JellyLock7 – iPhone / iPadのロック画面にアプリランチャーを表示するJB App [要脱獄]

スポンサーリンク

Androidに比べ画面のカスタマイズ性に劣るiPhone / iPadですが、脱獄すればデザインや機能性を刷新することが可能です。

本記事ではその中でも、ロック画面に好きなアプリを表示し、直接起動することができる脱獄アプリ「JellyLock7」を紹介します。

関連記事

iOS7 Rising Bars Cydget – iPhone / iPad ロック画面の時計表示を超クールにするJB App [要脱獄]

関連記事

iOS 7 Lockscreen Weather – iPhone / iPadのロック画面に天気情報を表示するJB App [要脱獄]

本記事ではiOSの脱獄について扱っています。脱獄行為はあくまで自己責任のもと、お楽しみ下さい。

スポンサーリンク

JellyLock7 – 使い方と特徴

下記より「JellyLock7」の使い方について說明をし、その中でアプリの特徴も紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず、Cydiaより「JellyLock7」を検索、インストールします。

価格:無料

レポジトリ:BigBoss(Cydia標準リポジトリ)

「JellyLock7」をインストール後、ロック画面を表示するとロック画面にアプリランチャーが表示されるようになります。

アプリランチャーはパスコードをスキップしてアプリの起動までできるので、頻繁に使うアプリを設定しておくと大変便利です。

手順②:詳細設定を変更する

「JellyLock7」の設定では、アプリランチャーに表示するアプリを変更したり、そのほか機能やデザインを調整することもできます。

まず「Enabled」のトグルをオンにすると、アプリ機能が有効になります。

下記よりそれ以外の基本的な設定項目について紹介します。

設定を変更する度に「Respring」するのを忘れずに。

SHORTCUTS – アプリランチャーの設定

ロック画面のアプリランチャーに表示したいアプリを選択できます。

#1〜#5まで設定でき、小さい番号のアプリから左→右と並びます。

また「SKIP PASSCODE」を設定すると、パスコードを設定していても「SHORTCUTS」で指定したアプリを開く際、パスコード入力をスキップできます。

この方法でアプリを起動した場合、ホームボタンを押してもホーム画面へ移動せず、ロック画面に戻るようになっているので、セキュリティ上も安心です。

BEHAVIOR – 「JellyLock7」の機能を調整

「BEHAVIOR」項目では下記通り、「JellyLock7」の機能を各種調整できます。

Disable Default Unlock

オンにすると、通常ロック画面でパスコード入力画面を表示するために行う「左から右へのスワイプ」を無効にします。

Hide Camera Icon

オンにすると、通常ロック画面に表示されるカメラアイコンを無効にします。

APPEARANCE – 「JellyLock7」のデザインを調整

「APPEARANCE」項目では下記通り、「JellyLock7」のデザインを各種調整できます。

Show Badges

オンにすると、アプリのバッジが表示されます。

Blur Background

オンにすると、アプリランチャーの背景がぼやけます。

Landscape Left(iPad)

iPadでロック画面を横画面で表示すると、アプリランチャーは押しやすいように右側に表示されます。

このトグルをオンにすると、左側に表示されるようになります。

Circle Color

アプリランチャーの背景に描かれる、円形線の色を設定できます。

Circle Size

アプリランチャーの大きさを変更できます。

Opacity

透明度の調整ができます。

左へ近づけるほど、より透明になります。

〆:ロック画面を劇的に進化できる!

以上、JellyLock7 – iPhone / iPadのロック画面にアプリランチャーを表示するJB App [要脱獄] の說明でした。

「JellyLock7」を使えば、iPhoneやiPadのロック画面からアプリを直接起動できるので非常に便利です!

ぜひ利用してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい