲームによってはレイアウトが崩れる
  • ゲームの規約に違反しないか確認が必要

なおAndroid OSバージョンは通常、Android設定アプリのアイコン設定から確認できます。

Android OSバージョンを確認する手順

Xperia 10 IIの例。Android 11と出る。

ウィジェットを常に前面表示する方法

Androidでは様々なウィジェットをホーム画面に配置できますが、任意のアプリを起動している最中は内容を確認できません。

そこで「Overlays」というアプリを使えば、どんなアプリ画面上でも重ねてウィジェットを配置できるようになります。

Overlaysでウィジェットを前面に常駐させる手順

左がホーム画面上、右がInstagram上でウィジェットが表示される例。

ウィジェットのみならずアプリウィンドウも対象なので、例えばYouTubeアプリのアイコンYouTubeを設定すれば、ピクチャーインピクチャーのように前面に常駐する小窓表示が可能です。

詳細は関連記事【Androidでウィジェットを常に前面表示する方法! アプリ起動中も重ねてオーバーレイで配置できる】で解説しています。

Androidでウィジェットを常に前面表示する方法! アプリ起動中も重ねてオーバーレイで配置できる
この記事では、Androidでウィジェットを常に前面表示する方法を解説します。アプリOverlaysを使えば、どこでもウィジェットをオーバーレイ表示できます。

クイックリプライ – 現在のアプリを閉じずにメッセージへ返信する方法

Android 7より「クイックリプライ」機能が実装されました。

メッセージアプリ(例:LINEアプリのアイコンLINE)の通知が来たら、現在のアプリを閉じることなく、そのまま返信できます。

Androidのクイックリプライ機能の説明

通知上でメッセージを入力して、そのまま送信できる。

 

〆:マルチタスクでアプリを同時に動かそう!

以上、Androidのマルチタスク機能まとめ! 分割画面で複数アプリを同時に動かそう の説明でした。

紹介したマルチタスク機能は、スマートフォンはもちろん、画面の大きなタブレットで特にその真価を発揮します。

まだ使ったことがない機能があれば、ぜひお試しあれ。

参考 Androidヘルプ – Androidスマートフォンを使いこなす

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました