Xperia Companion(コンパニオン) – PCとUSB接続でファイル操作/ソフトウェア更新/初期化できる

Android

AndroidはiOS(iPhone / iPad)と異なりiTunesのような公式ソフトがありませんが、Xperiaシリーズであればソニー公式のPC向けソフトを利用できます。

このソフトを使えば、USB接続したXperiaに対し、ファイル操作やソフトウェア更新、初期化などの指示をPCから送ることができます。

そこで本記事では、そんなソフト「Xperia Companion(旧:Bridge for Mac)」の特徴や使い方を紹介します。

Xperiaシリーズ以外のAndroid機種とMacをUSB接続してファイル管理するなら「Android File Transfer」アプリがオススメです。

関連記事

Android File Transfer – AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ

photo by Maurizio Pesce

 

スポンサーリンク

Xperia Companion – PCとUSB接続でXperiaを管理!

記事中ではMac版Xperia Companionを想定した内容となっています。

 

Xperia Companionの使いどころ

Androidは自由にファイル管理できる!

iPhoneとAndroidの違いは多々ありますが、その中の1つとして「AndroidならPCとUSB接続して自由にファイル管理ができる」という点があります。

iPhoneの場合だと、基本はiTunesを使って音楽を管理したり、画像を管理したりする必要があります。ただ、PC側のアプリは「iTunes」に限定されますし、操作できる内容も制限があります。

iPhoneを「脱獄(Jailbreak)=改造」すれば話は別ですが、ここでは無視します。

一方Androidの場合は複雑な設定をすることなく、USB接続するだけでPC側で自由にファイル管理をすることができます。それこそAndroidをUSBメモリのごとく、あらゆるファイルを転送することも可能です。

AndroidとWindowsなら事前設定不要だが…

もし組合せがAndroidとWindows PCなら、事前設定やサードパーティ製アプリをインストールすることなく、USB接続するだけで、Windows側からAndroidのファイルを管理することができます。

ただ一方で、組合せがAndroidとMacの場合、Mac側に指定のファイルマネージャー系アプリをインストールしなければAndroid側のファイルを管理することができません。

その代表格アプリが「Android File Transfer」なのですが、Xperiaシリーズであればソニー純正の「Xperia Companion(旧:Bridge for Mac)」でも同様の機能が用意されています。

関連記事

Android File Transfer – AndroidとMacをUSB接続でファイル転送/操作できる無料アプリ

そこで下記より「Xperia Companion」の使い方を紹介します。

Bridge for Macは2016年5月24日よりXperia Companionに移行しました。Bridge for Macは継続して利用できますが、今後Mac OSのアップデートへ対応しないと公式アナウンスが出ているため、可能な限り後継のXperia Companionへ移行が推奨されます。参考 SONY – Bridge for Mac

 

Xperia Companionの使い方

まずはMac用アプリ「Xperia Companion」をインストールします。

App Storeではなく、公式配布サイトでファイルをダウンロードして下さい。

ダウンロード  Xperia Companion

ダウンロード後ファイルを展開し、アプリケーショフォルダへ移動させます。

アプリの初期設定はなく、すぐに使い始めることができます。

もしアプリを起動する際に「開発元が未確認のため開けません」と表示された場合は、control を押しながら開いてみて下さい。

関連記事

[Mac]「開発元が未確認のため開けません」を解決しApple Storeにないアプリをインストールする方法

続いて、XperiaとMacをUSB接続します。

無事認識されると、自動的に「Xperia Companion」がMac側で起動します。もちろん、Mac側で「Xperia Companion」を起動した状態で、XperiaとUSB接続しても構いません。

もしMac側に「Xperia Companion」以外のAndroidファイル管理ソフト(「Android File Transfer」など)が両方インストールされた状態だと、両者が競合し「Xperia Companion」が正常に動作しない症状を確認しました。実際に利用する際は、該当ソフトをアンインストールしてからにしましょう。

Xperiaを接続すると「Android File Transfer」側でデバイスが認識され、「Xperia Companion」側で認識がされなかった。

「Xperia Companion」上では接続したXperiaの機種名が表示されます。

GalaxyやNexusなど、Xperia以外のAndroid機種シリーズの場合は、USB接続しても「Xperia Companion」で認識できません。

「Xperia Companion」のトップより「Xperiaを閲覧」をクリックすることで、Xperia内のファイルを表示し、Mac側へ転送したり、ファイルを消去したりなど、各種ファイルマネージャー機能も搭載されています。

ケース①:Xperia→Macへファイルを移す

XperiaからMacへファイルを移す場合は、「Xperia Companion」上で該当ファイル選択し、Mac側へドラッグ&ドロップでデスクトップへダウンロードできます。

ケース②:Mac→Xperiaへファイルを移す

逆に、MacからXperiaへファイルを移す場合は、「Xperia Companion」上で移動先のディレクトリを表示し、Mac側で該当ファイルを「Xperia Companion」へドラッグ&ドロップで完了します。

ケース③:Xperia内のファイルを消去する

そしてXperia内のファイル消去も、「Xperia Companion」を使えばMac側からの操作で完了します。

対象のファイルを「Xperia Companion」上で選び、右クリックメニューより「削除」を選べばOKです。

他にもバックアップ/復元/音楽管理なども!

以上がファイルマネージャーアプリとしての基本的な使い方となりますが、それ以外にも「Xperia Companion」ではXperiaのデータバックアップ&復元、音楽管理や写真管理など、よりiTunesに近い機能も搭載されています。

例えば「ソフトウェアの修復」を使えば、Xperiaを強制初期化できます。

関連記事

Xperiaをリカバリーモード不要で強制初期化する方法! パスワード不明でもデータ削除できる [Android]

また、「ソフトウェア更新」よりXperiaのバージョンアップ指示を送ることができます。

関連記事

AndroidのOSバージョンを調べアップデートする方法! 最新機能へソフトウェアを上げよう

このような応用的な機能も用意されている一方、オーソドックスにXperiaのファイル管理をする上でも、「Android File Transfer」だと対象のディレクトリを自身で設定する必要があり少しハードルがありますが、「Xperia Companion」なら初心者でも安心して使えるよう設計されています。

 

〆:Xperiaユーザーなら一度は試してみるべきアプリ

以上、說明でした。

ボクもXperiaを数台保有していますが、他にもGalaxyやNexusシリーズも使っているため、「Android File Transfer」でまとめてAndroidを管理しています。

一方「AndroidはXperiaしか所有していない」という方なら、「Xperia Companion」の方がデータバックアップや音楽/写真管理など、追加機能が搭載されているため、特に初心者の方にオススメです。

好みは分かれると思いますので、Xperiaユーザーならぜひ一度は「Xperia Companion」を使ってみて下さい。

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント