[Android] マルチウィンドウでChromeを両画面に表示する方法! 同時にブラウジングしよう

Android

Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。

この機能は基本的に同じアプリを両画面で動かせない仕様となりますが、実は「Google Chrome」アプリについては、とある裏ワザによりこの制限を突破することができます。

そこで本記事では、Androidのマルチウィンドウ機能で、Chromeを両画面に表示する方法を紹介します。

2つの画面で同時にブラウジングできるので、使い方によっては便利な場面もありますよ。

2017年11月追記:本記事の手法は、Android 8.0でも再現できることを確認しました。

photo by 9to5Google

 

スポンサーリンク

マルチウィンドウ機能で両画面にChromeを表示する方法

両画面にChromeを表示するとは?

Android 7.0からの最新機能「マルチウィンドウ」を使えば、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できます。

このように便利なマルチウィンドウですが様々な制約があり、そのうちの1つとして「マルチウィンドウで同じアプリを両画面表示はできない」があります。

ただ「Google Chrome」アプリのみ、とある裏ワザによってこの制限を突破し、両画面にChromeのウィンドウを表示可能です。

上画面も下画面も、両方ともGoogle Chromeアプリの画面となっており、もちろん上下の表示領域の調整まで可能です。

設定する順番が若干複雑ですが、慣れればカンタンですので誰でも再現できますよ。

さっそく下記より說明します。

手順①:マルチウィンドウ機能で任意のアプリを開く

まず、いつも通りGoogle Chromeを開きます。ここで、開いているタブが1枚だけなら、右上メニュー「新しいタブ」などにより、2枚以上タブを開いている状態を作って下さい。

続いて、マルチウィンドウ機能を使って何でも良いので任意のアプリを2画面目に開きます。

マルチウィンドウ機能はタスクボタンを長押しで起動します。

例えば、1画面目にChrome、2画面目にマクドナルド公式アプリを表示した場合。

手順②:Chromeを「他のウインドウに移動」する

ここまでの手順で、1画面にChrome、2画面目に別のアプリが開かれている状態で、Chromeの右上メニューより「他のウインドウに移動」を選択します。

ここで、Chrome側で開いているタブが1枚だけだと「他のウインドウに移動」項目が表示されないため注意して下さい。

すると、別のアプリが開かれていた2画面目にChromeが移動し、1画面目には2つ目で開いていたタブが表示されたChromeが残ります。

例えば、マクドナルド公式アプリが押し出されて両画面ともChromeとなった場合。

動画にするとこんな感じです。

この部分が今回の裏ワザ最大のミソですね。

以上で、マルチウィンドウ両方にGoogle Chromeが開かれた状態になりました。

後は両画面それぞれで別のページを開きながらブラウジングができますし、2画面の大きさ比率の変更も可能です。

 

補足:

さらにマルチウィンドウを使いこなす応用的なワザ

記事中でも触れた通り、マルチウィンドウは標準機能の範囲でも十分便利ですが、下記のような制約があります。

  • マルチウィンドウ表示が禁止されているアプリもある
  • マルチウィンドウで同じアプリを両画面表示はできない
  • マルチウィンドウ起動にはタスクボタン長押しが必要で面倒

今回紹介したワザ以外にも様々な方法で、これら禁止事項を突破したり、使い勝手を大幅に向上できます。

すべてのアプリでマルチウィンドウ機能を使う

マルチウィンドウ機能で分割表示できるアプリはあらかじめ限定されており、未対応のアプリでは「アプリで分割画面がサポートされていません」と表示されますが、「開発者向けオプション」で「アクティビティをサイズ変更可能にする」を有効にすることで制限解除が可能です。

この変更により、例えば通常マルチウィンドウが許容されていないLINEでも2画面表示ができます。

詳細は関連記事【全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート…」を解除する [Android]】で解説しています。

全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート...」を解除する [Android]
Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。 ただ、マルチウィンドウ機能で分割表示できるアプリはあらかじめ限定されており、未対応の...

マルチウィンドウ機能で両画面にあらゆるアプリを表示する

別途「Parallel Windows」アプリをインストールすれば、あわゆるアプリについてマルチウィンドウ機能で両画面に同じアプリを表示できます。

例えば「スマートニュース」を上下それぞれに表示できる。

多機能のため少し使いづらいのと日本のGoogle Playより削除されたアプリとなるため、上級者向けですがぜひチェックしてみて下さい。

詳細は関連記事【[Android] マルチウィンドウで同じアプリを両画面に表示する方法! 上下で同時に操作しよう】で解説しています。

[Android] マルチウィンドウで同じアプリを両画面に表示する方法! 上下で同時に操作しよう
Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。 この機能は基本的に同じアプリを両画面で動かすことはできない仕様となっていますが、実は...

マルチウィンドウ機能をすぐ起動するショートカットを配置する

通常マルチウィンドウ機能の起動には「タスク」ボタン長押しなどいくつか手順を踏む必要があるため、毎回同じ組合せでアプリを2画面表示させる場合に面倒です。

が、別途アプリをインストールすることで、事前に決めたアプリの組合せを自動的にマルチウィンドウ機能で表示できます。

例えば本ブログでは2つのアプリを紹介しています。

  • Split-screen creator
  • Screens – Multi Window Manager
Split-screen creator
Split-screen creator

両アプリともホーム画面に設置したショートカットをタップすれば、設定したアプリの組み合わせが自動的にマルチウィンドウで表示されます。

自動で「Evernote」と「TwitPane」が開かれる例。

詳細は関連記事【Androidのマルチウィンドウで開くショートカットを作る設定方法! 指定アプリを自動で2画面表示しよう】で解説しています。

Androidのマルチウィンドウで開くショートカットを作る設定方法! 指定アプリを自動で2画面表示しよう
Android 7.0より「マルチウィンドウ機能」が導入され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できます。 マルチウィンドウの基本は関連記事【 マルチウィンドウで複数のアプリを表示する方法! 画面を2分割する使い...

ほかにもAndroidのマルチタスク機能を強化するワザはたくさん!

それ以外にも本ブログではAndroidの「マルチタスク機能」を便利にする様々な豆知識を紹介しています。

詳細は関連記事【Androidの便利なマルチタスク機能まとめ! 複数アプリを同時に動かす生産性の高い裏ワザ】で解説しています。

Androidの便利なマルチタスク機能まとめ! 複数アプリを同時に動かす生産性の高い裏ワザ
Androidには「マルチタスク機能」を便利にする様々な豆知識があります。 特に最近では、Android 7.0で標準機能として「複数アプリを同時に動かす機能」全般が強化されており、うまく使いこなすことで生産性の向上が期待できます。 ...

さらにChromeを使いこなす応用的なワザ

今回紹介したように、Android版Google Chromeアプリには様々な隠れ便利機能が用意されています。

例えば、「タブの変更」はアドレスバーを左右へスワイプすることで操作できますし、

「タブの一覧の表示」はアドレスバーを上から下へスワイプすることで操作できます。

そのほか、意外と知らないGoogle Chromeアプリの裏ワザについては、関連記事【[Android] アプリ版Chromeを便利にする隠れジェスチャーまとめ! 裏ワザ機能で操作を高速化しよう】でまとめて解説しています。

[Android] アプリ版Chromeを便利にする隠れジェスチャーまとめ! 裏ワザ機能で操作を高速化しよう
Androidの標準ブラウザとして設定されることが多いアプリ「Google Chrome」。 様々な機能を搭載しているブラウザですが、その中でも主要な便利機能はあまり知られていません。 そこで本記事では、Android版...

 

〆:ブラウジングが捗るオススメの機能!

以上、[Android] マルチウィンドウでChromeを両画面に表示する方法! 同時にブラウジングしよう の説明でした。

いちいちタブの切り替えをせずとも、同じ画面上に異なるタブを表示できるため、よりChromeのブラウジングが捗ります。

スマートフォンだと画面の大きさが多少物足りないですが、Android 7.0 を搭載する機種なら全て利用できる裏ワザなので、ぜひお試しあれ。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント