[iOS] 無料でQRコードを読み取るオススメの方法とリーダーアプリまとめ [iPhone]

iOS使い方

iPhoneでQRコードの読み取りをしたことはありますか?

QRコードは日常生活の様々な場面で利活用されており、特に紙ベースの資料に掲載されたリンク先のURLを携帯で開く際、わざわざURLを手入力する手間を省いて、QRコードをカメラで読み取るだけでアクセスできるため、大変便利な技術です。

ただiPhoneでは、iOSバージョンによっては標準でQRコード読み取り機能が入っていないため、別途専用アプリをインストールする必要があります。

そこで本記事では、iOSでQRコード読み取るオススメの方法とリーダーアプリを紹介します。

特にiOS 11以降のユーザーであれば、標準の「カメラ」アプリで読み取りが可能となったため、ぜひチェックして下さい。

photo by Christiaan Colen

 

iPhone向けオススメQRコード読み取り方法

元々iOSでは標準機能としてQRコード読み取り手段は用意されていませんでしたが、iOS 11より標準の「カメラ」アプリが進化し、QRコードを認識できるようになりました。

一方、何らかの理由でiOS 11以降にアップデートできない場合、別途アプリをインストールする必要があります。

下記よりそれぞれ解説します。

 

その①:iOS標準のカメラアプリを使う – iOS 11以降のみ

iOS 11より標準の「カメラ」アプリが進化し、QRコードをカメラで写すだけで読み取れるようになりました。

撮影の際は「写真」モードか「スクエア」モードで認識ができ、読み取れると画面上部に通知が表示され、タップすると適切なアプリでQRコードを開くことができます。

通知を消したければ、上にスワイプするかホームボタンを押せばOK。また、通知が表示されている最中も、通常の写真撮影は可能です。

もしQRコード読み取り機能が不要であれば、「設定」→「カメラ」より「QRコードをスキャン」トグルをタップしてオフにすれば無効にできます。

無料で使用でき、かつ邪魔な広告もないため、iOS 11以降のユーザーならこの方法一択となるでしょう。

 

その②:LINEの読み取り機能を使う – iOS 10以下対象

お馴染み「LINE」アプリで、友だち登録をする際に「QRコード」を使った経験はないでしょうか?

LINEアプリ上で友だちのQRコードを読み取る機能を呼び出すことができますが、実はLINEとは関係ないQRコードまで認識することができます。

LINE
LINE
Developer: LINE Corporation
Price: Free+

LINEトップ画面の「その他」タブを開き、「友だち追加」→「QRコード」と進むと読み取り画面となります。

無事読み取りができたら、リンクを開くことができます。一方、QRコードの形式によっては読み取れない場合もあるため、万能といえる方法ではありません。

左ではQRコードの読み取りに成功しているが、右では非対応のQRコード形式だったため失敗している。

ちなみにiOS 11以降であれば、ホーム画面上のLINEアイコンを軽く押し込む(=3D Touchを利用)ことで、QRコードリーダーをすぐ起動できます。

3D TouchはiPhone 6Sシリーズ以降(iPhone SEを除く)で搭載される機能です。

3D Touch非搭載機種の場合は使用できません。

3D Touchでよりスピーディーに起動できて便利ですよ。

 

その③:専用の読み取りアプリを使う – iOS 10以下対象

LINEを使った方法がうまくいかない場合、一般的なセオリー通り、専用のQRコード読み取りアプリを使う必要があります。

オススメアプリ①:QRコードリーダー for iPhone

iPhone向けリーダーアプリの中でも、シンプルで使いやすく、広告表示もない「QRコードリーダー for iPhone」アプリがオススメです。

ボクもiPhoneで普段から愛用している一押しアプリです。

オススメアプリ②:QRコードリーダー for iPhone

シンプルで使いやすく、読み取ったQRコードを開くアプリを個別に指定できるのが「QRコードリーダー for iPhone」アプリです(オススメ①と名前が被ってますが別アプリ)。

常駐している広告が煩わしいのが欠点。

オススメアプリ③:公式QRコードリーダー”Q”

QRコードを生み出した「デンソーウェーブ」公式のリーダーアプリが「公式QRコードリーダー”Q”」です。

公式とあって広告が一切表示されないのが嬉しい点。またスキャン中に表示される画面のエフェクトもクールで気に入っています。

専用の読み取りアプリ:まとめ

以上の說明を整理すると、下記の通りです。

専用アプリを入れたくない→LINEで代用

広告もないシンプルなアプリがいい→QRコードリーダー for iPhone

QRコードを開くアプリを個別に指定したい→QRコードリーダー for iPhone

公式アプリを使いたい→公式QRコードリーダー”Q”

それぞれ方法別に特徴が異なるため、好みに応じて試して下さい。

 

補足:画面上に表示されるQRコードを読み取る方法

読み取りたいQRコードがスマートフォンの画面上に表示される場合、iPhoneでは2つの方法で認識できます。

iOS 11以降:Safariで読み取る

iOS 11未満:LINEで読み取る

iOS 11より、Safari上で表示されるQRコードは長押しメニューよりそのまま開ける。

詳細は関連記事で解説しています。

スマートフォン画面上に表示されたQRコードを読み取る方法! カメラを使わず認識できる [iOS/Android]
QRコードは日常生活の様々な場面で利活用されており、特に紙ベースの資料に掲載されたリンク先のURLを携帯で開く際、わざわざURLを手入力する手間を省いて、QRコードをカメラで読み取るだけでアクセスできるため、大変便利な技術です。 が、...

 

〆:好みに応じてQRコードを活用しよう!

以上、[iOS] 無料でQRコードを読み取るオススメの方法とリーダーアプリまとめ [iPhone] の說明でした。

iOS 11以降であれば無料かつ広告もない標準の「カメラ」アプリを使った方法で十分でしょう。

一方、もしお使いのiPhoneがiOS 10以下の場合は、今回紹介した各種アプリを試してみて下さい。

iOS使い方
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント