Android「開発者向けオプション」の基本と表示/非表示にする方法まとめ! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう

Android

Androidの隠れ機能「開発者向けオプション」の基本と、表示する方法&非表示に戻す方法をまとめて解説します。

デベロッパーモードに入ると使える便利な隠れ機能も紹介しているので、ぜひご覧下さい。

photo by Andri Koolme

 

スポンサーリンク

開発者向けオプションの基本

開発者向けオプションとは?

「開発者向けオプション」はAndroidシリーズで用意されるGoogle公式の隠れ機能です。

有効にすれば、アプリのパフォーマンス分析やデバッグに役立つシステム動作設定が可能です。

“開発者向け”というネーミングですが、一般ユーザーにとっても魅力的な設定も用意されています。

“隠れ機能”なので、デフォルトでは非表示となっています。

Android 4.1以前の端末ではデフォルトで表示されます。

開発者向けオプションのメリット

「開発者向けオプション」には魅力的な機能がいろいろとあります。

一例

  • Androidの体感速度を向上させる
  • すべてのアプリでマルチウィンドウ機能を使う
Androidで操作の体感速度を向上する方法! アニメーションをオフにして電池持ちも改善できる
スマートフォンには様々なアニメーション効果があります。 例えば、画面切り替え時の動きやポップアップ表示の動きに対し、アニメーションでカッコイイエフェクトや可愛いらしい効果を加えることができます。 もちろんAndroidにも当該機...
全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート...」を解除する [Android]
Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。 ただ、マルチウィンドウ機能で分割表示できるアプリはあらかじめ限定されており、未対応の...

このように通常の設定では調整できない応用的なカスタマイズが可能になります。

開発者向けオプションのデメリット

「開発者向けオプション」はシステム中枢に影響を与える設定が多く、Androidの使用環境によっては不具合の要因となりえます。

例えばAndroidでは、ある特定のアプリを起動するとエラー表示が出る症状がありますが、

  • ●●(アプリ名)が停止しました
  • ●●(アプリ名)が繰り返し停止しています

主な原因として「開発者向けオプション」の設定項目が該当するケースがあります。

Androidでアプリが落ちる「停止しました」の解決方法! 繰り返し表示される通知を対策しよう
Androidでは、ある特定のアプリを起動するとエラー表示が出ることがあります。 ●●(アプリ名)が停止しました ●●(アプリ名)が繰り返し停止しています バックグラウンドで動いている際も表示されるケースがあり...

もともと「すべてのユーザーには必要ない」というGoogleの判断で、デフォルトでは非表示となっているため、必ずしもオススメできる設定ではありません。

 

開発者向けオプションを表示する方法

「開発者向けオプション」は最近の機種やAndroidバージョンであれば、同じ手順で表示できます。

記事中では、Xperia Z3(Android 6.0.1)を例に説明しますが、Android 7.0以降でも手順は同様です。

「設定」→「端末情報」で「ビルド番号」を数回連続でタップします。

1回タップしただけでは反応はありません。複数回連続でタップする必要があります。

2-3回連続タップすると、

  • これでデベロッパーになりました!
  • あなたは今開発者になりました!

などのメッセージが表示されます(機種やOSバージョンによって表現は異なります)。

作業完了後、「設定」項目内に「開発者向けオプション」が追加され、各項目のオン / オフ切り替えが可能です。

参考:「開発者向けオプション」を直接開くショートカットを設定する方法

「開発者向けオプション」を開くには一度「設定」へ入る必要があるため、変更の頻度が多ければ毎回この手順を踏むのは正直面倒ですよね。

そこで便利なのが「開発オプション」というアプリで、ホーム画面上に配置したショートカットアイコンをタップすれば、「開発者向けオプション」ページをダイレクトに開くことができます。

開発オプション
開発オプション
Developer: Y.Apps
Price: Free

詳細は関連記事【Androidで「開発者向けオプション」をすぐ開く方法! ショートカットで設定変更が便利になる】で解説しています。

Androidで「開発者向けオプション」をすぐ開く方法! ショートカットで設定変更が便利になる
Androidの隠れ機能「開発者向けオプション」を使えば、通常の設定では変更できない部分までカスタマイズが可能となります。 ただ「開発者向けオプション」を開くには一度「設定」へ入る必要があるため、変更の頻度が多ければ毎回この手...

 

開発者向けオプションを非表示にする方法

「設定」に追加した「開発者向けオプション」項目は、再び非表示にして元のオフ状態に戻せます。

本体を初期化する必要もありません。

記事中では、Xperia Z3(Android 6.0.1)を例に説明しますが、Android 7.0以降でも手順は同様です。

まず「設定」のアプリ情報を開きます。

例えば「設定」→「アプリ」の一覧より、「設定」を見つけてアプリ情報ページへ進めます。

「設定」アプリ情報ページで「ストレージ」を開き、「データを削除」を選択します。

「本当に削除しますか?」とダイアログ表示が出るのでOKを選択。

この操作でAndroidが初期化されることはありません。

「設定」内で「開発者向けオプション」が消えていれば成功です!

参考:開発者向けオプションが消えない場合

もし設定アプリの「データを削除」実施後でも「開発者向けオプション」が表示されている場合、Android本体の再起動を試してみて下さい。

Androidを強制的に再起動する方法まとめ! 強制終了で電源を落とすコマンド [Xperia/Galaxy/Nexus]
Androidでは電源ボタン長押しで「電源を切る」や「再起動」を選択できます。 機種やOSバージョンによって電源ボタン長押しで表示される項目は異なります。 ただ、突然画面が固まったり動作が重くなったりして、電源ボタン長押しから「再起動」...

またGalaxyやLGなど一部の機種では、今回の方法で非表示にできないケースもあります。

その場合は残念ながら、Android自体を初期化するしか方法はありません。

Androidを初期化する方法まとめ! スマートフォンやタブレットの個人情報を消去しよう
Androidを友人にプレゼントしたりオークションで販売する際、気になるのが「個人情報をしっかり削除できているか」という点です。 万が一「削除漏れ」があると、譲渡先の第三者に対し思わぬプライバシー情報が伝わるリスクがあるため、...

 

開発者向けオプションを初期値に戻す方法

「開発者向けオプション」で設定できる内容は多岐にわたり、よく分からず設定するとAndroidの動作に支障をきたすリスクもあります。

ただ手動で初期値に戻すのは面倒ですし、誤った内容に再設定すると症状が悪化する危険性もあります。

そこで、「開発者向けオプション」の設定内容を一度に初期値に戻す方法を知ってると便利です。

記事中では、Xperia Z3(Android 6.0.1)を例に説明しますが、Android 7.0以降でも手順は同様です。

手順はカンタン。

「設定」より「開発者向けオプション」を開き、最上部にあるトグルをタップしてオフに変えるだけ。

この瞬間、ほぼすべての設定項目が自動的に初期値へ戻ります。

「開発者向けオプション」を一から設定し直す場合は、再度トグルをタップしてオンにすればOK。

Androidの機種やOSバージョンによっては初期値に戻らない設定項目もあります。

例えばNexus 6P(Android 8.0)の場合、パソコンとのUSB接続を認識した際の動作を決める「USB設定の選択」は、最後に設定した内容が継続することを確認しています。

[Android] USB接続を「充電」から「ファイル転送」モードへ変更しPCでファイル管理する方法
AndroidとPCを接続する機会があれば、一度は「USB接続モード」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? AndroidとのUSB接続を認識した際、接続先デバイスをどのように認識するかを設定するもので、「充電」だけの用...

参考:非表示と初期値の関係

本記事では「開発者向けオプション」を”非表示にする方法”と”初期値に戻す方法”を紹介しましたが、両者の関係性として次の点があります。

  • 非表示にしても開発者向けオプションは機能する(=初期値に戻らない)
  • 初期値に戻すと開発者向けオプションが非表示となるケースがある

非表示にしても開発者向けオプションは機能する

「開発者向けオプション」を再び非表示にして元のオフ状態に戻しても、裏側で機能し続けます。

例えば機能の1つ「タッチポインタを表示する」を有効にしたまま「開発者向けオプション」を非表示にすると、「設定」よりメニューは消えますがタッチポインタは表示されたままです。

スマートフォンでタッチポインタを表示する方法! iPhone/Androidで画面のどの場所を触っているか可視化しよう
スマートフォンは画面をタッチして操作しますが、現在どの部分を触っているかは可視化されません。 そこで本記事では、iPhoneとAndroidそれぞれでタッチポインタを表示する方法を紹介します。 スマートフォンの使い方を説明する動...

そのため、「開発者向けオプション」を完全な初期状態に戻したい場合、次の手順で操作が必要です。

  1. 開発者向けオプションを初期値に戻す
  2. 開発者向けオプションを非表示とする

初期値に戻すと開発者向けオプションが非表示となるケースがある

一部のAndroidでは、「開発者向けオプション」を初期値に戻すと自動的に「設定」メニューより非表示となるケースがあります。

例えばNexus 6P(Android 8.0)はその一例です。

開発者向けオプションを初期値に戻すと、自動的に「設定」上よりメニューが消える。

この仕様がNexus 6P特有なのか、Android 8.0全般の仕様なのか確認できていませんが、機種やOSバージョンによって動作が異なるようです。

 

〆:もっとAndroidをカスタマイズしよう!

以上、Android「開発者向けオプション」の基本と表示/非表示にする方法まとめ! デベロッパーモードで隠れ機能を使おう の説明でした。

「開発者向けオプション」では、様々なマニアックな拡張機能が用意されており面白いです。

ぜひ、お試し下さい。

参考 Android Developers – 端末の開発者向けオプションの設定

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント

  1. Xperia より:

    すいません、質問なんですが開発者向けオプションを無効化で「開発者向けオプション」を無効にしつつ、設定上から表示も消したいなら、最初に「開発者向けオプション」トグルをタップしてオフ状態にしてからとありますが オフにして開発者向けオプションを再び見るとトグルがオンになるのですがそれでよいのでしょうか? 後、初めて開発者向けオプションを表示させた時のトグルはオンの状態でしょうか?オフの状態でしょうか? 分かりにくくてすいません。

    • おるくす おるくす より:

      質問ありがとうございます。ボクの所有する端末(Xperia Z3 Android 6.0.1やGalaxy S7 edge Android 7.0)では、ご指摘頂いた「開発者向けオプション」トグルをタップしてオフ状態にしてから再び開くと自動的に「開発者向けオプション」トグルがオンになっている、という事象を確認できませんでした。そのため、初めて開発者向けオプションを表示させた時のトグルの状態も、お使いのAndroid機種やOSバージョンによって異なると思われます。

  2. 悲しむ人 より:

    消去しましたが、ナビゲーションバーが消えたままです。結構使いにくく戻るにもホームの別のボタンを押さなければなりません。もどすことは、出来ませんか?ちなみにAndroidバージョン4.2.2です。宜しくお願いします。

    • おるくす おるくす より:

      ナビゲーションバーは基本3ボタン(ホーム / 戻る / タスク)が表示される領域のことかと認識していますが、開発者向けオプションを消去したら一緒に消えたということでしょうか?
      もし何らかのアプリにより手動でナビゲーションバーを非表示にしているなら、再表示できないか確認してみて下さい。

  3. kyon より:

    タブレット使ってますが、管理者が無効にってメッセージがでてインストールしてもゲームできないから、その解除方法や裏ワザとか知りたい
    もしくはゲームインストールしてプレイする方法など教えてください

    • おるくす おるくす より:

      「管理者が無効に」というメッセージより、何らかのMDM(端末制御ソフト)がアプリインストールを禁止している可能性があります。タブレットの所有者がご自身ではなく、支給されたモノであれば、管理者へ問い合わせをしてみて下さい。
      基本的に、それら制限を解除する裏ワザは存在しません。

  4. マツカワ より:

    私は四肢麻痺の障碍者なのですが、PCは何とか操作できますのでスマホのアプリをPCで操作できれば…。

    この記事を読みますとアプリの操作は可能なのでしょうか?

    • おるくす おるくす より:

      「開発者向けオプション」機能だけではPCからアプリの操作はできません。
      別途パソコン側に専用ソフトをインストールすれば実現できます。
      例えば「Vysor」というアプリがオススメです。別記事で詳細を解説しているのでご参考下さい。
      https://sp7pc.com/google/chrome/18567