[Android] ロック画面に緊急情報を表示する方法! もしもの時に備え健康状態を記載しよう

スポンサーリンク

Android 7.0 Nougat(ヌガー)より、ロック画面上に自身の健康情報を表示できるようになりました。

「もし自身が交通事故に遭ったら」・「急に病気にかかって意識を失ったら」、そんな時に備えロック解除せずとも誰でも閲覧できる「緊急情報」上に血液型やアレルギー情報、家族の連絡先などを記載することで、Androidスマートフォンを拾った第三者が適切な処置を行える手助けを可能とします。

そこで本記事では、この「緊急情報」をAndroidのロック画面に表示する方法を紹介します。

photo by Quinn Dombrowski

スポンサーリンク

Androidのロック画面に緊急情報を表示する方法!

記事中ではNexus 6P(Android 7.1.2)で検証の上、說明しています。

手順①:緊急情報ページへ進む

まず「設定」より「ユーザー」へ進み、「緊急情報」をタップ。

すると緊急情報ページに関する說明ダイアログが表示されます。最初に表示される「情報」は「不明」となっており、ここに自身の個人情報や健康情報を入力していきます。

手順②:緊急情報を入力する

緊急情報ページは大きく「情報」タブと「連絡先」タブから構成されており、それぞれの項目でAndroidスマートフォンを拾った第三者へ伝えたい情報を入力していきます。

緊急情報の内容はGoogleアカウント間で同期はされず、Android機種ごと個別に設定が必要となります。

情報 – 自身の健康状態を表示できる

「情報」タブでは下記7項目について入力が可能です。

名前

住所

血液型

アレルギー

服用している薬

臓器提供

健康状態

自身の意識がなくとも適切な医療処置が行えるよう、「血液型」や「服用している薬」などは記載しておくと良いですね。また「臓器提供」の意思表示もできるため、別途「意思表示カード」を携帯する必要もなくなります。

注意点として、「緊急情報」はAndroidスマートフォンのロック解除せずとも誰でも閲覧できる情報となるため、安易に個人情報を記載すると、紛失・盗難に遭った際のリスクにもなります。

従って、「名前」や「住所」情報を入力するメリット / デメリットを理解した上で操作して下さい。

連絡先 – もしもの時に備えた緊急連絡先を表示できる

緊急情報ページを開くと最初に「情報」タブが表示されますが、左右にスワイプすることで「連絡先」タブへ切り替えができます。

「連絡先の追加」をタップするとAndroid本体に保存された「電話帳」一覧が表示され、家族や友人の電話番号を緊急連絡先として登録・表示ができます。

「情報」タブと同じく注意点として、Androidを操作する人なら誰でも閲覧できる内容となるため、本当に重要な緊急連絡先だけ入力するべきでしょう。

手順③:緊急情報を表示してみる

以上で緊急情報ページの入力作業は完了。実際にどのように表示されるか確認してみましょう。

まずAndroidのロックを解除する画面で表示される「緊急通報」をタップ。

緊急通報の番号入力画面となります。

緊急通報は、その名の通り「緊急時に使用する連絡手段」のことで、110(警察)・118(海上保安庁)・119(消防&救急)の3つへの通報を指しています。

もちろん、緊急通報の対象ではない番号にかけようとしても「緊急通報番号ではありません」と表示され発信を拒否されます。

ここで上部に表示される「緊急情報」ボタンをタップし、さらにもう一度タップします。

すると作成した自身の緊急情報が表示されました。

緊急情報の表示例。内容はもちろん適当。

表示される内容の解説は下記通りです。

「情報」タブ – 入力した項目のみ情報が表示され、デフォルトの「不明」のままとなっている項目は表示すらされません

「連絡先」タブ – 入力した緊急連絡先の番号が表示され、このままタップすると発信もできます(Androidのロック解除不要)

右上のペンアイコン – タップすると緊急情報の編集ページが表示され、内容を変更できます(Androidのロック解除は必要)

ちなみに、緊急情報ページに何も記入していないと「スマートフォンの所有者に関する情報はありません」とだけ表示されます。

参考:ロック画面に緊急通報が表示されない場合

「緊急通報」の機能は、日本の法律(電気通信事業法)にて「国内で使用する携帯電話では緊急通報を使えることが要件」と決まっているため、全てのAndroidにて標準搭載されており、ロック画面にもデフォルトで表示されます。

が、ロック画面をカスタマイズするアプリを利用していると、「緊急通報」ボタンが表示されないケースもあります。

関連記事

[Android] スマートフォンのロック画面に表示される緊急通報を消して誤タップを防止する方法

本記事で取り上げた「緊急情報」は「緊急通報」ボタンが導線となっているため、「もしもの時への備え」という意味では、デフォルトのロック画面を利用した方が安心かもしれませんね。

〆:もしもの時に備え緊急情報を入力しておこう

以上、[Android] ロック画面に緊急情報を表示する方法! もしもの時に備え健康状態を記載しよう の說明でした。

事故や病気は突然やってくるので、いつ危機に陥るか予想はできません。そんな自分で意思表示できない状況で、緊急情報ページに必要事項を入力しておくことがリスクヘッジになり得ます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい