Androidの海外アプリをインストールする方法! 日本で入手不可能なGoogle Playストアのゲームをダウンロードしよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、日本から海外専用のAndroidアプリをインストールする方法を解説します。

端末のroot化は不要ですが手順が複雑なので、じっくりご覧あれ。

逆のパターンとして、海外から日本専用のAndroidアプリを入手したいシーンでも有効です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本で未リリースのAndroidアプリを入手する方法

このパートでは、具体的に海外限定アプリをインストールする手順を解説します。

前提:Androidの海外限定アプリとは?

Android向けアプリリンクをタップしてPlayストアアプリのアイコンPlayストアを開いても、次のメッセージが表示されて、インストールに失敗することがあります。

▼表示されるエラーメッセージ例

このアプリは、お使いのデバイスすべてで利用できません
このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません

LINE Liteの例。エラーメッセージが出る。

これは海外でのみ配信されており、日本からは入手できないアプリの場合に該当します。

▼日本で公開されない理由とアプリ例(2021年8月時点)

理由アプリ例
地域に特化した
アプリのため
Starbucksアプリのアイコン
Starbucks
(アメリカのスターバックスアプリ)
海外先行リリース
アプリのため
TIDAL Musicのアイコン
TIDAL Music
(音楽ストリーミングアプリ)
その他、様々な事情で日本
で配信されないアプリのため
LINE Liteのアイコン
LINE Lite
(軽量版LINEアプリ)

海外のPlayストアアプリのアイコンPlayストアへアクセスするには、その国・地域で登録されたGoogleアカウントが必要です。

そしてGoogleアカウントの登録国は、Android上でそのアカウントに初めてログインした時点のIPアドレスから判断されます。

【IPアドレスとは?】 – スマートフォンで通信をする際に割り当てられる、インターネット上の住所のこと。

つまり次の流れで操作すれば、海外専用アプリをインストール可能となります。

  1. AndroidのIPアドレスをVPNで外国に偽装する
  2. 外国のGoogleアカウントを新規作成する
  3. 上記で作成したアカウントから海外のGoogle Playへアクセスする
  4. 海外専用アプリをインストールする
記事中では日本在住者を想定していますが、海外在住者が日本のPlayストアへアクセスするケースでも有効です。この場合、”日本→海外”、”海外→日本”と読み替えてご覧ください。

以降より、各手順を解説します。

手順①:AndroidのIPアドレスをVPNで外国に偽装する

VPNアプリを使って、AndroidのIPアドレスを外国に偽装します。

【VPNとは?】 – Virtual Private Network(仮想専用線)の略。この技術を使って、スマートフォンのIPアドレスを任意の国へ変更するアプリを「VPNアプリ」と呼ぶ。

本記事では無料アプリ、TunnelBearアプリのアイコンTunnelBearで検証しています。

TunnelBear VPN
TunnelBear VPN
Developer:TunnelBear, LLC
Price:Free

初めて使う場合、無料アカウントの作成が必要です。

続いて一覧から国を選び、VPNを有効にしてIPアドレスを偽装します。

例えばアメリカでのみ配信されるアプリが欲しいなら、”United States”を選びます。

ちなみにPlayストアアプリのアイコンPlayストアには他にもVPNアプリが配信されています。”VPN 無料”など検索でヒットするので、ご参考下さい。

手順②:外国のGoogleアカウントを新規作成する

現在ログインしているGoogleアカウントとは別に、新しいアカウントを取得します。

まずVPN接続された状態か確認して下さい。

ステータスバーにステータスバーのVPNアイコンVPNアイコンが表示されていればOK。

続いてAndroid設定アプリのアイコン設定より アカウントアカウントを追加 と進み、

Googleアカウントを作成 より、Googleアカウントを新規で作ります。

画面に従って、アカウント登録に必要な情報を入力します。

途中、本人確認のため電話番号が求められる場合があります。

普段メインのGoogleアカウントで登録している同じ電話番号を入力すればOK。

これでアカウント作成完了です。

Android設定アプリのアイコン設定の アカウント で、メインのGoogleアカウントとは別に、今回作成したアカウントが表示されていればOK。

なお、すでに別の手段でGoogleアカウントを新規作成済みの場合、アカウントを追加 よりログインして下さい。

この際も、VPN接続でIPアドレスが海外へ偽装中か確認して下さい。

ステータスバーにステータスバーのVPNアイコンVPNアイコンが表示されていればOK。

ボクが検証した結果、下記方法ではこの後の工程がうまくいきませんでした。

  1. すでにAndroidでログインしているアカウントをログアウトする
  2. 同じアカウントで再度ログインできる準備をする

余っているGoogleアカウントがない場合は面倒ですが、新しいアカウントを取得して下さい。

手順③:海外のGoogle Playへアクセスする

PlayストアアプリのアイコンPlayストアを開き、使用するアカウントを切り替えて下さい。

右上メニューからログイン中のGoogleアカウント一覧を表示し、新規で追加した海外用アカウントを選びます。

これで海外のPlayストアアプリのアイコンPlayストアへアクセスできます。

言語は日本語だが、海外版のアプリが表示される。

この状態で検索すれば、日本で配布されていないアプリをインストールできます。

米国のGoogle Playで、LINE Liteアプリを検索した例。

アプリを起動して、動作することを確認できればOK。

ゲーム系のアプリも、しっかり遊べます。

Sonic the Hedgehog Classicをプレイした例。

アプリをインストールした後であれば、どのタイミングでAndroidのVPN接続を解除しても問題ありません。

日本版Google Playストアに戻った状態でも、インストール済みの海外アプリを起動することは可能です。

起動は問題ありませんが、海外アプリの更新(アップデート)が必要な場合、再び海外版Google Playストアへアクセスが必要な可能性があります。

参考:新規ログインしたアカウントで「お支払いオプション」が表示される場合

新しく作成したGoogleアカウントの場合、初めてアプリインストールを行う際に「お支払いオプション」設定画面が強制的に表示されるケースがあります。

これは スキップ で何も登録せずともアプリは入手できます。

 

参考:日本で未公開の海外アプリに関するアレコレ

ここからは、エラーメッセージに表示される「端末が登録されている国」や「お住まいの国」の判断基準に関する考察を掲載しています。

海外アプリで表示されるエラーメッセージとは?

本記事で取り上げる下記メッセージは、日本ではまだリリース(公開)されていないアプリをインストールする際に表示されます。

このアイテムはお使いの端末が登録されている国ではインストールできません
このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません
このアプリはお使いのどの端末にも対応していません

例えば2017年6月現在では、「セガ フォーエバー」のスマートフォン移植アプリ「Sonic the Hedgehog」をインストールしようとすると、

Sonic the Hedgehog™ Classic
Sonic the Hedgehog™ Classic
Developer:SEGA
Price:To be announced

PlayストアアプリのアイコンGoogle Playストア上にアプリが存在することは確認できますが、エラーメッセージが表示され インストール をタップできません。

Androidでは、パソコンやタブレットからブラウザ版Google Playストアへアクセスし、遠隔でアプリをインストールする方法も用意されていますが、同様のメッセージが表示され、やはり失敗します。

インストールは押せるがエラーメッセージが出てきて失敗する。

ただ、表示されるエラーメッセージは次の通りなので、

このアイテムはお使いの端末が登録されている国ではインストールできません
このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません
このアプリはお使いのどの端末にも対応していません

逆に言えば「お使いの端末が登録されている国」や「お住まいの国」の情報を日本以外の国で再登録できれば、アプリを手に入れることは可能だと分かります。

この点について、以降でより詳細に考察しています。

Googleアカウント上の国が決まる仕組み(Android本体に登録される「国情報」の基準とは?)

参考情報として、ボクが本記事の検証作業で非常に苦労した(泣)「Android端末が登録されている国」の判定基準について情報を記載します。

ボクは当初、Android本体に登録される「国情報」は「ログインしているGoogleアカウントで登録されている国が影響する」と考え、VPNソフトでIPアドレスを偽装してアメリカ版Googleアカウントを取得して試してみました。

ただ、アメリカ版GoogleアカウントでAndroid側にログインし、再度アプリのインストールを試みましたが、相変わらず「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」と表示されるまま。

またGoogle Playヘルプフォーラムで掲載されていた投稿にて、「ログインしているGoogleアカウントで登録されている国は、Googleペイメントの国情報やクレジットカード情報で決まる」という内容を確認したため、

参考 Google Playヘルプフォーラム – このアイテムはお使いの端末が登録されている国ではインストールできません

Googleペイメントで海外住所や海外クレジットカードのダミー情報を入力しましたが、やはりインストールできず。

サイト Googleペイメント

外国住所やクレジットカードのダミー情報を入手する方法! 一時的な偽の番号を作成して海外サイトのアカウント登録で使おう
この記事では、外国住所や海外クレジットカードのダミー情報を入手する方法を解説しています。一時的な番号を使って、海外サイトのアカウント登録時に活用できます。

すでにこの時点で気力が尽き、諦めかけていましたが、最後に本記事で紹介した手法を試したところ、無事インストールに成功することができました。

結論:Androidでアカウントにログインした瞬間に国が決まる

つまり導かれる結論として、

  • 「Android端末が登録されている国」の判定基準は「ログインしているGoogleアカウントで登録されている国」が影響する
  • Googleアカウント上の国はアカウントを作成した時点では決まらず、「Android側にGoogleアカウントでログインした瞬間のIPアドレス上の国」を元に決定される

と推測されます。

従って、VPNソフトでIPアドレスを偽装してアメリカ版Googleアカウントを取得したとしても、Android側でログインする時点で通常の状態(=日本のIPアドレス)でGoogleアカウントを追加すると、「Googleアカウントで登録されている国」は「日本」となってしまうのです。

以上がボクなりに出した答えでした。

本件は色々なパターンで検証は行いましたが全てを網羅していないため、誤っている可能性もあります。

例えば、すでにAndroidでログインしているGoogleアカウントを一度ログアウトし、VPNでアメリカへ接続した状態で再度同じアカウントにログインしたところ、「Android側にGoogleアカウントでログインした瞬間のIPアドレス上の国」は「アメリカ」であるにも関わらず、日本未公開のアプリはインストールできませんでした(=「Googleアカウントで登録されている国」は「日本」となっていました)。

おそらく、Googleアカウントで登録される端末の国情報は、初めてアカウントと端末が紐付いた瞬間のIPアドレスを元に登録が行われ、以後たとえ一度ログアウトして再ログインしても(その時点のIPアドレスに関わらず)国情報は変更されない、という仕様だと推測されます。

ご承知おき下さい・・・。

 

補足:Playストアのインストールエラーに関するアレコレ

今回紹介した手順でも、なおエラーメッセージが表示されてアプリをインストールできない場合、別の原因かもしれません。

エラー①:お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません

PlayストアアプリのアイコンPlayストアで次のメッセージが表示され、アプリを入手できないことがあります。

お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません

これは「アプリが要求している条件をデバイスが満たしていない」のが原因です。

「アプリが要求している条件」は、ブラウザ版Playストアで表示すれば確認もできます。

「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」表示例

(左)エラーメッセージ例 (右)ブラウザ上のPlayストアならAndroid要件を確認できる

例えばOSバージョンが低い場合、お使いのAndroidでOSバージョンアップが配布されていないか確認してみましょう。

Pixel 3a XLの例。多くの機種で、設定からアップデート操作ができる。

ただ、他にも想定される原因があります。

説明が長くなるため、詳細は関連記事【「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」の解決方法! Google PlayアプリをAndroidにインストールしよう】で解説しています。

「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」の解決方法! Google PlayアプリをAndroidにインストールしよう
この記事では、「お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません」エラーを解説します。Androidの設定を見直すことでインストールできる場合があります。

エラー②:リクエストされたURLは、このサーバー上に見つかりませんでした

PlayストアアプリのアイコンPlayストアで次のメッセージが表示され、アプリを入手できないことがあります。

リクエストされたURLは、このサーバー上に見つかりませんでした
アイテムは見つかりませんでした

これは「アプリがストア上から削除された」のが原因です。

アプリがPlayストアアプリのアイコンPlayストアから消える理由はいくつかあります。

  • 開発者がアプリ配信を止めた
  • ポリシー違反などの理由でGoogleの審査に落ちた
有料で購入したアプリはもちろん、無料でも重宝していれば再インストールできないのは悲しいですよね。

実はPlayストアアプリのアイコンPlayストアから消えたアプリでも、下記いずれかの方法で入手できる可能性があります。

方法メリットデメリット
①:Playストアのライブラリから
再インストールする
  • アプリを安全に
    入手できる
  • 過去に使用履歴のない
    アプリは対象外
②:アプリのapkファイルから
再インストールする
  • apkさえ用意できれば
    どんなアプリも入手できる
  • apkによっては
    ウイルス感染等の
    リスクあり

説明が長くなるため、詳細は関連記事【Playストアで消えたアプリを再インストールする方法! Androidで配信終了したアプリをダウンロードしよう】で解説しています。

Playストアで消えたアプリを再インストールする方法! Androidで配信終了したアプリをダウンロードしよう
この記事では、Playストアから消えたアプリを再インストールする方法を解説します。また、非表示となったPlayストアアプリ本体を見つける手順も説明しています。

 

〆:海外専用アプリを楽しもう!

以上、Androidの海外アプリをインストールする方法! 日本で入手不可能なGoogle Playストアのゲームをダウンロードしよう の説明でした。

本記事の手順は内容が複雑であるため、少し分かりづらかったかもしれません。

が、もし日本で未公開の海外専用アプリをインストールしてみたいなら、ぜひ試してみて下さい。

参考 Google Playヘルプ – Google Playの国を変更する方法

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. ゆき より:

    はじめまして。台湾のアプリをAndroidでダウンロードし、その有料会員になりたいのですが、カード情報が日本クレジットカードの場合にそれは支払元として承認されるかご存知ですか?iPhoneは台湾のアップルアカウントを作ってアプリのダウンロードはできたのですが、支払い方法の登録で日本のクレジットカードは承認されず有料会員になれませんでした。
    ご存知でしたら是非教えてください。よろしくお願いします。

    • 申し訳ないですが、アプリの仕様によって異なるため分からないです。

      その台湾のアプリ名でGoogle検索してみて、使っている人がいれば質問してみると解決できるかもしれません。

    • バケホク より:

      日本で未公開のアプリをインストールしたくて手順3のログインまで済ませたのですがVPNを切った状態で海外アカウントのGoogleプレイを開くのは大丈夫ですか?(インストールはVPN起動してします)

  2. もも より:

    アメリカのディズニーワールドに旅行する予定ですが、
    ディズニーワールドの公式アプリがダウンロードできずに困っておりました。
    こちらの記事のおかげでダウンロード成功し、大変助かりました。
    ディズニーワールドに旅行予定の方の多くがぶつかる問題で、
    それを解決できる、この記事のリンクを私のブログに記載させていただきたいと思います。
    ありがとうございました。

  3. なかむら より:

    この記事のおかげでGoogle Playから韓国アプリをダウンロードして韓国ファンクラブに登録することができました。ありがとうございます!!ぜひこの記事をTwitterで紹介させてください。よろしくお願いします!!

  4. 匿名 より:

    海外のアプリをダウンロードしようと思ったらずっとダウンロード保留となります国とかもアメリカになっているし、この場合どうすれば良いでしょうか?

  5. lonmo より:

    androidエミュ上の場合、VPNなしのエミュの位置情報設定のみでできるかテストしてみました。

    ※エミュの位置情報設定はGPS偽造?になるんですかね、某海外製アプリでは、この設定だけで任意の場所にいるように見せかけることができているので。

    台湾でのみダウンロード可能なアプリで検証してみました。
    エミュの位置情報設定で台湾に設定して、いちおVPNは使いましたがIP元は台湾ではなくアメリカ。

    結果は、台湾アプリはダウンロードできず、グーグルストアはアメリカでの登録になりました。
    記事で出てるセガのソニックはダウンロードできます。

    つまり、やはりVPNでDLしたい国のIPに偽造しないといけないということですね。

    • 黒羽 より:

      初めまして!こちらのサイトを参考にさせて頂きました。
      一応、参考例と違う風に成功したのでコメントさせていただきます。

      元々ログインしていたアカウントのひとつをアカウント管理から削除→アメリカで接続してからplayストアにログインしてみました
      その後、トップページは日本語で変わりなかったのですがソニックで検索すると全て英語版の無料になっていました

      もしかすると、サブアカだったので支払い方法の設定などもしておらず国を確定させていなかったのも要因なのかなとも思っています

      色々難しいですね
      ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました