Macでスクリーンショットを撮影する方法(ショートカット)[全体/指定範囲/ウインドウ]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4883_20

Macでスクリーンショットを撮影する方法、ご存知でしょうか。

大多数の方にとって、スクリーンショットなど普段は利用しないかと思いますが、ボクみたいなブロガーにとっては利用機会も多いかと思います。

実はMacのスクリーンショット撮影方法は下記の通り、いくつか種類があります。

  • 画面全体を撮影する方法
  • 指定範囲のみ撮影する方法
  • ウインドウ枠内のみ撮影する方法

本記事で、それぞれの手順を說明します。

スポンサーリンク

Macでスクリーンショットを撮る方法

方法①:表示している画面全体を撮影する

  • [コマンド]キー + [Shift]キー + [3]キー

上記キー同時押しで、現在Macで表示されている画面がすべて撮れます。

4883_21

が、逆にいえば不要な部分も含めて「撮れすぎてしまう」ので、その後の編集作業を考えると面倒。

なので、あまりボクは使わないショートカットキーです。

方法②:指定範囲のみ撮影する

  • [コマンド]キー + [Shift]キー + [4]キー

上記キー同時押しで、現在Macで表示されている画面内のうち、指定した範囲だけ撮影できます。

4883_22

この方法なら画面内で残したい部分だけ撮影の段階で指定できるため、この後の編集作業をショートカットできますし、撮影の際、対象範囲の大きさが数値で表示されるため、画像の大きさを考えながら撮影できる点もメリットがあります。

4883_23

上記gif動画の通り、範囲をドラッグで決めた後も、[スペース]キーを押しながら範囲の再調整もできます。

ボクがMacでスクリーンショットを撮るときは、このショートカットキーを多用しています。

方法③:ウインドウ内のみ撮影する

  • [コマンド]キー + [Shift]キー + [4]キー + [スペース]キー

上記キー同時押しで、現在Macで表示されている画面内のうち、指定したウインドウ内だけ撮影できます。

例えば、デスクトップ上にApp Storeウインドウが表示されている場合、

4883_27

上記キーを押すと、下記の通りApp Storeウインドウ内だけ切り取られた状態でスクリーンショットを保存できます。

4883_25

また保存されたスクリーンショットは上記画像の通り、自動的にウインドウ枠に影がつきます。

手順もカンタンで、まず[コマンド]キー + [Shift]キー + [4]キーで指定範囲のみの撮影状態にした後、[スペース]キーを押すと、カメラアイコンが表示されるので、撮影対象のウインドウ上でクリックすれば、該当のウインドウ内のみスクリーンショットとして保存ができます。

4883_26

方法②のやり方で撮影したい範囲をウインドウに合わせて保存することもできますが、ウインドウ内だけ撮るなら、方法③のやり方の方が圧倒的に早く・楽です。

〆:Macのスクリーンショットは奥が深い

以上、説明でした。

Macのスクリーンショットには様々なカスタマイズ方法が存在します。

下記に表示される関連記事も合わせてご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする