スポンサーリンク

AndroidにシステムUI調整ツールを追加/削除する方法! SystemUI Tunerでスマホの設定をカスタマイズしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事では、Androidの隠れ機能「システムUI調整ツール」について、機能の基本情報や表示手順を中心に解説します。

特に最近の新しい機種の場合、従来のやり方では表示できないケースがあるため、同様のお悩みがあればぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AndroidでシステムUI調整ツールを表示する方法

説明の流れ
  • 前提
    システムUI調整ツールとは?
  • 方法①
    クイック設定からアクセスする
  • 方法②
    ショートカットアプリからアクセスする
  • 参考
    システムUI調整ツールを削除する方法

前提:システムUI調整ツールとは?

Android 6.0から搭載された、User Interface(UI)をカスタマイズする設定のことです。

主な機能はステータスバーのアイコン変更で、例えばステータスバーにはステータスバーのWi-FiアイコンWi-Fiやステータスバーのバッテリーアイコンバッテリーなど複数アイコンが出ていますが、このうち一部を非表示にできます。

システムUI調整ツールの機能説明

通常時と比べて(左)、システムUI調整ツールを使えばステータスバーのアイコンを消せる。

その他、マナーモード設定やクイック設定パネルのカスタマイズ等も機能に含まれます。

システムUI調整ツールの提供機能は、まとめて本記事後半パートで解説しています。

システムUI調整ツールはOS内部に埋め込まれた機能であるため、どの機種も標準設定として搭載されます。

が、初回起動時に次のメッセージが出るとおり、”試験運用機能”という位置付けのため、通常は見えないように隠されています。

一部の方のみお楽しみいただける限定公開ツール
システムUI調整ツールでは、Androidユーザーインターフェースの調整やカスタマイズを行えます。
これらの試験運用機能は今後のリリースで変更となったり、中止となったり、削除されたりする可能性がありますのでご注意ください。
システムUI調整ツール初回起動時に表示されるメッセージの説明

システムUI調整ツールの初回起動時に、試験運用機能である旨が表示される。

そのため、手順を知らないとシステムUI調整ツールを使用することはできません。

本記事では、主に2パターンの方法を紹介します。

①:クイック設定
からアクセスする
②:ショートカットアプリ
からアクセスする
アプリの用意いらない必要
対応する機種少ない多い
設定の難易度カンタン普通
まずは①を試し、うまくいかなければ②をどうぞ。どちらの方法でも、システムUI調整ツールで使用できる機能は同じです。

方法①:クイック設定からアクセスする

Xperia XZ(Android 8.0)で検証しています。

クイック設定のクイック設定の歯車アイコン歯車アイコンを長押しすると、歯車が回り始め、数秒後に指を離すと次のメッセージが表示されます。

システムUI調整ツールを設定に追加しました

クイック設定からシステムUI調整ツールへアクセスする手順1

クイック設定の歯車アイコン歯車アイコンを長押しする時間は、体感的に5秒ほど。

クイック設定からシステムUI調整ツールへアクセスする手順2

アイコン長押し〜表示までの操作動画。

これでAndroid設定アプリのアイコン設定に システムUI調整ツール メニューが追加されます。

クイック設定からシステムUI調整ツールへアクセスする手順3

Xperia XZの例。設定でシステム→システムUI調整ツールと表示される。

なおクイック設定のクイック設定の歯車アイコン歯車アイコンを長押ししても、反応がなく システムUI調整ツール が追加されないケースがあります。

主に2つの原因があります。

1つ目として、開発者向けオプションアニメーター再生時間スケール をOFFにしている可能性があります。

該当する場合、設定を有効にしてから再チャレンジして下さい。
開発者向けオプションのアニメーター再生時間スケールを確認する手順

アニメーター再生時間スケールをOFFにしている例。

2つ目として、お使いの端末で設定が制限されている可能性があります。

以前までは、GalaxyシリーズやLGシリーズでその傾向が顕著でしたが、最近では機種とわずAndroid 9以降のOSバージョンだと該当するケースが多いです。

Android 9以降のOSバージョンはクイック設定からシステムUI調整ツールを追加できない説明

ボクの手元にあるAndroid 9以降の端末は全滅だった(左からPixel 3a XL、Galaxy A20、Huawei P20 lite、arrows Be)。

ただあくまで入り口が塞がれているだけで、OS内部のシステムUI調整ツール機能が消されたわけではありません。

そのため、別の手順で システムUI調整ツール メニューへアクセスすることで、この問題を解決できます。次の方法②をお試し下さい。

方法②:ショートカットアプリからアクセスする

Pixel 3a XL(Android 11)で検証しています。

システムUI調整ツール メニューへアクセスできるショートカットを生成する方法です。

本記事では、2つのアプリを紹介します。

アプリメリットデメリット
System UI Tunerのアイコン
System UI Tuner
  • 初期設定不要
  • 他に機能がない
ショートカット+のアイコン
ショートカット+
  • 他にも様々な
    ショートカットを作れる
  • 初期設定が
    少し面倒
とりあえずシステムUI調整ツールを開くショートカットを作りたい!という方は、System UI TunerのアイコンSystem UI Tunerがオススメです。一方、他にも便利なショートカットを使ってみたいなら、汎用性の高いショートカット+のアイコンショートカット+をどうぞ。

System UI Tunerの使い方

インストールしたSystem UI TunerのアイコンSystem UI Tunerのアイコンをタップするだけで、システムUI調整ツール を開くことができます。

他の機能は特にない、シンプルなアプリです。
System UI TunerでシステムUI調整ツールを開く手順

初期設定不要で、アイコンをタップすればそのままシステムUI調整ツールが表示される。

ショートカット+の使い方

ショートカット+のアイコンショートカット+のトップページから アクティビティ を開き、ショートカット+の検索ボタン検索ボタンを選択。

ショートカット+でシステムUI調整ツールを開く手順1

“システム”と入力して、システムUIデモモード(com.android.systemui.DemoMode)を見つけて下さい。

そのまま開き、ショートカットをホーム画面に作成します。

ショートカット+でシステムUI調整ツールを開く手順2

追加されたショートカットアイコンをタップすれば、OS内部に隠れている システムUI調整ツール メニューへアクセスできます。

ショートカット+でシステムUI調整ツールを開く手順3

ちなみにショートカット+のアイコンショートカット+では、他にも様々なショートカットを追加できます。

例えば アクティビティ から、アクセスポイントとテザリング(com.android.settings.TetherSettings)のショートカットを作れば、すぐにAndroid設定アプリのアイコン設定のテザリングメニューを開けます。

よく表示する機能のショートカットがないか、探してみると面白いです。
ショートカット+でテザリングメニューのショートカットを作る手順

ショートカットを作ると(左)、設定のテザリングメニューをすぐ開ける(右)。

なおアクティビティ一覧からショートカットを生成できれば、ショートカット+のアイコンショートカット+以外のアプリでも問題ありません。

同じショートカットアプリではQuickShortcutMakerのアイコンQuickShortcutMakerも有名ですし、ランチャーアプリではNova LauncherのアイコンNova Launcherからもショートカットを追加できます。

参考:システムUI調整ツールを削除する方法

クイック設定からAndroid設定アプリのアイコン設定に追加した システムUI調整ツール メニューは、主に2パターンの手順で消せます。

メニューを非表示にしても、システムUI調整ツール でカスタマイズした内容は自動で初期値に戻らないケースがあります。この場合、手動で元に戻してからメニューを消すようにして下さい。

1つ目として、クイック設定のクイック設定の歯車アイコン歯車アイコンを長押しすると、歯車が回り始め、数秒後に指を離すと次のメッセージが表示されます。

設定からシステムUI調整ツールを削除して、全機能の使用を停止しますか?

このまま 削除 を実行すればOK。

システムUI調整ツールを削除する手順1

2つ目として、システムUI調整ツール の右上メニュー 設定から削除 を実行すればOK。

システムUI調整ツールを削除する手順2

いずれの手順においても、本記事で紹介している同じ方法で、Android設定アプリのアイコン設定に再度 システムUI調整ツール メニューを追加可能です。

 

システムUI調整ツールの機能まとめ

本パートでは、システムUI調整ツールで設定できる代表機能を紹介します。

説明の流れ
  • 機能①
    ステータスバーのアイコン表示/非表示の切り替え
  • 機能②
    時刻を秒単位で表示/非表示の切り替え
  • 機能③
    電池残量の数値を表示/非表示の切り替え
  • 機能④
    Always On Displayを表示/非表示の切り替え
  • 機能⑤
    サイレントモードを音量ボタンで操作
  • 機能⑥
    クイック設定のタイルをカスタマイズ
一部を除き、Pixel 3a XL(Android 11)の画面を例に説明します。実際は機種やOSバージョンによって、表示されるメニューは多少異なります。

機能①:ステータスバーのアイコン表示/非表示の切り替え

システムUI調整ツール メニューから ステータスバー へ進むと、アイコン表示に関わる設定変更が可能です。

ステータスバーにはステータスバーのWi-FiアイコンWi-Fiやステータスバーのバッテリーアイコンバッテリーなど複数アイコンが出ていますが、このうち一部を非表示にできます。
システムUI調整ツールでステータスバーのアイコン表示/非表示の切り替えする手順1

通常時と比べて(左)、システムUI調整ツールを使えばステータスバーのアイコンを消せる。

逆に一部の機種ではデフォルトでオフになっている、イヤホン接続時のヘッドセットアイコンを表示へ切り替えることも可能です。

システムUI調整ツールでステータスバーのアイコン表示/非表示の切り替えする手順2

ヘッドセットを有効にすると、イヤホン接続時にステータスバーでアイコンが表示される。

機能②:時刻を秒単位で表示/非表示の切り替え

システムUI調整ツール メニューから ステータスバー時間 と開けば 、時刻の表示形式を変更できます。

ステータスバーの時刻は何時何分(例:16:37)と表示されますが、これを秒単位で何時何分何秒(例:16:37:15)と出すことが可能です。
システムUI調整ツールで時刻を秒単位で表示/非表示の切り替えする手順1

(右)ステータスバーに秒単位の細かい時間まで表示される

また このアイコンを表示しない を選べば、ステータスバー上から時刻表示を消すことも可能です。

システムUI調整ツールで時刻を秒単位で表示/非表示の切り替えする手順2

(右)ステータスバーから時刻表示がなくなる

が、これらステータスバーの時刻設定は機種によって不安定で、例えばGalaxy A20やHuawei P20 liteでは反映されませんでした。

システムUI調整ツールで時刻を秒単位で表示/非表示の切り替えする手順3

Galaxy A20(左)やHuawei P20 lite(右)は、システムUI調整ツール上で設定は存在するものの、うまく反映されない。

代替案として、本記事の後半パートで解説するSystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerを使う方法があります。が、機種によって相性にバラツキがあり、ダメな機種は設定を諦めるしかないようです。

機能③:電池残量の数値を表示/非表示の切り替え

システムUI調整ツール メニューから ステータスバー へ進み、電池常に割合を表示 を有効にすれば、ステータスバーに電池残量が%で表示できます。

システムUI調整ツールで電池残量の数値を表示/非表示の切り替えする手順

(右)ステータスバーに電池残量が具体的な数値で表示される

ちなみに機種によっては、標準のバッテリー設定内に同じオプションが用意されているため、まずはそちらをご確認下さい。

Android標準設定で電池残量の数値を表示/非表示の切り替えする手順

Pixel 3a XLの例。設定の電池→電池残量から設定できる。

機能④:Always On Displayを表示/非表示の切り替え

システムUI調整ツール メニューから Ambient Display へ進み、 Always on を有効にすれば、

システムUI調整ツールでAlways On Displayを表示/非表示の切り替えする手順1

スリープ状態でも、常に時刻や天気、バッテリー残量などの情報を表示する、Always On Display(アンビエント表示)が有効になります。

システムUI調整ツールでAlways On Displayを表示/非表示の切り替えする手順2

Always On Displayを使えば、スリープ状態でも常に時刻等が表示される。

ちなみに機種によっては、標準のディスプレイ設定内に同じオプションが用意されているため、まずはそちらをご確認下さい。

Android標準設定でAlways On Displayを表示/非表示の切り替えする手順

Pixel 3a XLの例。設定のディスプレイ→ロック画面→時間と情報を常に表示から設定できる。

より詳細な機能説明については、関連記事【Always On Displayの使い方! Galaxyのアンビエント表示をAndroid全機種で設定しよう】で解説しています。

Always On Displayの使い方! Galaxyのアンビエント表示をAndroid全機種で設定しよう
この記事では、AndroidでAlways On Displayを設定する手順を解説します。非対応の機種も、アプリを使えばアンビエント表示が可能となります。

機能⑤:サイレントモードを音量ボタンで操作

通常、サイレントモードはクイック設定から有効にできます。

クイック設定からサイレントモードを有効にする手順

これは システムUI調整ツール メニューから 通知の鳴動制限 を設定することで、音量キーから素早くサイレントモードへ切り替え可能となります。

具体的には、2つのオプションが用意されています。

オプション名機能
音量調節を表示音量調節中にサイレントモード
の切り替えオプションを表示
音量ボタンのショートカット音量キーで最小値まで下げると
自動的にサイレントモードへ切り替え

システムUI調整ツールでサイレントモードを音量ボタンで操作する手順1

音量調節を表示 を有効にすると、音量キーでボリューム調整中、通知の鳴動制限 オプションが表示され、素早くサイレントモードへ切り替え可能です。

スマホを片手操作しているシーンなどで、クイック設定を開かずにサイレントモードを有効にできるので便利です。
システムUI調整ツールでサイレントモードを音量ボタンで操作する手順2

(右)音量キーでボリューム調整中、サイレントモード切り替えオプションが出るようになる。

音量ボタンのショートカット を有効にすると、音量キーでボリューム調整中、最小値まで下げると、そのままサイレントモードへ切り替え可能です。

画面を見ずに、音量キーの操作だけでサイレントモードを有効にしたいシーンで活躍します。
システムUI調整ツールでサイレントモードを音量ボタンで操作する手順3

最小値までボリュームを下げると、サイレントモードへ切り替わる。

機能⑥:クイック設定のタイルをカスタマイズ

システムUI調整ツール メニューから クイック設定 へ進むと、クイック設定のタイルをカスタマイズ(追加 / 削除 / 並び替え)できるようになります。

システムUI調整ツールでクイック設定のタイルをカスタマイズする手順

なおAndroid 7.0以降ではクイック設定の表示画面から直接編集できるため、この設定は システムUI調整ツール で表示されません。

Android標準設定でクイック設定のタイルをカスタマイズする手順

Pixel 3a XLの例。クイック設定上から編集画面へ切り替えできる。

 

SystemUI Tuner – システムUI調整ツールを全機種で使う方法

GalaxyシリーズやLGシリーズなど、カスタムUIが搭載される機種の場合、ここまで紹介した方法では次の症状が発生する可能性があります。

  • システムUI調整ツールのメニューを開けない
  • システムUI調整ツールの設定がうまく反映されない

そこでオススメなのが、SystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerというアプリです。

SystemUI Tuner
SystemUI Tuner
Developer:Zachary Wander
Price:Free

システムUI調整ツールをすべての機種で利用可能になる上、通常のシステムUI調整ツールにはない機能まで設定できます。

ただ操作方法が難しく、特に初期設定で必要なパソコンのadbコマンド入力がハードル高めです(root権限は不要)。

▼通常のシステムUI調整ツールを使用する方法(①と②)との比較

①:クイック設定
からアクセスする
②:ショートカットアプリ
からアクセスする
③:SystemUI Tuner
からアクセスする
アプリの用意いらない必要必要
パソコンの用意いらないいらない必要
対応する機種少ない多い多い
使える機能の幅普通普通多い
設定の難易度カンタン普通難しい
SystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerは機種によってバグが発生する可能性があり、単純にアプリをアンインストールするだけではリセットできません。何か起きても自分で対処する自信のある、上級者向けのアプリとなるため注意下さい。

本パートでは、次の流れでSystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerの使い方を解説します。

説明の流れ
  • 事前準備
    パソコンのadb環境を用意する
  • 説明①
    SystemUI Tuner - 初期設定の手順
  • 説明②
    SystemUI Tuner – 便利なカスタマイズ例

事前準備:パソコンのadb環境を用意する

SystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerは、初期設定でadbコマンドの入力が必須です。

adbコマンドを使用する事前準備として、次の3点が必要です。

  • パソコン側でadbコマンドを使用できる環境を整える
  • パソコンとAndroidを接続するケーブルを用意する
  • AndroidのUSBデバッグを有効にする

パソコン側でadbコマンドを使用できる環境を整える

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境が必要です。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
「Android Studio」をご存知でしょうか? Android Studio(アンドロイド スタジオ)は、Googleが提供するAndroidプラットフォームに対応する統合開発環境のこと。 引用 Wikipedia - And...

パソコンとAndroidを接続するケーブルを用意する

パソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

AndroidのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ用意しましょう。

AndroidのUSBデバッグを有効にする

AndroidのAndroid設定アプリのアイコン設定で ビルド番号 を連続タップして 開発者向けオプション を有効にした後、USBデバッグ を有効にして下さい。

AndroidのUSBデバッグを有効にする手順

adbコマンドを使用する事前準備は以上です。

SystemUI Tuner – 初期設定の手順

SystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerのインストール後、パソコンとUSB接続の上、下記3つのadbコマンドを実行します。

adb shell pm grant com.zacharee1.systemuituner android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS
adb shell pm grant com.zacharee1.systemuituner android.permission.PACKAGE_USAGE_STATS
adb shell pm grant com.zacharee1.systemuituner android.permission.DUMP

SystemUI Tuner - 初期設定の手順1

SystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerでトップ画面まで進めれば、初期設定は完了です。

SystemUI Tuner - 初期設定の手順2

SystemUI Tuner – 便利なカスタマイズ例

SystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerは多機能かつ、機種によって使用可能・不可能な設定があるので、実際に試しながら便利な機能を探してみて下さい。

ここではステータスバーのカスタマイズに関連する、下記4つの機能を例として解説します。

メニュー機能
Icon Blacklistステータスバーのアイコン表示/非表示を切り替え
Demo Modeステータスバーのアイコンを仮値に固定
Immersive Modeステータスバー全体を隠した全画面表示へ切り替え
Quick Settings Header Countクイック設定パネルのタイル数を変更

Icon Blacklist:ステータスバーのアイコン表示/非表示

HomeInteractionStatus BarIcon Blacklist へ進めば、ステータスバーのアイコン表示を切り替え可能です。

通常のシステムUI調整ツールと同等機能です。

SystemUI Tunerでステータスバーのアイコン表示/非表示を切り替える手順1

例えば Clock をオフにすると、ステータスバーの時刻が消えます。

SystemUI Tunerでステータスバーのアイコン表示/非表示を切り替える手順2

通常時と比べて(左)、SystemUI Tunerを使えばステータスバーのアイコンを消せる(右)。

Demo Mode:ステータスバーのアイコンを仮値に固定

HomeInteractionStatus BarDemo Mode へ進めば、時計やバッテリー残量を一定値に固定(=デモモード表記)できます。

SystemUI Tunerでステータスバーのアイコンを仮値に固定する手順1

(右)実際の時刻やバッテリー残量に関わらず、固定値で表示される。

表示する値は、ある程度カスタマイズ可能です。

SystemUI Tunerでステータスバーのアイコンを仮値に固定する手順2

(左)バッテリー残量を10%に固定 (右)モバイルアンテナレベルを4に固定

Immersive Mode:ステータスバー全体を隠した全画面表示へ切り替え

HomeUIImmersive Mode へ進めば、ステータスバー(通知バー)とナビゲーションバーを隠した全画面表示へ切り替えできます。

SystemUI Tunerでステータスバー全体を隠した全画面表示へ切り替える手順

Quick Settings Header Count:クイック設定パネルのタイル数を変更

HomeInteractionQuick SettingsQuick Settings Header Count へ進めば、クイック設定パネルで1行に表示されるタイル数を増大 or 減少できます。

SystemUI Tunerでクイック設定パネルのタイル数を変更する手順1

例えばタイル数を8にすると、クイック設定パネルのタイルが1行にギッシリ8つ並びます。

SystemUI Tunerでクイック設定パネルのタイル数を変更する手順2

通常時と比べて(左)、SystemUI Tunerを使えばクイック設定のタイル数を変更できる(右)。

ここまでステータスバー関連の機能をピックアップしましたが、SystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerでは他にも多様な設定が用意されています。

▼設定のほんの一例

メニュー機能
Set Custom Animation Scalesアニメーション速度を好きな値に変更
Navigation Bar Colorナビゲーションバーのカラーを変更

環境によって使用できない機能も含まれるため、ご自身で試してみて下さい。

特にカスタムROMを採用する機種(例:HuaweiのEMUI / XiaomiのMIUI / OPPOのColorOS)では、一部機能が動作しない可能性があります。

なお設定を初期値に戻したい場合、メニューから Reset を実行すればOK。

SystemUI Tuneを初期値にリセットする手順

開発者のコメントにも記載のとおり、一部の機能は Reset を実行しても初期値に戻らないリスクがあります。これはSystemUI TunerのアイコンSystemUI Tuner自体をアンインストールしても継続されるため、どの設定値をカスタマイズしたか、自分で把握しておく必要があります。

 

〆:システムUI調整ツールでステータスバーを自分好みに変えよう!

以上、AndroidにシステムUI調整ツールを追加/削除する方法! SystemUI Tunerでスマホの設定をカスタマイズしよう の説明でした。

システムUI調整ツールを使えば、カンタンにステータスバーに表示するアイコンを変更できます。

一方、記事後半で紹介したSystemUI TunerのアイコンSystemUI Tunerは初期設定のハードル高めですが、より幅広い機種でシステムUI調整ツールを使用可能となります。

ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク
Android
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました