Amazonタイムセール開催中★クリックしてセール会場を開く★

iPhoneで過去接続したWi-Fiパスワードを確認する方法! iOSの保存済みネットワークを共有しよう

脱獄

iPhoneで接続したことのあるWi-Fiのパスワードは、3通りの方法で調べることが可能です。

  • ルーター設定画面より確認する
  • 専用アプリより確認する(要脱獄)
  • iCloudキーチェーンで同期したMacより確認する

手段によって、脱獄環境やMacが必要となります。

本記事では、それぞれの手順について解説します。

photo by Alan Levine

 

スポンサーリンク

iPhoneで接続済みWi-Fiパスワードを調べる方法まとめ

ルーター設定画面より確認する

パスワードを調べたいWi-Fiに接続中であれば、無線LAN親機のルーター設定画面より確認できる可能性があります。

記事中の内容は「BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4」で検証しています。

まず親機のIPアドレスをiPhoneのブラウザで開きます。

192.168.11.1

ルーター設定画面よりWi-Fiパスワードを確認する手順のキャプチャ1

もし「192.168.11.1」で表示できない場合、iPhoneのWi-Fi設定画面から親機のIPアドレスを確認しましょう。

ルーター設定画面よりWi-Fiパスワードを確認する手順のキャプチャ2

次に、ログインして設定画面を表示します。

例えばBUFFALOの場合、ログイン情報の初期値は下記通りです。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password

または

  • ユーザー名:root
  • パスワード:(空白)

「無線LAN」情報を開くと、各SSID(ネットワーク名)と暗号化キー(パスワード)を確認できます。

ルーター設定画面よりWi-Fiパスワードを確認する手順のキャプチャ3

もし暗号化キー(パスワード)が伏せ字になっていて分からない場合、パスワードの上書きができないかお試し下さい、

パスワードを上書きすると、接続済みの端末すべてで新しいパスワードの再入力が必要となります。

参考:各メーカーのIPアドレス・ログイン情報について

各メーカーのIPアドレス・ログイン情報の比較例です。

メーカーIPアドレスユーザー名パスワード
BUFFALO192.168.11.1admin(またはroot)password(または"なし"=空白)
NEC192.168.0.1admin初回に設定
エレコム192.168.2.1adminadmin
I-O DATA192.168.0.1adminなし(空白)

ルーターの機種によっては上記と異なる可能性があるため、うまくログインできなければ、各メーカーのHPで機種名を検索してみて下さい。

専用アプリより確認する(要脱獄)

次の脱獄アプリを使えば、iPhone内のWi-Fiパスワード保存場所へアクセスしてカンタンに表示できます。

  • WiFi Passwords
  • Wifi Passwords List

iPhoneの脱獄が前提となるため、手順が難しい上に様々なリスクが存在します。が、導入さえできれば、大変便利なアプリです。

どちらのアプリも使い方はほぼ同じですが、以降より使い方をそれぞれ分けて解説します。

両アプリともiOS 11.2.1で動作することを確認しています。

脱獄したiPhoneは”メーカー補償の対象外となる”など様々なデメリットが生まれるほか、予期せぬエラーが発生し、最悪の場合iPhoneが動かなくなる恐れもあります。

くれぐれも自己責任でお試し下さい。

WiFi Passwords – 使い方

レポジトリは標準の「BigBoss」なのでソースの追加は不要です。

「WiFi Passwords」を検索し、「インストール」を実行します。

WiFi Passwordsの使い方1

ホーム画面に追加されたアイコンをタップすれば、接続済みWi-FiのSSIDとパスワードの一覧を確認できます。

WiFi Passwordsの使い方2

過去接続した履歴があっても、現在はiOSのWi-Fi設定から削除されているSSIDやパスワード情報は表示されません。

SSIDを長押しタップすれば、表示されるメニューよりSSIDまたはパスワードをコピーできますし、

WiFi Passwordsの使い方3

SSIDを通常タップすれば、最後に接続した時刻が表示され、「View Other Info」へ進むと、さらに細かい技術情報を確認できます。

WiFi Passwordsの使い方4

Wifi Passwords List – 使い方

レポジトリは標準の「BigBoss」なのでソースの追加は不要です。

「Wifi Passwords List」を検索し、「インストール」を実行します。

Wifi Passwords Listの使い方1

ホーム画面に追加されたアイコンをタップすれば、接続済みWi-FiのSSIDとパスワードの一覧を確認できます。

Wifi Passwords Listの使い方2

過去接続した履歴があっても、現在はiOSのWi-Fi設定から削除されているSSIDやパスワード情報は表示されません。

SSIDを長押しタップすれば、表示されるメニューよりSSIDまたはパスワードをコピーできますし、

Wifi Passwords Listの使い方3

SSIDを通常タップすれば、「最後に接続し始めた日時」や「自動接続か手動接続か」が表示され、「View Other Info」へ進むと、さらに細かい技術情報を確認できます。

Wifi Passwords Listの使い方4

また左下の「Wifi Passwords Listの「インフォ」アイコン(インフォ)」アイコンをタップし、「Show networks without passwords」をタップすると、

Wifi Passwords Listの使い方5

「接続時にパスワード入力が必要ないWi-Fi(=公共無料Wi-Fi)で、過去に接続したことのあるリスト」も表示されるようになります。

ボクの場合、過去に利用したファミリーマートのWi-FiやスターバックスのWi-Fiが表示されました。
Wifi Passwords Listの使い方6

スターバックスの公共Wi-Fiを表示した例。

今回紹介した「WiFi Passwords」または「Wifi Passwords List」アプリさえあれば、Wi-Fiの基本情報から応用情報までまとめてチェックできて大変便利ですよ。

iCloudキーチェーンで同期したMacより確認する

iCloudキーチェーン」を使えば、同じApple IDでサインインするAppleデバイス間でWi-Fiパスワードを同期できます。

さらにAppleデバイスのうち、Macは標準機能「キーチェーンアクセス」でWi-Fiパスワードを確認できるため、次の流れでパスワードを表示できます。

  1. iPhoneとMacでiCloudキーチェーンを有効にする
  2. MacのキーチェーンアクセスでWi-Fiパスワードを表示する

Macユーザー限定の方法となりますが、条件に合致すれば難しい操作は不要でオススメです。

iPhoneとMacでiCloudキーチェーンを有効にする

iPhoneとMacそれぞれで「iCloudキーチェーン」を有効にします。

iPhoneでは「設定」→「ユーザー名」より「iCloud」へ進み、

iCloudキーチェーンで同期したMacよりWi-Fiパスワード確認する1

「キーチェーン」にて「iCloudキーチェーン」が有効になっていればOK。

iCloudキーチェーンで同期したMacよりWi-Fiパスワード確認する2

Macでは「システム環境設定」より「iCloud」へ進み、

iCloudキーチェーンで同期したMacよりWi-Fiパスワード確認する3

「キーチェーン」にチェックを入れればOK。

iCloudキーチェーンで同期したMacよりWi-Fiパスワード確認する4

これでiPhone側で保存されたWi-Fi情報がMacと同期されます。

MacのキーチェーンアクセスでWi-Fiパスワードを表示する

Macの「キーチェーンアクセス」より、パスワードを調べたいWi-Fiの「情報を見る」へ進み、「パスワードを表示」にチェックを入れればWi-Fiパスワードを確認できます。

iCloudキーチェーンで同期したMacよりWi-Fiパスワード確認する5

詳細な手順は関連記事【Macで過去接続したWi-Fiパスワードを確認する方法! macOSの保存済みネットワークを解析しよう】で解説しています。

Macで過去接続したWi-Fiパスワードを確認する方法! macOSの保存済みネットワークを解析しよう
この記事では、Macで過去接続したWi-Fiパスワードを調べる方法を解説します。標準機能「キーチェーンアクセス」より確認できます。そのほか、macOSのWi-Fi設定に関わる便利な情報を説明しています。

参考 Appleサポート – iCloudキーチェーンを設定する

 

補足:

AppleのWi-Fiパスワード共有機能を使う方法

もしiPhoneで接続中のWi-Fiを、別のAppleデバイス(iPhone / iPad / Mac)でも繋ぎたい場合、Apple標準のWi-Fiパスワード共有機能が便利です。

Wi-Fiパスワード自体を確認することはできませんが、分からなくなったWi-Fiパスワードを家族や友人に使わせたいシーンで活躍します。

ただ前提条件が多く、自分と相手のデバイス両方が下記すべてを満たす必要があります。

  • Apple製品(iPhone / iPad / Mac)であること
  • Wi-FiとBluetoothをオンにすること
  • お互いのApple IDが連絡先に登録されていること
  • お互いのデバイスを十分近づけること
  • iPhone / iPadはiOS 11以上、Macはmac OS High Sierra(Ver.10.13.xx)以上であること

まず、自分のAppleデバイス(=パスワード共有元)のロックが解除されていて、Wi-Fiに接続していることを確認します。

この状態で、相手のAppleデバイス(=パスワード共有先)で同じWi-Fiに繋げようとすると、自分のAppleデバイスで次のメッセージが表示されるので「パスワードを共有」を選択します。

  • “●●(Wi-FiのSSID)”のWi-Fiパスワードを”●●(相手のデバイス名)”と共有しますか?
AppleのWi-Fiパスワード共有機能を使う方法1

iPhone 8 PlusとiPhone 6でWi-Fiパスワードを共有する例。

自分のAppleデバイスで次のメッセージが表示され、相手のAppleデバイスがWi-Fiに繋がります。

  • Wi-Fiパスワードが正常に共有されました。
AppleのWi-Fiパスワード共有機能を使う方法2

iPhone 8 PlusとiPhone 6でWi-Fiパスワードを共有する例。

条件を満たすAppleデバイス間であれば、デバイス種別をとわずWi-Fiパスワードを共有できます。

AppleのWi-Fiパスワード共有機能を使う方法3

MacBook ProとiPhone 8 PlusとiPad mini 2でWi-Fiパスワードを共有する例。

このようにAppleデバイス間であれば、パスワードを忘れても接続履歴さえあれば相手と共有できます。

またパスワードが分かっている場合でも、明示的にパスワードを第三者へ伝えることなくWi-Fi接続できる点でメリットがある方法です。

参考 Appleサポート – iPhone、iPad、iPod touchでWi-Fi のパスワードを共有する

Wi-Fiルーターに貼られたシールからパスワードを確認する方法

どのメーカーのWi-Fiルーターでも、本体にSSIDとパスワードの初期情報がシールで貼られているケースが多いです。

BUFFALO製ルーターの底面に貼られたシールに記載されたパスワード

BUFFALO製ルーターの底面に貼られたシールに記載されたパスワードの例。

また個別にパスワードが記載されたカードが同梱される製品もあります。

BUFFALO製ルーターに同梱されるセットアップカードに記載されるパスワード

BUFFALO製ルーターに同梱されるセットアップカードに記載されるパスワードの例。

アナログな方法ですが、このシールを見ればWi-Fiのパスワードを確認できます。

もしパスワードを初期値から変更している場合、シールに記載されるパスワードは参考になりません。

この場合、本記事で紹介した「接続済みの端末から確認する手順」をお試し下さい。

Wi-Fiルーターのメーカー別:参考ページまとめ

BUFFALO製ルーター

参考 BUFFALO – 無線LAN親機のSSIDと暗号化キー(Wi-Fiパスワード)の確認方法

参考 BUFFALO – 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)の設定画面を表示する方法がわかりません

参考 BUFFALO – 接続しているWi-FiのSSIDや暗号化キーをOS環境から確認する方法

NEC製ルーター

参考 NEC – ネットワーク名(SSID)と暗号化キーは、どこに記載されていますか?

エレコム製ルーター

参考 エレコム – 【Wi-Fiルーター】ルーターの無線接続に使用する初期SSID/暗号キー(パスワード)がわかりません

I-O DATA製ルーター

参考 I-O DATA – 設定画面へログインするユーザー名とパスワードについて

 

〆:iPhoneで保存済みWi-Fiパスワードを確認できる!

以上、iPhoneで過去接続したWi-Fiパスワードを確認する方法! iOSの保存済みネットワークを共有しよう の説明でした。

友人に自宅のWi-Fiパスワードを教えたり、自分の別の端末でWi-Fiに接続したいシーンで、カンタンにWi-Fiパスワードを調べられて便利です。

ぜひ、ご参考下さい。

脱獄
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました