[iOS] 一度削除した画像を復元! iPhoneで撮影した写真や動画を元通りに戻す方法まとめ

スポンサーリンク

日々の日常や旅行先で撮影する写真は全てスマートフォンで撮ってる方も多いでしょう。

写真は全てスマートフォン本体に保存されるため、いつでも画面上で画像や動画を確認できるのが便利な一方、整理をしないとどんどんファイルが溜まっていき、空き容量不足となるため、定期的な画像削除が求められます。

そんな時、誤って消してはいけない写真まで削除した経験はありませんか?ご安心あれ、iOS(iPhone / iPad)であれば復元できる可能性があります。

そこで本記事では、iOSデバイス本体から一度削除した写真や動画を元通りに戻す方法をまとめて紹介します。

記事中ではiPhoneを例に說明をしていますが、iPadでも同様です。

photo by Informedmag

スポンサーリンク

一度削除したiPhoneの写真を復元する方法

その①:「最近削除した項目」から復元する

1つ目が、iPhoneの「写真」アプリ標準機能「最近削除した項目」から復元する、という方法。

「最近削除した項目」はiOS 8以降に搭載された機能で、削除してから30日以内であれば画像や動画を元通りに戻すことが可能です。

iPhone本体から写真を消してまだ日が浅い場合に有効かつ手っ取り早い復元方法となります。

まず、iPhoneで「写真」アプリを開き、下部の「アルバム」タブへ入って「最近削除した項目」へ進みます。

すると消してから30日以内の復元可能な画像類が表示されます。

この中から復元したいファイルを選び、「復元」を実行すればOK。

iPhone本体の「写真」タブ内に移され、以後30日以上経過しても元通りになったままです。

その②:iCloudから復元する

2つ目が、iCloudに自動バックアップされた写真を本体に復元する、という方法。

事前にバックアップ設定をオンにしておく必要がありますが、自動でクラウド上に写真を保存をしてくれるため、誤って本体から写真を消去しても復元できる可能性があります。

iCloudにバックアップする種別として「iCloudフォトライブラリ」と「マイフォトストリーム」があり、それぞれバックアップできる写真の容量や、バックアップした写真を閲覧できるデバイスに違いがあります。

詳細については別記事にまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

[iOS] iCloudフォトライブラリ/マイフォトストリームの使い方と違いまとめ! どっちがオススメ?

その③:その他バックアップサービスから復元する

3つ目が、iCloud以外のその他バックアップサービスから復元する、という方法。

例えばGoogleフォトを使っていれば、iPhone本体上で写真を削除してもクラウド上にバックアップした写真より復元ができます。

関連記事

Google フォト | あっとはっく

それ以外にも、定期的にPCとiPhoneを接続していれば、iTunesにバックアップしたデータより復元できる可能性もあります。

いずれもiPhoneから写真を消してしまう前に設定が必要であるため、後の祭りかもしれませんが、今後の対策という意味でも現在のバックアップ体制を見直すことは重要です。

〆:大切な写真の管理体制を再チェックしよう!

以上、[iOS] 一度削除した画像を復元! iPhoneで撮影した写真や動画を元通りに戻す方法まとめ の說明でした。

その②・③で紹介したバックアップ設定をしていなくても、iOS標準の「最近削除した項目」から復元できる可能性があるためぜひ確認してみて下さい。

ただ「削除してから30日間以内」という制約もあるため、それ以外の方法でしっかりとしたバックアップ体制を用意しておくべきです。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい