Macでスクリーンショットのファイル名を変更する方法! 保存ネームから日付と時刻を削除しよう

Mac

Macでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影すると、保存されるファイル名はデフォルトで下記のように”スクリーンショット”+”年月日”+”時刻”となります。

  • スクリーンショット 2016-11-12 11.22.56

ただ、これだとファイル名が少し長すぎますよね。

そこで本記事では、Macでスクリーンショットの保存ファイル名を変更する方法を紹介します。

加えてファイル名から「日付」と「時刻」情報を削除する方法も解説しているので、ぜひご覧あれ。

photo by Photos by Lanty

 

スポンサーリンク

スクリーンショットの保存ファイル名を変更する方法

ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

今回說明する2つの「保存ファイル名を変える方法」と「”日付”と”時刻”を削除する方法」は、どちらもこの「ターミナル」上で任意のコマンドを入力することで実行できます。

続いて、ターミナルにて下記コマンドを入力して enter で決定。

defaults write com.apple.screencapture name "あっとはっく"
killall SystemUIServer

“あっとはっく”の部分は、デフォルトの名前にしたい好みの文字へ変更して下さい。

以上で完了です。この状態でスクリーンショットを撮影すると・・・

この通り、”変更した名前”+”年月日”+”時刻”となっています。

参考:”年月日”+”時刻”まで削除する方法

以上の手順で名前を変更できますが、それでも”年月日”+”時刻”は残るため、相変わらず保存ファイル名が長くなってしまいます。

そこで、保存ファイル名から日付と時刻まで削除する方法も説明します。

先ほど同様にターミナルを開き、下記コマンドを入力して enter で決定。

defaults write com.apple.screencapture "include-date" 0
killall SystemUIServer

以上で完了です。この状態でスクリーンショットを撮影すると・・・

この通り、”名前”のみとなり、ファイル名から”年月日”+”時刻”が消えました。

参考:元のファイル名に戻す方法

元の”ファイル名”+”年月日”+”時刻”に戻す際は、再びターミナルで下記コマンドを入力すればOK。

defaults write com.apple.screencapture "include-date" 1
killall SystemUIServer

先ほど入力したコマンドの中で、数字の0を1に変えてるだけですね。

これで元に戻ります。

参考:オススメのファイル名設定

本記事で紹介した「保存ファイル名を変える方法」と「”日付”と”時刻”を削除する方法」を組み合わせた、ボクが普段設定しているオススメのファイル名設定を紹介すると、

この通り、スクリーンショットの保存ファイル名から”日付”と”時刻”は削除し、ファイル名も”スクショ”と短くてシンプルな文字にしています。

この状態で連続してスクリーンショットを保存すると、画像の通り”スクショ”、”スクショ 1″、”スクショ 2″と”ファイル名”+”数字”と自動で保存されていくため、管理もしやすくなります。

以上の設定は下記コマンドを入力すればできるので、ぜひどうぞ。

defaults write com.apple.screencapture name "スクショ"
defaults write com.apple.screencapture "include-date" 0
killall SystemUIServer

 

補足:そのほかキャプチャ機能を拡張する方法まとめ

Macのスクリーンショット機能は様々なカスタマイズが可能です。

例えば「ターミナル」で指定コマンドを実行すると、スクリーンショットの保存先を変えたり、ファイルの拡張子を調整できます。

Macでスクリーンショット保存先を変える方法! 撮影した画面キャプチャを好きな場所に置こう
Macでスクリーンショットを撮影する方法はいくつかあり、標準機能では下記3パターンのキャプチャを残すことができます。 画面全体を撮影する: ⌘ + shift + 3 指定範囲のみ撮影する:⌘ + shift + 4 ...
Macでスクリーンショット画像の拡張子を変更する方法! 画面キャプチャを別のファイル形式で保存しよう
Macでスクリーンショットを撮影するとファイル形式はpngで自動保存されますが、「jpgやpdfにしたい!」という方もいるでしょう。 そこで本記事では、スクリーンショット保存時のファイル形式を変更する方法について紹介します。 p...

またChrome拡張機能「Full Page Screen Capture」を使えば、表示中のWebサイト全体のキャプチャ画像を自動で撮影 / 保存できます。

Full Page Screen Capture
Full Page Screen Capture
パソコンで縦長Webページのスクリーンショットを撮影する方法! Chrome画面全体のキャプチャを保存しよう [Windows/Mac]
Macでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する方法は様々ですが、基本的にはその時ディスプレイ上で表示している領域しか撮ることはできません。 一方、ブラウザで開いているWebサイトは縦にスクロールして全体を表示するタイプ...

このようなmacOSのスクリーンショット機能をもっと便利に使いこなす情報は、関連記事【Macでスクリーンショット撮影する方法まとめ! 画面キャプチャの豆知識をマスターしよう】で解説しています。

Macでスクリーンショット撮影する方法まとめ! 画面キャプチャの豆知識をマスターしよう
本ブログでも過去、Macの画面スクリーンショット撮影に関わる様々な豆知識を紹介してきました。 Macでは標準機能で撮影できるキャプチャ画像の保存先ディレクトリやファイル名を変更する設定が用意されており、さらに別途アプリを導入することで...

 

〆:管理しやすいスクリーンショット名へ変更しよう!

以上、Macでスクリーンショットのファイル名を変更する方法! 保存ネームから日付と時刻を削除しよう の說明でした。

“日付”と”時刻”を削除したり、ファイル名を変更したりして、管理しやすいスクリーンショット名へカスタマイズしてみて下さい。

お試しあれ。

Mac
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント