DIESEL – お気に入りアプリアイコンを通知に表示! 利用頻度の高い機能へアクセス [Android]

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)にはないAndroidの魅力の1つに、ホーム画面をカスタマイズできる点があります。

数多くのランチャーアプリがGoogle Playには用意されており、お気に入りのアプリアイコンや画面切り替え時のアニメーションを設定している人も多いでしょう。

また同時に、ホーム画面以外にも、通知領域をカスタマイズできるアプリも多数存在しています。

本記事ではその中でも、通知領域にお気に入りのアプリを配置できる無料アプリ「DIESEL」を紹介します。

このアプリを設定することで、利用頻度の高いアプリへどの画面からもサクッとアクセスできるようになります。

photo by Google Play

スポンサーリンク

DIESEL – お気に入りアプリアイコンを通知に表示

今回紹介するアプリ「DIESEL」の使い方と特徴を、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Androidに「DIESEL」をインストールします。

同名のアプリがいくつかあるのでご注意を。
DIESEL : App Switcher
DIESEL : App Switcher
Developer: Yogesh Dama
Price: Free+

Android 要件:4.1 以上

価格:無料

アプリを開くとチュートリアルが始まり、その後権限付与が求められるので「OK」を押して「電話の発信と管理」を許可して下さい。

その後、「DIESEL」アプリのトップ画面となります。

が、さらにもう1つの初期設定として「ユーザー補助」で権限付与が必要となるので、「設定」より操作して下さい。

記事中では、Galaxy S7 edge SC-02H(Android 7.0)における「設定」内の操作手順を表示しており、機種やOSバージョンによってこの内容は若干異なります。

以上ここまで準備できれば、通知領域に直近で開いたアプリが並んで表示されることを確認できます。

各アイコンをタップすることで、直接当該アプリを開けます。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

初期設定の状態では「直近で開いた」順番にアプリが通知領域に表示されますが、「DIESEL」アプリのトップ項目より「HOME」へ進むことで、規則性は自由にカスタマイズできます。

「利用頻度の多い」順番に表示する

「Show Most Used Apps」トグルをオンにすることで、「利用頻度の多い」順番に並び替わります。

指定アプリは表示しない

「Blacklist Apps」項目より、表示させないアプリを指定できます。

「Google Chrome」を表示させたくない場合。

表示するアプリ数を変える

初期設定では最大5つのアプリが表示されますが、この数を1個〜8個の範囲を増減させることができます。

「Apps per row」項目へ進み、スロットより数を指定すればOK。

最大の8個とした場合の表示例。

背景色を変える

初期設定では白色の背景となっていますが、カラーを自由に変更できます。

「Background color」項目へ進み、カラーパレットより好みの色を指定すればOK。

好みのアプリやショートカットを固定表示する

自分で好みのアプリやショートカットを指定して配置することもできます。

変更したいアイコンを長押しすると、Androidにインストールされたアプリ一覧が表示されるので、この中からアプリを指定すると以後固定表示されます。

またタブを「SHORTCUTS」に切り替えると、ホーム画面に設置できるウィジェットのショートカット機能も選ぶことができます。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

「DIESEL」ではさらにカスタマイズ要素が用意されています。

下記よりその一部を解説します。

アイコン背景の形・色をカスタマイズする

アイコン背景の形や色を変更することもできます。

「ICON SETTINGS」内「Apply custom background」がオンの状態で「Background layer shape」や「Background layer color」より背景カスタマイズ画面となります。

例えば背景の形は初期設定では「丸(Circle)」ですが、「四角(Square)」やハート(Heart)」へ変更できます(無料版の場合は制限があります)。

ちなみに、「Apply custom background」トグルをオフにすることで、アイコン背景を透明にすることも可能です。コチラの方がスッキリしていてボクは気に入っています。

アイコンパックを適用する

Google Playから独自にインストールしたアイコンパックを適用している場合、通知領域に表示されるアイコンにも適用できます。

「ICON SETTINGS」内で「Enable Icon Packs」のトグルをオンにし、適用したいアイコンパックを「Icon Pack」から選択します。

アイコンパックを何もインストールしていない場合、各アプリの通常アイコンが表示されることになります。

その他:アイコンのラベルや利用頻度など

初期設定の状態では、アイコンのラベル(名称)表記はオンとなっていますが、「Icon label」トグルから変更できます。

また「App Usage Statistics」より、「DIESEL」で集計される各アプリの利用頻度が表示されます。手順②で說明したアイコン配置方法を「利用頻度の多い」順番としている場合、ここで表示する順番に従うことになります。

〆:どこからでもお気に入りアプリへアクセス!

以上、DIESEL – お気に入りアプリアイコンを通知に表示! 利用頻度の高い機能へアクセス [Android] の説明でした。

「DIESEL」を使えばホーム画面に戻る手間なく、通知領域からお気に入りのアプリを開くことができて便利です。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい