電源ボタンが壊れたAndroidの活用方法まとめ! 反応しない物理キーを修理せず使おう

スポンサーリンク
Android

本記事では、電源ボタンを使わず、以下の操作をする方法を解説します。

  • スリープを解除する
  • 再起動する
  • スクリーンショットを撮影する

電源ボタンが壊れて困っている方は、ぜひご覧下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電源ボタンが効かないスマホの使い方まとめ

説明の流れ
  • 説明①
    電源ボタンなしでスリープを解除する方法
  • 説明②
    電源ボタンなしで再起動する方法
  • 説明③
    電源ボタンなしでスクリーンショットを撮影する方法
  • 参考
    画面を常に点灯する方法

電源ボタンなしでスリープを解除する方法

Androidでは電源ボタンを使わずとも、画面オン/オフする代替手段が4パターンあります。

  1. 画面をタップ/ダブルタップする
  2. 端末を傾ける/伏せる
  3. 端末の音量ボタンを押下する
  4. 指紋認証センサーに触れる

例えば、サードパーティ製アプリDouble Tap Screen On and OffのアイコンDouble Tap Screen On and Offを使えば、ダブルタップで画面オン/オフ、どちらも実現できます。

ダウンロード APKMirror – Double Tap Screen On and Off

本アプリはPlayストアアプリのアイコンPlayストアで配信されないため、apkファイルを入手、インストールします。
Double Tap Screen On and Offの使い方1

アプリの画面。

Double Tap Screen On and Offの使い方2

Xperia 10 IIの例。ダブルタップでスリープ状態から復帰できる。

全4パターンの詳細について、関連記事【Androidで電源ボタンを押さずにスリープ解除する方法! スクリーン画面オン/オフをアプリでコントロールしよう】で解説しています。

Androidで電源ボタンを押さずにスリープ解除する方法! スクリーン画面オン/オフをアプリでコントロールしよう
この記事は、電源ボタンを使わない画面ON/OFFの手順を解説します。画面タップ、スマホを傾ける、音量ボタンなどでスリープ解除できます。

電源ボタンなしで再起動する方法

Androidでは通常、電源ボタン長押しメニューから 再起動電源を切る を選択できます。

Androidで再起動する一般的な方法

Xperia 10 IIの電源メニュー例。

実はこの電源メニューは、「電源ボタン長押し」以外の手段でも表示可能です。

電源メニューさえ表示できれば、あとは電源ボタンに触れずとも、再起動や電源オフを実行できます。

具体的には5パターンあり、いずれもroot権限不要です。

  1. ホーム画面に電源ボタンのショートカットを追加する
  2. ユーザー補助機能のフローティングボタンを使う
  3. クイック設定パネルに電源ボタンのタイルを追加する
  4. Googleアシスタントに「電源を切って」と話しかける
  5. 音量ボタンで電源メニューを開く

例えば、ShutdownのアイコンShutdownというアプリを使えば、ホーム画面のアイコンをタップするだけで、電源メニューを表示できます。

Shutdownアプリの紹介

全5パターンの詳細について、関連記事【電源ボタンを押さずにAndroidを再起動する方法! アプリのショートカットで電源を切ろう】で解説しています。

電源ボタンを押さずにAndroidを再起動する方法! アプリのショートカットで電源を切ろう
この記事では、電源ボタンを使わずスマホを再起動する方法を解説します。様々なアプリや標準機能で、電源ショートカットを作成できます。
ほかにも、自動再起動のスケジュールを組む方法など、関連する情報を網羅してますよ。

電源ボタンなしでスクリーンショットを撮影する方法

Androidでは電源ボタンを押さずとも、スクリーンショット撮影する代替手段が5パターンあります。

  1. 音量ボタンだけで撮影する
  2. 指紋センサーで撮影する
  3. 画面タップで撮影する
  4. ホームボタン長押しで撮影する
  5. Clip Now – 画面をなぞって撮影する(AQUOS向け)

例えば、スクリーンショットイージーのアイコンスクリーンショットイージーというアプリを使えば、画面上のボタンをタップするだけで撮影できます。

画面タップでスクショ撮影する説明

(左)画面上の撮影ボタン (右)通常のスクショと同じ場所に保存される

全5パターンの詳細について、関連記事【Androidのスクリーンショット設定まとめ! 画面キャプチャをショートカットで撮影しよう】で解説しています。

Androidのスクリーンショット設定まとめ! 画面キャプチャをショートカットで撮影しよう
この記事では、Androidのスクリーンショット設定をまとめます。様々な撮影手順や、細かいカスタマイズを解説します。
ほかにも、スクリーンショット撮影でよくある疑問と解決策を網羅していますよ。

参考:画面を常に点灯する方法

画面消灯までの時間は、Android設定アプリのアイコン設定で自由に変更できますが、原則スリープ「なし」は選べません。

Androidでスリープ時間を変更する説明

Xperia 10 IIの例。設定の「画面設定」→「画面消灯」で調整できる。

が、主に3パターンの方法で、この制約を突破して、画面を常時点灯できます。

方法常時点灯の条件
①:
サードパーティ製アプリを使う
特になし
(特定アプリのみ限定も可能)
②:
開発者向けオプションを使う
充電中
③:
スクリーンアテンション機能を使う
画面を見ている or 端末を持っている

例えば開発者向けオプションを使えば、充電中はスリープモードに切り替えしない設定が可能です。

開発者向けオプションで画面を常に点灯する方法

Xperia 10 IIの例。「スリープモードにしない」をオンにする。

全3パターンの詳細について、関連記事【Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう】で解説しています。

Androidのスクリーン画面を常時オンにする方法! ディスプレイを常に点灯させよう
この記事は、画面を常に消灯させない方法を解説します。スリープ時間になっても、なぜか画面が消えない症状についても触れます。

 

補足:スマホ故障時の代替操作に関するアレコレ

本パートでは、電源ボタン以外にも故障が起きた際、代替の操作手段を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    3ボタン(ホーム/戻る/タスク)が壊れた場合
  • 補足②
    タッチパネルが壊れた場合

3ボタン(ホーム/戻る/タスク)が壊れた場合

Androidの特徴である3つのボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)は、物理キーとして搭載される機種も存在します。

物理ホームボタンの説明

例えばGalaxy S7は、物理ホームキーが搭載される。

もしこれらボタンが故障した場合、仮想ボタンのアプリが便利です。

画面上の好きな場所にフローティングボタン(オーバーレイボタン)を追加して、物理キーの代わりに操作可能です。

画面上に仮想ボタンを追加する説明

3つの仮想ボタン(◉ホーム / ◀戻る / ■最近)を好きな場所に表示できる。

具体的には、メニューボタンのアイコンメニューボタン戻るボタンのアイコン戻るボタンといったアプリがオススメです。

詳細は関連記事【Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう】で解説しています。

Androidに仮想ホームボタンを追加する方法! 画面上にフローティングボタンを固定しよう
この記事では、Androidに仮想ボタンを常駐させる方法を解説します。消えたホームボタンを戻したい、画面上にフローティングボタンを設置したい、等のニーズに対応します。

タッチパネルが壊れた場合

Androidのタッチパネルが反応しなくなった場合、まずは以下の点をチェックしましょう。

  • Androidを再起動する
  • TalkBack(トークバック)を解除する
  • セーフモードで起動する
  • Androidを初期化する
  • 指の乾燥/画面の汚れを確認する
タッチパネルの不具合が、ハードウェア的な問題ではなく、ソフトウェア的な原因であれば、効果が期待できます。

それでも改善しない場合、完全な状態に戻すには修理が必要ですが、一時的にそのまま使いたいなら、外付けマウスやキーボードが便利です。

Androidに有線マウスを接続する説明

スマートフォンとマウスを接続した例。

マウスを接続すると、画面にマウスカーソルマウスカーソルが自動で表示されます。

普段のタッチパネル動作は、マウスの下記操作で代替されます。

タッチパネルの基本動作マウスの操作
タップクリック
スワイプドラッグ
スクロールホイール
タッチパネルが壊れていても、画面を操作できるようになります。
外付けマウスに接続してマウスカーソルを操作する説明

(左)マウスカーソルが出現する (右)3ボタンをクリックして操作も可能

このようなタッチパネル不具合の改善策について、情報をまとめて関連記事【タッチパネルが壊れて反応しないAndroidの活用方法! 画面が割れて動かないスマホを修理せず使おう】で解説しています。

タッチパネルが壊れて反応しないAndroidの活用方法! 画面が割れて動かないスマホを修理せず使おう
この記事では、タッチパネルが反応しないスマホの対処法を解説します。調子の悪い画面のまま、Androidを操作する手順も説明しています。

 

〆:反応が悪い電源ボタンをうまく使おう!

以上、電源ボタンが壊れたAndroidの活用方法まとめ! 反応しない物理キーを修理せず使おう の説明でした。

「電源ボタンが陥没した」・「反応がない」など調子が悪い場合、本記事で紹介した手順をお試し下さい。

ただ、あくまで一時的な対策であり、電源ボタンが使えないままだと、さすがに限界があります。

根本的には、修理や機種変更も検討しましょう。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. 匿名 より:

    Google playでPower menuと調べて出てくるアプリが最高です!!。root化無しなのに再起動とかの画面を簡単に出せます

  2. 匿名 より:

    全部電源が入ってる状態前提で
    電池切れとかで間違えてシャットダウンしちゃうと
    起動する手段が無いって奴ですね
    (充電開始で起動する機種は別として)

  3. ロダン より:

    物理的に壊れてる場合にはどうすればいいですか?

  4. 12124512 より:

    どの方法を使ってもつかえません[どうにかできないかなぁーーーーーーー]

タイトルとURLをコピーしました