Full Page Screen Capture – Chrome上のWebページで縦長の画面キャプチャを撮る方法

スポンサーリンク

Macでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する方法は様々ですが、基本的にはその時ディスプレイ上で表示している領域しか撮ることはできません。

関連記事

[Mac] スクリーンショット(画面キャプチャ)の撮影方法! [画面全体/指定範囲/ウインドウ 対応]

一方、ブラウザで開いているWebサイトは縦にスクロールして全体を表示するタイプがほとんどであるため、通常のキャプチャ方法ではサイト全体の画像を残すことができず、サードパーティアプリを使う必要があります。

そこで本記事では、Google Chromeで開いている縦長Webページ全体のスクリーンショットを撮影できる拡張機能「Full Page Screen Capture」を紹介します。

Chromeが使えるPCであればWindows / Mac両方で利用できるため、ぜひご覧あれ。

iOS(iPhone / iPad)で同様のことを実現したい場合は、下記記事を参考あれ。

関連記事

Tailor – iOSで縦長スクリーンショットを撮影する方法! iPhone画面全体をキャプチャしよう

Androidで同様のことを実現したい場合は、下記記事を参考あれ。

関連記事

Stitch & Share – Androidで縦長スクリーンショットを撮影し画面全体をキャプチャする方法

photo by Image Gallery macbook pro 2013 vs 2015

スポンサーリンク

Full Page Screen Capture – 縦長スクショを撮影

本記事で紹介する手法は、ブラウザがGoogle Chromeであることが前提となっています。

もし別のブラウザをお使いであれば、まずはChromeを準備して下さい。

ダウンロード パソコン版Google Chrome

拡張機能のカメラアイコンをクリックでカンタン撮影!

まず、Google Chrome向け拡張機能 「Full Page Screen Capture」をインストールします。

Full Page Screen Capture
Full Page Screen Capture

インストールが完了すると、アドレスバー横の拡張機能一覧の中に、カメラアイコンが表示されます。

さっそくWebサイト全体を保存するため、縦長のスクリーンショットを撮影してみましょう。

最初に保存をしたいWebページを開き、拡張機能のカメラアイコンをクリックします。すると、自動的に分割でスクリーンショットの撮影がスタート。

しばらくすると、結合された画面全体のスクリーンショット画像が別タブに表示されます。

後はこの画像を保存後、必要によって画像の切り取り等行えば、欲しかった縦長のスクショを入手できます。

〆:工夫すれば縦長でもキャプチャは撮れる!

以上、Full Page Screen Capture – Chrome上のWebページで縦長の画面キャプチャを撮る方法 の説明でした。

縦に長いWebサイト全体をスクリーンショットで残したいなら、ぜひ「Full Page Screen Capture」を使ってみて下さい。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい