Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法

スポンサーリンク

最近ではスマートフォンのカメラ性能が格段に向上しているため、旅行でもカメラは携帯せずスマートフォンだけで済ませてしまう方も多いでしょう。

ただ、沢山撮影した膨大な画像データをいつまでも本体に残したままだと、スマートフォンが故障・紛失した際、データが元に戻らなくなるリスクもあるため、日頃からのバックアップが非常に大切です。

そこで本記事では、無料かつ無制限に写真や動画を自動でバックアップできるGoogle公式アプリ「Googleフォト」の基本と使い方について紹介します。

カンタンな設定をするだけで、大切な写真を守ることができますよ。ぜひ、ご覧あれ。

photo by Pixabay

スポンサーリンク

Googleフォトの基本的な使い方!

GoogleフォトはGoogle社が提供する画像専用のオンラインストレージで、Googleアカウントさえ持っていれば、写真・動画を自動でバックアップすることができます。

「オンラインストレージ」はいわゆるインターネット上にある「自分専用の写真置き場」のようなイメージで、下記のメリットがあります。

スマートフォンで写真撮影したらインターネット経由で自動バックアップされる

複数のデバイス間で常に最新の写真を共有できる

このような「写真専用のオンラインストレージ」は他社も提供していますが、その中でもGoogleフォトは”実質容量無制限”&”使用量タダ”で使える大変オトクなサービスとなります。

もちろん、大切な写真データをインターネット上に保存するため、セキュリティのリスクや突然サービス終了するリスクもありますが、Google社が運営しているため、他サービスに比べ相対的に安心して使用できるのも魅力の1つ。

「スマートフォンが故障 or 紛失してデータが消えた!」・「別のスマートフォンで撮影した写真をチェックしたい!」など、様々なシチュエーションでGoogleフォト上にバックアップしておくと便利ですよ。

下記よりその基本的な使い方を解説します。

バックアップ手順:基本

まずPCから使用する場合はWeb版Googleフォトで操作しますが、スマートフォンから使用するなら専用アプリが必要です。

下記の通りiOS版とAndroid版がありますが、使い勝手はほとんど変わりません。

Google フォト - 写真や動画を保管

Google フォト – 写真や動画を保管
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

iOS 要件:9.0 以上

Android 要件:端末により異なる

最近のAndroidは「Googleフォト」がプリインストールアプリであるケースが多いですが、もし見当たらなければ入手して下さい。

またiOSユーザーの場合、まだGoogleアカウントを持っていなければこれを機に新規作成して下さい(無料です)。

関連記事

Googleアカウントをスマートフォンで新規作成する方法! iPhoneやAndroidでGmailアドレスを登録しよう

以上の準備ができたら、さっそく使ってみましょう。

iOS版Googleフォトの使い方

記事中では、iPhone 8 Plus(iOS 11.0.3)を例に説明しています。

インストールした「Googleフォト」を起動すると「写真」へのアクセスを求められるので許可し、続いて「通知」の設定を行います。

「通知」を許容すると、Googleフォトの機能で「コラージュ、アニメーション、ムービー」が自動生成された際や、友人・家族が写真を共有した時の通知が表示されるようになります。

続いてバックアップで使用するGoogleアカウントでログインし、「バックアップと同期」に関する初期設定をします。詳細は後述しますが、デフォルトの設定値で良いでしょう。

iOS版の場合、ログインに成功すると、Wi-Fi接続中は本体に保存されたあらゆる画像・動画が自動的にバックアップされます。

Android版Googleフォトの使い方

記事中では、Xperia Z3(Android 6.0.1)を例に説明しています。

「Googleフォト」の初回起動時に「メディア機能」へのアクセス権を付与します。

続いてバックアップで使用するGoogleアカウントでログインし、「バックアップと同期」に関する初期設定をします。詳細は後述しますが、デフォルトの設定値で良いでしょう。

Android版の場合、ログインに成功すると、Wi-Fi接続中は本体のカメラで撮影された写真・動画が自動的にバックアップされます。

カメラで撮影した写真をSDカードに保存している場合も、事前設定不要で自動バックアップの対象となります。

関連記事

AndroidでSDカードにファイルを移動する方法! データ保存先を変えて内部ストレージ容量を空けよう

一方iOS版とは異なり、それ以外のフォルダに保存される「スクリーンショット画像」や「LINEからダウンロードした動画」は自動でバックアップされず、手動での設定が必要です。

詳細は別記事で解説しているので、チェックしてみて下さい。

関連記事

Googleフォトでカメラ写真以外もバックアップ! LINEやキャプチャ画像フォルダも保存する方法

バックアップ手順:応用

以上ここまでの設定だけで、iOS版・Android版どちらも本体に保存された画像や動画を自動でバックアップできるようになるはずです。

また、最初に設定した「アップロードサイズ」と「アップロード方法」は後から変更することができます。基本的にデフォルトのままがオススメですが、下記より変更する場合の解説をしているので、合わせてどうぞ。

アップロードサイズを変更する

Googleフォトの「アップロードサイズ」はデフォルトの「高画質」プランの他、「元のサイズ」プランが存在します。

先述の通り、Googleフォトは「”実質容量無制限”&”使用量タダ”で使える大変オトクなサービス」ですが、”実質”とうたっている理由があります。

実はデフォルト設定の「高画質」プランの場合、撮影した写真や動画が元のサイズでバックアップされるわけではなく、厳密には容量を節約するためにファイルが自動で圧縮されており、写真はサイズが16MP(1600万画素)を上回る場合は16MPまで縮小され、動画は解像度が1080pを上回る場合は1080p(高画質)まで縮小されます。

そこで用意されているのが、もう1つの「元のサイズ」というプランで、ファイルのサイズを落とさず、解像度そのままで保存ができます。一方、容量は15GBまでが無料となり、それ以降はGoogleドライブの容量を購入する必要があります。

参考 Google ドライブ ヘルプ – プランの料金の確認とストレージのアップグレード

変更方法はシンプルで、Googleフォトの「設定」より「バックアップと同期」へ進み、

「アップロードサイズ」で「元のサイズ(解像度)」を選べばOK。

上記例はAndroid版のスクリーンショット画像ですが、iOS版でも設定の流れは同じです。

正直、日常生活や旅行中の写真を保存するなら、「高画質」プランで圧縮されたサイズでも違いが分からないくらいキレイな見た目ですが、仕事で使うプロフェッショナル用途であれば「元のサイズ」プランを選択する方もいるでしょう。

参考 Google フォト ヘルプ – アップロード サイズを選択する

アップロード方法を変更する

Googleフォトの「アップロード方法」はデフォルトの「Wi-Fi接続時のみ」の他、「モバイルデータ通信も使用する」設定が存在します。

この設定がオンになっていると、外出中にWi-Fiがない環境で撮影した写真や動画もすぐにバックアップできますが、当然データ通信量の消耗(パケ死)のリスクがあります。

変更方法はシンプルで、Googleフォトの「設定」より「バックアップと同期」へ進み、「モバイルデータ通信でのバックアップ」のトグルを有効にすればOK。

外出中にどうしても大切な写真を撮影した場合にだけ設定を有効にする、などの使い方がオススメです。下記記事でより詳細に説明しているので、合わせてどうぞ。

関連記事

Googleフォトでスマートフォンのデータ通信量やバッテリーに負担の少ない動作とする設定方法

〆:大切な写真データをバックアップしよう

以上、Googleフォトの基本的な使い方! iOS(iPhone/iPad)やAndroidの写真や動画を自動でバックアップする方法 の説明でした。

もしスマートフォン本体に大量の写真が残ったままなら、Googleフォトはぜひオススメしたいサービスです。

お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい