Androidの音量を機能別に通知領域から変更する方法! ボリューム種別ごとすぐに調整できる

スポンサーリンク

Androidの音量には種類がいくつかあり、たいていのスマートフォンやタブレットに搭載されている側面の音量ボタンを押すと、状況に応じていずれかの種類の音量のみ変更がされます。

例えばホーム画面で音量ボタンを押すと「着信音」が調整されますし、YouTube再生中なら「メディア音量」が調整されます。

ただこのように音量に複数種別あると、機能によって現在設定されている音量が分かりづらく、「音量が思わぬ大きさになっていた!」と驚いた経験がある人もきっと多いはず。

そこで本記事では、Androidの音量を機能別に通知領域から変更できる無料アプリ「Volume Notification」を紹介します。

通知領域を開くだけで、カンタンに音量を変更したり、現在の音量を確認したりできるので、大変便利なアプリです。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

Androidの音量を機能別に通知領域から変更!

今回紹介する「Volume Notification」アプリの使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「Volume Notification」をインストールします。

Volume Notification
Volume Notification
Developer: Seht
Price: Free

Android 要件:4.1 以上

価格:無料

インストール後、「Volume Notification」を起動するとダイアログが表示されるので、チェックボタンを入れ「OK」と進みます。その後通知領域を開くと、新しいアイコンが表示されます。

初期設定のままだと「メディア音量」・「通話音量」・「着信音量」の3つの機能に関わる音量を通知領域より調整できるようになります。

通知領域のアイコンをタップすると、機能別に音量バーが表示され調節ができる。

手順②:アプリをカスタマイズする

初期設定のままでも使えますが、Androidでは「通知音量」や「アラーム音量」など、ほかにも音量の種類がありますよね。

そのようなアプリ機能や見た目は個別にカスタマイズすることもできます。

「Volume Notification」のトップ画面右上のハンバーガーアイコンより「Notification settings」へ進むと、各種設定画面となります。

例えば通知領域に表示する音量の種類を変更したい場合、「Buttons」をタップし、

機能別に音量の種類が表示されるので、通知領域にアイコンを設定したい機能にチェックを入れたり、表示する位置を入れ替えたりします。

例えば6種類の音量調節をすべて通知領域から行えるようになる。

「Notification settings」ではそのほか、アプリの見た目や起動方法を変えたりなど、細かい調整ができます。

〆:通知領域からスマートに音量を管理しよう!

以上、Androidの音量を機能別に通知領域から変更する方法! ボリューム種別ごとすぐに調整できる の說明でした。

通知領域ならホーム画面上に余計なスペースをとる必要もありませんし、状況に合わせてサクッと音量の調節ができるため、「Volume Notification」はスマートにAndroidの音量管理をしたい人にオススメのアプリです。

ちなみに、例えば自宅にいるときと仕事をしているときなど、状況に応じて機能別に毎回決まった音量変更をしているなら、曜日や時間帯毎にAndroidの音量を機能別に自動調節する無料アプリ「Volume Scheduler」がオススメです。

関連記事

Volume Scheduler – 曜日や時間帯で音量を変更! 機能別にボリューム調節もできる [Android]

合わせて、ご参照あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい