[Mac] QuickTime Playerで動画をループ再生する方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7150_02

様々な目的で、動画を繰り返しループ再生させたい場面があるかと思います。

本記事では、Macに標準搭載されている動画再生アプリ「QuickTime Player」を使って、動画を繰り返し再生する方法を説明します。

スポンサーリンク

MacのQuickTime Playerで動画をループ再生する方法

手順①:動画をQuickTime Playerで開く

まず、ループ再生したい動画を用意した後、QuickTime Playerで開きます。

ちなみに、mp4など動画拡張子ファイルをクリックすると、QuickTime Player以外の再生ソフトで開いてしまう、という場合は、下記記事をご参照下さい。

手順②:動画をQuickTime Playerで開く

後は、メニューバーの「表示」→「再生を繰り返す」と選択すると、以後動画はずっとループ再生されます。

7150_01

参考:YouTube動画をループ再生したいなら

補足として、もしYouTube動画を延々とループ再生したいなら、下記記事をご参照下さい。

基本利用ならQuickTime Playerで十分

以上、説明でした。とってもシンプルですね。

ちなみに、QuickTime Playerのループ再生は、「最後まで再生された後、再び最初から再生」を延々と繰り返す機能です。

一方、例えば「VLC」なら「ある2点間を延々とループ再生」、などさらに細かい再生方法の設定が可能となります。

このように、サードパーティ製の動画再生アプリに比べたら、若干物足りない感じもしますが、基本的なループ再生のみの利用で良いならQuickTime Playerでも満足できるはずです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする