Looper for YouTube – 特定の尺をループ再生! 動画内の指定時間を繰り返す拡張機能 [Chrome]

スポンサーリンク

先日、星野源の恋ダンスを急きょ踊ることになりました。

その際、踊りの振り付けを学ぶために、YouTubeの「踊ってみた」系動画を参考にしたのですが、歌の中でも特定パートのダンスを担当することになったため、動画全体ではなく特定の尺時間のみひたすらループ再生できる方法について探していました。

そこで本記事では、YouTube動画における特定の時間尺を指定してループ再生できる、Google Chrome向け拡張機能「Looper for YouTube」を紹介します。

ダンスや料理、DIYなど、学習系動画をYouTubeで視聴する際に重宝する便利な機能ですよ。

photo by geralt

スポンサーリンク

Looper for YouTube – 特定の尺をループ再生

手順①:拡張機能を入手する

まずChromeウェブストアで拡張機能「Looper for YouTube」をインストールします。

Looper for YouTube
Looper for YouTube
Developer: alvinhkh.com
Price: Free

特に初期設定は不要で、インストール完了後にアイコンがChrome右上の拡張機能一覧に追加されます。

手順②:YouTube動画でループしたい時間を指定する

さっそくYouTubeへアクセスし、ループ再生したい動画を開きます。

すると、今までなかった「ループ」というメニューが追加されていることが確認できます。

クリックするとループに関する詳細な設定を調整できます。

初期設定の状態では、大きく「部分再生」と「ループ回数」の2つを調整可能です。

部分再生:ループしたい尺(時間)を指定する

まずは動画内で繰り返しループ再生したい尺の時間を指定します。

「部分再生」にチェックを入れ、「〇〇から〇〇まで」の部分にループしたい時間区間を記入します。

例えば恋ダンスのサビ部分をループしたい場合、「00:49」から「01:16」までとなる。

設定後に動画を再生すると、ひたすら指定した区間のみループ再生され続けます。

ループ回数:繰り返し再生したい回数を指定する

また、繰り返しループ再生する上限回数も指定できます。

「ループ回数」にチェックを入れ、回数を入力すると、指定した回数までひたすらループ再生しますが、上限数に達すると動画が一時停止状態となります。

動画内ではループ再生される都度、その回数が「再生回数:◯回」と記録が表示されるので、現在何回ループされたかはすぐに分かります。

もちろん、ループ再生に上限数を設けたくなければ「ループ回数」からチェックを外せばOKです。

手順③:さらに細かいカスタマイズを行う

以上が拡張機能「Looper for YouTube」の基本設定ですが、「オプション」へ進むことでさらに細かいカスタマイズも可能となっています。

例えば、一度ループ設定を行うと、次回同じ動画を開いた際に設定が引き継がれるようにしたり、動画再生時の画質を指定した品質に変更することもできます。

〆:ダンスや料理の練習に便利!

以上、Looper for YouTube – 特定の尺をループ再生! 動画内の指定時間を繰り返す拡張機能 [Chrome] の說明でした。

最近ではYouTubeで様々な「やってみた」系動画がアップされており、ダンスや料理、DIYなどなど、How-To動画を学びたい時に「Looper for YouTube」を使えば指定時間をループ再生できるので、より学習が効率的になります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい