Androidの読み上げ機能でKindle本を聴く方法! キンドルを音声で流そう

スポンサーリンク
Android

本記事は、Androidの読み上げ機能で、Kindle本の内容を音声として流す方法を解説します。

ながら作業をするとき、「読む」ではなく「聴く」やり方を知ってると便利ですよ。

本記事の内容は、Pixel 7a(Android 13)で検証しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AndroidのTalkBackでKindleを聴く方法

TalkBack(トークバック)という機能を使えば、画面に表示される文字を読み上げできます。

Android設定アプリのアイコン設定から ユーザー補助TalkBack と進みます。

機種によっては、メニューが表示されません。この場合、Androidユーザー補助設定ツールのアイコンAndroidユーザー補助設定ツールをインストールの上、再度お試しください。

AndroidのTalkBackでKindleを聴く手順1

TalkBackショートカット より、「音量ボタンを長押し」にチェックを入れて 保存 します。

ショートカットは他にも種類がありますが、操作性の観点で音量ボタンがオススメです。

AndroidのTalkBackでKindleを聴く手順2

さっそくKindleのアイコンKindleアプリで試してみましょう。

音量アップボタンと音量ダウンボタンを同時長押し(3秒ほど)すると、TalkBackがオンになります。

この状態で、読み上げたい本を開きます。

なおTalkBack有効中、以下の操作に注意してください。

  • 通常タップは反応しないので、ダブルタップで操作すること
  • ページをめくるときは、2本の指で左右ドラッグすること
読み上げたい本を開くときも、ダブルタップで選択する必要があります。
AndroidのTalkBackでKindleを聴く手順3

TalkBackをオンにした画面。選択中の部分は、緑枠線で示される。

読み上げを開始したいページで、右にスワイプ→画面をダブルタップすると、通し読みが始まります。

読み上げ中は自動でページ送りしてくれるため、何も操作する必要はありません。

読み上げを終了する場合、音量アップボタンと音量ダウンボタンを同時長押しでTalkBackをオフにします。
AndroidのTalkBackでKindleを聴く手順4

特に画面に反応はないが、読み上げが始まる。

なお読み上げ速度は、TalkBackの設定から調整できます。

AndroidのTalkBackでKindleを聴く手順5

(左)テキスト読み上げの設定 (右)音声の速度

以上、TalkBackを使った読み上げの紹介でした。

正直、操作性はかなり特殊なため、慣れるまで時間がかかります。

もしほかの方法をお探しの場合、補足パートで紹介する内容もどうぞ。

 

参考:TalkBack以外にKindleを読み上げる方法

TalkBack以外にも、Kindle本を聴く方法は2パターンあります。

  1. 選択して読み上げ機能を使う
  2. Alexaアプリを使う

1. 選択して読み上げ機能を使う

選択して読み上げ」という機能を使えば、画面に表示される文字を読み上げできます。

TalkBackと比べて操作性に優れており、画面上で読み上げスピード調整もできて便利です。

が、大きな欠点として、自動ページ送りに対応していません。

Android設定アプリのアイコン設定から ユーザー補助選択して読み上げ と進みます。

機種によっては、メニューが表示されません。この場合、Androidユーザー補助設定ツールのアイコンAndroidユーザー補助設定ツールをインストールの上、再度お試しください。

選択して読み上げ機能を使う手順1

選択して読み上げショートカット より、任意のショートカットにチェックを入れて 保存 します。

選択して読み上げ機能を使う手順2

さっそくKindleのアイコンKindleアプリで試してみましょう。

読み上げたい本を開いた状態で、選択したショートカットを実行すると読み上げコントローラが出現します。

コントローラーの▶再生ボタンをタップすると、文章が音声で読み上げられます。

コントローラーの+/−ボタンで、読み上げスピードを調整可能です。
選択して読み上げ機能を使う手順3

(左)▶再生ボタンをタップ (右)コントローラーで速度など調整できる

ただ自動でページ送りしてくれないため、次のページは手動でめくる必要があります。

もし完全自動でページ送りしたい場合、別の方法をどうぞ。

2. Alexaアプリを使う

Amazon公式のAlexaのアイコンAlexaアプリを使えば、Kindle本を音声で流すことができます。

Amazon Alexa
Amazon Alexa
開発者: Amazon Mobile LLC
金額: 無料
事前設定が少し面倒ですが、「自動ページ送りに対応」・「操作性は普段どおり」という点でメリットがあります。

AlexaのアイコンAlexaを開いて、初期設定をします。

Amazonアカウントへのログインや各種プロフィールの入力をします。画面にしたがって操作してください。

Alexaアプリを使う手順1

画面にしたがって初期設定を進める。

トップ画面が表示されたら、「その他」タブより 設定ユーザー補助Kindle読書補助機能オンのアイコンオンにします。

Alexaアプリを使う手順2

(左)その他タブ (右)設定

Alexaアプリを使う手順3

(左)ユーザー補助 (右)Kindle読書補助機能

これで準備OK。

「再生」タブのKindleライブラリに本が表示されるので、読み上げたい本を選択しましょう。

Alexaアプリを使う手順4

読み上げたい本を再生する。

 

〆:キンドルを自動ページめくりで読み上げよう

以上、Androidの読み上げ機能でKindle本を聴く方法! キンドルを音声で流そう の説明でした。

Kindle Unlimitedの本含め、まるでオーディオブックのように、音声で楽しむことができますよ。

また記事中ではKindleを例に説明しましたが、画面読み上げ機能であれば、他の電子書籍も、同様の手順で読み上げ可能です。

ぜひ、お試しあれ。

参考 amazonヘルプ – Android版Kindle無料アプリでTalkBackを使用する

参考 amazonヘルプ – AlexaのKindle読書補助機能

参考 Androidヘルプ – TalkBackを使用してデバイスを操作する

参考 Androidヘルプ – 「選択して読み上げ」を使用する

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました