AndroidでYouTubeをバックグラウンド再生する方法! 動画をBGMとして流し続けよう

YouTube

AndroidでYouTubeをバックグラウンド再生する方法は4通りあります。

  1. ブラウザアプリでバックグラウンド再生する
  2. 別ウィンドウで擬似的にバックグラウンド再生する
  3. 改造版YouTubeアプリでバックグラウンド再生する
  4. YouTube公式アプリでバックグラウンド再生する(要root)

それぞれの特徴です。

 1. ブラウザを使う2. 別ウィンドウを使う3. 改造アプリを使う4. rootアプリを使う
事前準備簡単簡単難しいとても難しい
操作性面倒少し面倒簡単簡単
再現性普通不完全完璧完璧

詳細について、以降より順番に解説します。

photo by Pixabay

 

スポンサーリンク

ブラウザアプリでバックグラウンド再生する方法

ブラウザアプリでWeb版YouTubeを開き、表示形式を”パソコン向け”へ変更すれば、動画をバックグラウンド再生できます。

この方法の特徴です。

メリット

  • 難しい知識はいらない
  • 普段使っているブラウザだけで完結できる(追加アプリの用意不要)

デメリット

  • バックグラウンド再生を開始するまでの手順がとても面倒

まずブラウザを用意します。

今回の手法は「Firefox」と「Chrome」で再現性を確認しています。

それぞれ順番に解説します。

Firefoxの手順

FirefoxでWeb版YouTubeサイトを開きます。

もしリンクをタップするとアプリ版YouTubeが強制的に起動する場合、下記いずれかをお試し下さい。

  • ブラウザでYouTubeサイトのURLを直接入力する
  • リンクの長押しメニューで”新しいタブで開く”を選ぶ

次にページの表示形式を”パソコン向け”へ変更します。

右上メニューより「PCサイトモード」にチェックを入れて下さい。

するとパソコン向けレイアウトでページが再表示されるので、このままバックグラウンド再生したい動画を流します。

この状態で動画をバックグラウンド再生できます。

次の操作をしてもBGMは流れ続けます。

  • ホーム画面に戻る
  • 別のアプリを開く(例:Instagram / LINE)
  • 画面をロックする

左がInstagram表示中、右がロック画面上でYouTubeをバックグラウンド再生している例。

バックグラウンド再生中は通知領域にコントローラーが表示されるので、一時停止 / 再開も調整可能です。

手順は以上です。

「Firefox」の場合、以前は表示形式を”パソコン向け”へ変えずともバックグラウンド再生できましたが、現在では不可能となっています。

Firefoxアプリの古いバージョン(50.0など)で試しても再現できなかったため、Android OS側かYouTube側の仕様変更が影響していると推測されます。

Chromeの手順

ChromeでWeb版YouTubeサイトを開きます。

もしリンクをタップするとアプリ版YouTubeが強制的に起動する場合、下記いずれかをお試し下さい。

  • ブラウザでYouTubeサイトのURLを直接入力する
  • リンクの長押しメニューで”新しいタブで開く”を選ぶ

次にページの表示形式を”パソコン向け”へ変更します。

右上メニューより「PC版サイト」にチェックを入れて下さい。

するとパソコン向けレイアウトでページが再表示されるので、このままバックグラウンド再生したい動画を流します。

この状態で動画をバックグラウンド再生できます。

次の操作をしてもBGMは流れ続けます。

  • ホーム画面に戻る
  • 別のアプリを開く(例:Instagram / LINE)
  • 画面をロックする

左がLINE表示中、右がロック画面上でYouTubeをバックグラウンド再生している例。

バックグラウンド再生中は通知領域にコントローラーが表示されるので、一時停止 / 再開も調整可能です。

 

別ウィンドウで擬似的にバックグラウンド再生する方法

YouTubeを専用の小型ウインドウで開き、動画を流し続けることで擬似的にバックグラウンド再生できます。

この方法の特徴です。

メリット

  • BGMだけでなく動画も楽しめる

デメリット

  • 追加アプリの用意が必要
  • 常にYouTubeを前面に表示する必要がある(=”バックグラウンドでの再生”ではない)

今回は3つのアプリを具体例として紹介します。

  • Stream
  • Floating Apps
  • Overlays

それぞれ順番に解説します。

Stream – 使い方

バックグラウンド再生したい動画を探します。

ホーム画面へ戻ると小型ウインドウが表示され、動画が流れ続けます。

このアプリには欠点が2つあります。

  • 常に小さなウインドウが前面表示される
  • 画面をロックすると再生が止まる

ウインドウはドラッグ&ドロップで画面上から消すこともできますが、バックグラウンド再生もストップします。

また画面をロックすると「YouTube does not allow to play videos in background」と表示され、バックグラウンド再生がストップします。

Floating Apps – 使い方

「Floating Apps」を使えばYouTubeの小型ウインドウが表示され、そのまま動画を流すことができます。

左がInstagramアプリ画面上、右がロック画面上で小型ウインドウを表示している例。

YouTubeのみならず40種類以上のフローティングアプリが含まれ、複数ウインドウを同時に表示できるのが特徴です。

YouTubeのほか、ストップウォッチと電卓を表示した例。

使い方の詳細は関連記事【AndroidでYouTubeをピクチャインピクチャする方法! 動画をPIP再生するやり方で小窓表示しよう】で解説しています。

AndroidでYouTubeをピクチャインピクチャする方法! 動画をPIP再生するやり方で小窓表示しよう
ピクチャ・イン・ピクチャ(Picture in Picture )は、動画系アプリ(例:YouTube)視聴中にウインドウを小さく表示したまま他の作業を同時に操作できるのが特徴のマルチタスク機能です。 かつてはAndroid 8.0(...

Overlays – 使い方

「Overlays」を使えばYouTubeの小型ウインドウが表示され、そのまま動画を流すことができます。

YouTubeのみならずウィジェットを最前面に常駐して表示できるのが特徴です。

左がホーム画面上、右がInstagram上でウィジェットが表示される例。

使い方の詳細は関連記事【Androidでウィジェットを常に前面表示する方法! アプリ起動中も重ねてオーバーレイで配置できる】で解説しています。

Androidでウィジェットを常に前面表示する方法! アプリ起動中も重ねてオーバーレイで配置できる
Androidでは様々なウィジェットをホーム画面に配置できますが、任意のアプリを起動している最中は内容を確認できません。 そこで本記事では、どこでもウィジェットを最前面に”オーバーレイ表示”できるAndroid向けアプリ「Overla...

参考:マルチウィンドウを使った方法

Android 7.0から「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。

この機能を応用して、常にマルチウィンドウの片画面にYouTubeアプリを表示させておけば、もう片方の画面上でアプリ操作中に動画を流し続けることができます。

メリット

  • Androidの標準機能だけで完結できる(追加アプリの用意不要)
  • BGMだけでなく動画も楽しめる

デメリット

  • 常にYouTubeを前面に表示する必要がある(=”バックグラウンドでの再生”ではない)
  • 画面が狭くて操作しずらい
  • 一部アプリはマルチウィンドウ表示できない
  • Android 7.0以上に限定される

手順はシンプルで、まずYouTubeアプリでバックグラウンド再生したい動画を流し、続けてマルチウィンドウを起動(=タスクボタンを長押し)して操作したいアプリを選ぶだけ。

画面は狭いですが、選択したアプリ操作中はYouTubeをBGMとして流せます。

マルチウィンドウを起動する手順の詳細は、関連記事【[Android] マルチウィンドウで複数のアプリを表示する方法! 画面を2分割する使い方の基本】で解説しています。

[Android] マルチウィンドウで複数のアプリを表示する方法! 画面を2分割する使い方の基本
Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。 この機能をうまく活用することで、 片方の画面でコピーした内容を...

注意点として、一部アプリはマルチウィンドウが禁止されるためこの方法を使えません。

この制限を突破する方法も存在しますが、

全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!「分割画面がサポート...」を解除する [Android]
Android 7.0では最新の目玉機能「マルチウィンドウ機能」が実装され、画面を分割してそれぞれに異なるアプリを同時に表示できるようになりました。 ただ、マルチウィンドウ機能で分割表示できるアプリはあらかじめ限定されており、未対応の...

動作は不安定であるため、まずはYouTubeをBGMとして流したいアプリがマルチウィンドウ表示できるか確認してみて下さい。

 

改造版YouTubeアプリでバックグラウンド再生する方法

改造版YouTubeアプリ「YouTube Vanced」を使えば、バックグラウンド再生に加え、広告の非表示機能も実現できます。

この方法の特徴です。

メリット

  • ”完全な”バックグラウンド再生と広告非表示を実現できる
  • 見た目や操作性はYouTube公式アプリと大差ない

デメリット

  • YouTube公式アプリではない
  • Google Play外からアプリの入手が必要

“改造版”といっても、アプリの中身はほとんどYouTube公式アプリと違いはありません。

もちろんrootも不要なので、すべての機種でオススメできるアプリです。

使い方を解説します。

アプリを入手する

このアプリはGoogle Playで配布されないため、apkからアプリのインストールが必要です。

ダウンロード YouTube Vanced – apk(No Root)

最新バージョンを選択してapkを入手して下さい。

apkによってテーマカラーが設定されます。いくつか試して好きな色を選んで下さい。

apkをダウンロードできたらインストールして下さい。

YouTubeのバックグラウンド再生を検証する

インストール後、専用のアプリアイコンが追加されます。

初期設定不要ですぐ使い始めることができます。

見た目は公式版YouTubeアプリと同様ですが、

このままアプリを閉じてもバックグラウンドで流し続けることができます。

画面をロックしてスリープ状態になっても、BGMは止まりません。

YouTube広告を非表示にもできる

「YouTube Vanced」で再生する動画には広告が表示されません。

いくつか動画を視聴開始してもまったく広告が表示されないことを確認できます。

「root不要」かつ「ほぼ完璧な広告非表示を実現」できるのは魅力的です。

Googleアカウント連携は追加アプリが必要

「YouTube Vanced」でGoogleアカウントにログインするとエラーが表示されます。

この問題を解消するには、追加アプリ「MicroG」が必要です。

「YouTube Vanced」と同じ配布サイトへアクセスし、apkを入手・インストールして下さい。

ダウンロード MicroG – apk

「MicroG」を導入すれば、「YouTube Vanced」でもGoogleアカウントにログインして、マイチャンネルなど公式版YouTubeと同様に使用できるようになります。

「MicroG」にアイコンはないためドロワーのアプリ一覧には表示されません。

バックグラウンド再生をオフにもできる

デフォルトでは「YouTube Vanced」で流す動画はすべて自動的にバックグラウンド再生されます。

この設定は、手動でオフに変更も可能です。

トップ画面よりアカウント設定へ進み、

「バックグラウンド」にてデフォルトの「常にON」から変更すればOK。

通常のYouTube公式アプリのように、動画を再生した後にアプリを閉じるとストップします。

 

YouTube公式アプリでバックグラウンド再生する方法(要root)

YouTube Premium(旧称:YouTube Red)に登録すれば、YouTube公式アプリでバックグラウンド再生できます。

2018年11月より日本でもサービス開始されましたが、月額料金の負担があります。

参考 YouTube Premium

ただXposed導入済みAndroidであれば、モジュール「YouTube background playback」を使って、YouTube公式アプリでバックグラウンド再生を実現できます。

この方法の特徴です。

メリット

  • YouTube公式アプリで”完全な”バックグラウンド再生できる

デメリット

  • Xposed導入が必要でハードルが非常に高い

”Xposed”の説明や導入手順の詳細は関連記事【AndroidにXposedを導入する方法! フレームワークとモジュールでスマホを超強化しよう [要root]】で解説しています。

AndroidにXposedを導入する方法! フレームワークとモジュールでスマホを超強化しよう [要root]
Androidでroot化後の定番アプリの1つが「Xposed」で、機能を自分好みに超カスタマイズできます。 そこで本記事では、Xposedの基本と導入方法を紹介します。 photo by Pixabay Xposed...

Xposedの導入はAndroidのroot化が前提となるため、手順が難しい上に様々なリスクが存在します。

もしXposed導入済みAndroidを用意できれば、以降で紹介するモジュール「YouTube background playback」の使い方をご覧下さい。

YouTube background playback – 使い方

「YouTube background playback」のapkファイルをXDAサイトよりダウンロードします。

ダウンロード YouTube background playback.apk

続いてXposed導入済みAndroidで「YouTube background playback」をインストールします。

提供元不明アプリとなるため、個別に許可が必要です。

[Android] 提供元不明アプリのインストール方法! Google Playにない非公式apkを楽しもう
Android向けアプリはGoogle公式の「Google Play」よりインストールするのが基本です。 ただ様々な事情で、Google Playで配布されないアプリ(=提供元不明アプリ)を導入したい場合、次のような流れで実現できます...

その後、「Xposed Installer」を起動してモジュールを有効にした後、Androidを再起動します。

以上で準備OK。

YouTube公式アプリで動画再生中に画面を閉じると、自動でPIP(ピクチャ・イン・ピクチャ)のように小窓表示されます。

小窓をドラッグ&ドロップで消すと、通知領域に再生中の動画が表示され、バックグラウンドで流れ続けます。

もちろん、ロック画面や任意のアプリ上でも、YouTubeは止まらずにBGMは流れ続けます。

左がロック画面、右がInstagram上でバックグラウンド動作し続ける例。

まさに”完全な形”でYouTubeのバックグラウンド再生ができます。

 

〆:好きな方法でYouTubeをバックグラウンド再生しよう!

以上、AndroidでYouTubeをバックグラウンド再生する方法! 動画をBGMとして流し続けよう の説明でした。

「ブラウザを使う方法」・「別ウィンドウを使う方法」であれば、誰でもカンタンにYouTubeをバックグラウンド再生できてオススメです。

ただどちらも欠点があるため、より完璧な状態を目指すなら(ハードルは高いですが)「改造版アプリを使う方法」・「rootアプリを使う方法」もチェックして下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

YouTube
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント