[iPhone/Mac] ユニバーサルクリップボードの使い方と留意点まとめ [macOS Sierra/iOS 10]

iCloud

macOS SierraとiOS 10では最新の目玉機能「ユニバーサルクリップボード」が導入されており、両デバイス間でコピーを共有することができる大変便利な機能を使えます。

そこで本記事では、その特徴と具体的な使い方を説明します。

最新のMacとiPhoneを使っているなら、一度は試してみる価値がありますよ。

 

スポンサーリンク

ユニバーサルクリップボードとは?

「ユニバーサルクリップボード」機能を使えば、iPhoneやiPadでコピーした情報をそのままMacへ貼り付けることができます。

コピー内容は、文字データはもちろん画像もOKです。

さらに逆方向で、MacでコピーしてiOSデバイスへ貼り付けることもできます。

ユニバーサルクリップボードは一回のコピーまでしか記録できません。

例えば、iPhoneでコピーし、Macへ貼り付けた後、再びiPhoneでコピーをすると、コピーの記憶が上書きされるので、一番最新のコピーしかMacへ貼り付けることはできません。

さらにユニバーサルクリップボードには2分間という有効時間が設けられています。

例えば、iPhoneでコピーをした後、2分以内にMacへ貼り付けしないと、コピーできなくなります。

 

ユニバーサルクリップボードの使い方

前提条件

前提条件として、下記に当てはまるiOS端末(iPhone / iPad)とMacが必要です。

  • iOS端末(iPhoneiPad):iOS 10以上
  • Mac:macOS Sierra以降

上記に該当しない場合、最新のOSへアップデートする必要があります。

また具体的にこの条件を満たせるデバイスは下記の通りです。

端末が古く、上記OSへアップデートできない場合は、最新の端末を購入する必要があります。

参考 Apple ユニバーサルクリップボード 対応機種について

さっそく下記よりユニバーサルクリップボードの使い方について說明します。

手順①:同一Apple IDでiCloudへログインする

まず、MacとiPhoneにて、同一Apple IDでiCloudへログインします。

Macは「システム環境設定」→「iCloud」より、

iPhoneは「設定」→「iCloud」より確認ができます。

手順②:Wi-FiとBluetoothをオンにする

続いて、MacとiPhoneにて、Wi-FiBluetoothをオンにします。

Macはメニューバーより、Wi-FiとBluetoothをオンに、

iPhoneはコントロールセンターより、Wi-FIとBluetoothをオンにするとラクです。

ちなみにネット上では、

  • 同一Wi-Fiネットワークである必要あり
  • Bluetoothであらかじめペアリングが必要

と説明しているサイトも見かけますが、ボクの環境では、Wi-FiもBluetoothもオンにするだけでユニバーサルクリップボードを使うことができました。Wi-Fiも異なる接続先で問題なかったです。

手順③:Handoffをオンにする

さらに、MacとiPhoneにて、Handoffをオンにします。

Macは「システム環境設定」→「一般」よりHandoffを許可、

iPhoneは「設定」→「一般」の「Handoff」より許可できます。

手順④:通常手順でコピーして貼り付け

下準備は以上です。

後はいつもの手順で片方のデバイスでコピーすると、もう片方で貼り付けを実行できます。

参考:ユニバーサルクリップボードの留意点

ユニバーサルクリップボードを利用するにあたっての留意事項を2点紹介します。

準備完了まで時間がかかる

記事内の手順①〜③まで完了したら、すぐに手順④でコピーができるようになるわけではなく、しばらくの間待つ必要がありました。

ボクの場合、初めてのMac・iPhoneの組み合わせだと、体感的に5分ほど放置した後、コピーできるようになったので、もしうまくいかない方は、下準備まで終わったら、気長に待ってみて下さい。

SIMなしでは不可?

このユニバーサルクリップボードは大変便利な機能なのですが、なぜかうまくいかない、という声が多く、ネット上でもその解決策が多く提示されています。

ボクの環境では、MacとSIMなしiPhoneの組み合わせで試したところ、なぜかうまくいきませんでした。

 

補足:iPhoneでクリップボードを確認する方法

iOSのクリップボード機能には下記のような特徴があります。

  • クリップボードに記憶できるデータは1つまで
  • 新しくコピーすると古いクリップボードのデータは消える
  • 特定の操作(例:端末の再起動)でクリップボードのデータは消える
  • クリップボードに保存した内容を表示・削除する手段はない

ただ別途アプリを導入することで、クリップボードを確認 / 復元 / 削除できます。

詳細は関連記事【iPhoneでクリップボードを見る方法! iOSでコピーした複数の履歴を開く/削除/復元できるアプリ】で解説しています。

iPhoneでクリップボードを見る方法! iOSでコピーした複数の履歴を開く/削除/復元できるアプリ
iPhoneの「クリップボード」を使えば、”コピー”した文字を保存し、後で呼び出して”貼り付け”できるので、入力操作が便利になります。 ただiOSの標準機能としては、クリップボードに保存した文字を確認または削除する手段がありません。 ...

 

〆:MacとiPhoneの両使いならぜひ!

以上、[iPhone/Mac] ユニバーサルクリップボードの使い方と留意点まとめ [macOS Sierra/iOS 10] の説明でした。

このユニバーサルクリップボードは、普段からMacとiPhoneを両方使っているならとても便利な機能です。特にコピーは画像までOKなので、いちいちクラウドを経由して受け渡す必要がなくなり、作業が効率化されます。

最新のMac / iPhoneを持っているなら、ぜひ一度お試しあれ。

iCloud
スポンサーリンク
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント