iPhoneの読み上げ機能でKindle本を聴く方法! キンドルを音声で流そう

スポンサーリンク
iOS

本記事は、iPhone/iPadの読み上げ機能で、Kindle本の内容を音声として流す方法を解説します。

ながら作業をするとき、「読む」ではなく「聴く」やり方を知ってると便利ですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneの読み上げ機能でKindleを聴く方法

iPhoneを例に説明しますが、iPadも同様です。

設定のアイコン設定アプリの アクセシビリティ読み上げコンテンツ より、画面の読み上げオンのアイコンオンにします。

iPhoneの読み上げ機能でKindleを聴く手順1

(左)下にスクロール (右)アクセシビリティ

iPhoneの読み上げ機能でKindleを聴く手順2

準備はこれだけ。

KindleのアイコンKindleアプリで読み上げたい本を開き、画面の上部から2本指で下にスワイプすると、読み上げコントローラが出現します。

コントローラーの▶再生ボタンをタップすると、文章が音声で読み上げられます。

Kindle Unlimitedの本にも対応しています。
iPhoneの読み上げ機能でKindleを聴く手順3

(左)画面の上部から2本指で下にスワイプ (右)読み上げコントローラが出る

画面の上部から2本指で下にスワイプする操作イメージです。

▼タップして再生(音声は出ません)

ただ操作がシビアで、読み上げコントローラがうまく出現しないケースも多いです。

そのような場合、読み上げコンテンツ 内にある 読み上げコントローラコントローラを表示 をオンのアイコンオンにしてみましょう。

読み上げコントローラーのショートカットショートカットアイコンが常に画面表示され、タップすれば読み上げコントローラに素早くアクセスできます。

使用してないときは待機状態になり、薄く目立たないため、邪魔ではありません。またドラッグで、アイコンを動かすことも可能です。
iPhoneの読み上げ機能でKindleを聴く手順4

(左)読み上げコントローラ (右)「コントローラを表示」をオン

iPhoneの読み上げ機能でKindleを聴く手順5

(左)ショートカットアイコンが常駐する (右)タップでコントローラーにアクセスできる

読み上げコントローラの操作説明です。

読み上げ中は自動でページ送りしてくれるため、何も操作する必要はありません。

iPhoneの読み上げ機能でKindleを聴く手順6

①〜⑥のボタンがある

説明 備考
①文章の途中をタップすると、
その箇所から読み上げ開始
Kindleアプリでは効果がなく、ページ文頭から開始となる
※Webページの文章などであれば、動作する
②前のページから読み上げ開始
③読み上げ再生/一時停止
④次のページから読み上げ開始
⑤読み上げのスピード調整 以下から選択
1倍速
1と1/2(=1.5)倍速
2倍速
1/2(=0.5)倍速
⑥コントローラーをたたむ

 

補足:よくあるトラブル

読み上げ機能に関わる、よくあるトラブルを紹介します。

  1. 雑誌や漫画、図、表は読み上げできない
  2. バックグラウンド再生はできない
  3. 語句の読み方が誤っている

①:雑誌や漫画、図、表は読み上げできない

Kindle本の中でも、文章中心ではないコンテンツ(例:雑誌/漫画)は、読み上げ機能に対応しません。

雑誌や漫画、図、表は読み上げできない説明1

旅行雑誌の例。画像と識別されて、読み上げできない。

また文章中心のコンテンツ(例:小説/ビジネス書)でも、途中に挿入される図や表といった画像に近いものは識別できず、読み上げが中断する場合があります。

雑誌や漫画、図、表は読み上げできない説明2

文章の途中にある図や表は、読み上げできない。

②:バックグラウンド再生はできない

バックグラウンド再生はできないため、例えば読み上げ開始後、別アプリに切り替えるとストップします。

そのページ内は読み上げが継続されますが、自動でページ送りされないため、止まります。
バックグラウンド再生はできない説明

読み上げ開始後(左)、別アプリに切り替えると(右)、しばらくしてストップする。

③:語句の読み方が誤っている

iPhoneの読み上げ機能は優秀ですが、それでも誤った読み方をしているケースがあります。

そのような場合、読み上げコンテンツ 内にある 読みかた より、単語を登録しましょう。

語句の読み方が誤っている説明1

(左)読みかた (右)+アイコンをタップ

例えば、小説の主人公の名前が立花(たちばな)で、読み上げ機能が「りっか」と読んでいるケースです。

語句に「立花」、代替候補に「たちばな」と入力して、そのとおり再生されれば成功です。

語句の読み方が誤っている説明2

(左)単語を登録する (右)読み上げが修正される

 

〆:キンドルを自動ページめくりで読み上げよう

以上、iPhoneの読み上げ機能でKindle本を聴く方法! キンドルを音声で流そう の説明でした。

まるでオーディオブックのように、Kindle本を音声で楽しむことができますよ。

また記事中ではKindleを例に説明しましたが、他の電子書籍も、同様の手順で読み上げ可能です。

ぜひ、お試しあれ。

参考 Appleサポート – iPhoneで画面や選択テキストを読み上げる/入力フィードバックを返す

iOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました