CCSliders – コントロールセンターのスライダーを自由に切り替えて便利にするJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

iOS(iPhone / iPad)のコントロールセンターには「画面の明るさ」を調整できるスライダーが用意されており、状況に応じてサクッと変更することができます。

ただ、もし同じスペースでほかの「着信音量」や「メディア音量」、「LEDライトの明るさ」なども同時に調整できたら便利ですよね。

そこで本記事では、コントロールセンターの1つのスペースで、各種調整スライダーを表示して自由に切り替えができる脱獄アプリ「CCSliders」を紹介します。

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

スポンサーリンク

CCSliders – 使い方と特徴

「CCSliders」を使えば、コントロールセンターの1つのスペースに下記4種類のスライダーを切り替え表示できるようになります。

「画面の明るさ」調整のスライダー

「LEDライトの明るさ」調整のスライダー

「メディアの音量」調整のスライダー

「着信音量」調整のスライダー

下記より「CCSliders」の使い方について說明をします。

アプリを入手する

まず、Cydiaよりレポジトリ(アプリ配布元)をソースに追加し、「CCSliders」を検索、インストールし、リスプリングまで行います。

価格:無料

レポジトリ:JerryEn’s Repo(http://cydia.jerryen.com)

スライダーの設定を行う

インストール完了後、「設定」から「CCSliders」を選択すると、詳細設定ができます。

下記より基本的な設定内容を紹介します。

①Sliders – スライダーに表示する項目を設定

「Sliders」では、コントロールセンターのスライダーとして表示する項目を選択できます。

各名称の意味は下記の通りです。

「Brightness」:「画面の明るさ」調整のスライダーを表示

「Flashlight」 :「LEDライトの明るさ」調整のスライダーを表示

「Media Volume」:「メディアの音量」調整のスライダーを表示

「Ringer Volume」:「着信音量」調整のスライダーを表示

コントロールセンターでの表示が不要な項目があれば、削除しましょう。

②Show Title When Changing – 切替時の表示を変更

「Show Title When Changing」トグルをオンにすると、コントロールセンターでスライダーを変更する度に、そのスライドの名称がコントロールセンター上部に表示されます。

これで、現在表示されるスライダーの種類を瞬時に判断できます。

③Left Icon Goes Back – スライダー切替方法を調整

「Left Icon Goes Back」トグルをオンにすると、コントロールセンターでスライダー左側のアイコンをタップすると、1つ前のスライダーへ戻すことができます。

切り替えをよりラクにできて便利です。

④Open To First Slider – 最初に表示するスライダーを調整

「Open To First Slider」トグルをオンにすると、最後に開いていたスライダーの種類に関わらず、コントロールセンターを開く度に、「Sliders」設定で決めた1番最初のスライダーが表示されます。

〆:コントロールセンターをより便利にできる

以上、CCSliders – コントロールセンターのスライダーを自由に切り替えて便利にするJB App [要脱獄] の說明でした。

限られたスペースを有効活用して、各種スライダーの切り替えができるようになるため、コントロールセンターがより便利になります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい