Shady for Mac – Macで画面の明るさをさらに暗く調整できるアプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5732_01

Macは「F1」キーを押すことで画面の明るさを暗くできます。

が、真っ暗な状況下での利用や、長時間の作業で目が疲れている中での利用、などなど、利用状況によっては、「もっと暗くしたいのに・・・」と思っても、デフォルト機能では限界があり、もやもやすることも。

そこで今回は、Macの画面をさらに拡張して暗くできるアプリ「Shady for Mac」を紹介します。

スポンサーリンク

「Shady for Mac」をインストール

外部サイトにてアプリのZipファイルをダウンロードします。

セキュリティ設定によってはそのまま開けないので、「システム環境設定」より許可をしましょう。詳しくは下記記事をご参照あれ。

アプリを起動すると、メニューバーにアイコンが常駐するようになります。

5732_02

「Shady for Mac」の使い方

通常、「F1」キーや「F2」キーを押すと、明るさを調整できます。

5732_03

一番最低まで変更すると、かなり画面が暗くなりますが、それでも画面内の情報は把握できるレベルの明るさです。

5732_04

さて、ここでメニューバーに常駐している「Shady for Mac」のアイコンをクリックし、バーを「Dark」寄りに移動させると・・・

5732_06

ご覧の通り。デフォルトの明るさ最低値を突破して、さらに暗くなっています(むしろ暗すぎて、読者の皆様に見えているか不安・・・)。

5732_05

以上が基本的な利用方法。とてもシンプルなアプリです。

「Shady for Mac」の設定:その他

Dock上の表示変更

起動中、Dockにアプリアイコンを表示させるか否か、設定できます。

5732_07

メニューバーより「Shady for Mac」のアイコンをクリック。続いて、「Preferences」を選択します。

5732_08

「Show Dock Icon」にチェックが入っていると、Dockにアプリアイコンが表示されるので、チェックを外します。

5732_09

チェックを外すと、「アプリを再起動して下さい」と表示が出るので、「Relaunch Now」を選択すれば完了です。

5732_10

ショートカットキーの設定

メニューバーに多くのアイコンが散乱している場合、わざわざ「Shady for Mac」のアイコンをクリックするのも面倒です。

そこで、「Up/Down」キーによる明るさ調整を行う方法を説明します。

まず、Dockに表示された「Shady for Mac」のアイコンをクリック(Dock上の表示を非表示にしている場合、Preferencesより変更をして下さい)。

5732_07

すると、アプリがウインドウの最前面に出てくるため、下記の様なメッセージが表示されます。

5732_11

この状態で「Up/Down」キーを押すと、明るさを調整できるようになります。

「Shady for Mac」の隠れたメリット

以上、設定方法でした。

さて、このアプリは冒頭で述べた通り、「デフォルトの明るさ設定よりさらに暗くしたい」というニーズに応えてくれる点が魅力ですが、それ以外にもメリットがあります。

それが、ミラーリングした外部ディスプレイの明るさも変更できる、という点。

これは、普段Macの画面をテレビ画面などに映している方じゃないと伝わらない内容ですが、通常、「F1キー」などで明るさを調整しても、Mac本体画面の明るさは変わりますが、ミラーリングした外部ディスプレイの明るさは変わりません

一方で、今回紹介した「Shady for Mac」は明るさを変更すると、ミラーリングした外部ディスプレイの画面上の明るさもしっかりと変更してくれるのです。

接続中の外部ディスプレイ機の種類やミラーリング設定など、環境によっては変更されない場合もある、という情報も見かけますが、少なくともボクの環境ではしっかり外部ディスプレイにも反映されていました。

Macの明るさ調整に困っていたら、ぜひ

こんな素晴らしい機能が無料で使える、というのも、このアプリの魅力の一つです。

Macの明るさ調整で悩んでいたり、外部ディスプレイにも明るさを反映させたい、というニーズがあるなら、ぜひぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする