[Mac] Night Shiftを特定アプリでは無効とする方法! メニューバーから素早く調整もできる

スポンサーリンク

PCやスマートフォンの使いすぎで目が疲れていませんか?

この疲れの原因として「ブルーライト」が挙げられることが多く、目への悪影響のみならず、生体リズムへの悪影響や頭痛などの症状を引き起こす可能性が考えられています。

ただmacOS Sierra 10.12.4のアップデートにより標準機能として「Night Shift」が搭載されたことで、日暮れ後にディスプレイの色味を暖色系の色域に自動的に切り替え、ブルーライトを弱めることができるようになりました。

関連記事

Macにブルーライトカット機能を設定する方法! ディスプレイ画面を暖色系にして目の疲れを軽減しよう

が、細かく調整できるのは時間帯や色味のみとなっているため、特定アプリ上だけ無効にする、といったカスタマイズ機能は提供されていません。

そこで本記事では、MacのNight Shiftを特定アプリでは無効とするユーティリティ「Shifty」を紹介します。

Night Shift起動の条件を満たしていても、指定したアプリ上では機能を無効にできる他、メニューバーより素早くNight Shiftのオン / オフ切り替えや色味の調整も可能となり便利ですよ。

photo by Matt Neale

スポンサーリンク

MacでNight Shiftを特定アプリでは無効とする方法!

今回紹介するユーティリティ「Shifty」の使い方と特徴について、下記より解説します。

手順①:アプリを入手する

まず、Macに「Shifty」をインストールします。

Mac App Store上にはないサードパーティ製アプリとなるため、公式サイトより直接ダウンロードが必要です。

ダウンロード  Shifty(ダウンロード直リンク)

dmgファイルを展開後、アプリケーションフォルダへ移動させ、

さっそく起動しましょう。

またMacのセキュリティ設定によってはそのまま開けないので、「システム環境設定」より許可が必要です。

詳しくは下記記事をご参照あれ。

関連記事

[Mac]「開発元が未確認のため開けません」を解決しApple Storeにないアプリを開く方法

アプリを起動すると、メニューバーに常駐型のアイコンが表示されるようになります。

手順②:アプリを使いこなす – 基本

メニューバーのアイコンをクリックすると、各種機能が表示されます。

このうち、本記事の主旨である「特定アプリのみNight Shiftを無効にする方法」について、まずは解説します。

機能一覧の中に「Disable for 〇〇」という項目を確認できます。〇〇には現在アクティブになっているアプリが表示され、

例:Finder上で「Shifty」を使った場合。

クリックすることでチェックを入れることが可能です。

例:「Disable for Finder」にチェックを入れてみる。

この状態でNight Shiftを有効にしても、チェックを入れたアプリに画面を切り替えるとNight Shiftが自動でオフとなり、ディスプレイも暖色系の色域から通常の状態へ戻ります。

例:Finderがアクティブになると自動でNight Shiftがオフ状態になる。

無効とするアプリは複数指定でき、各アプリをアクティブにした状態でメニューバーの「Shifty」を表示することで設定状態の確認ができます。

以上の設定をうまく活用することで、Night Shiftが有効となる時間帯であっても、特定アプリのみ機能を自動でオフにして画面表示が可能となり便利です。

手順③:アプリを使いこなす – 応用

最後に「Shifty」で提供されるその他の特徴を解説します。

素早くNight Shiftのオン/オフを切り替える

「Turn on/off Night Shift」をクリックで、素早くNight Shiftのオン / オフを変更できます。

ちなみに、通知センターからも手動で有効 / 無効状態へ切り替えが可能ですが、「Shifty」を使ったほうが速いです。

関連記事

[Mac] 通知センターを完全に停止する方法! メニューバーのアイコンも無効にして受信を防止

Night Shiftの色味を調整する

左右に動くバーを調整することで、Night Shiftの色味を変更できます。

画面録画の仕様上、GIF動画に色味の変化が反映されてないが、実際は調整できている。

コチラも同様に、システム環境設定の「Night Shift」から色味調整が可能ですが、「Shifty」を使ったほうが速いです。

一定時間Night Shiftを無効にする

「Disable for an hour / custom time…」より、一定時間だけNight Shiftを無効にすることができます。

コチラも同様に、システム環境設定の「Night Shift」からスケジュール設定が可能ですが、「Shifty」を使ったほうが速いです。

再起動時に自動で「Shifty」を開く

「Preferences…」を開き、

「Launch Shifty at login」にチェックを入れることで、Macを再起動した際に自動で「Shifty」を開けるようになります。

関連記事

[Mac] 再起動時に自動開始アプリのオン/オフを設定! ログインすると開くアプリを追加/削除しよう

〆:Night Shiftをより便利に使いこなそう!

以上、[Mac] Night Shiftを特定アプリでは無効とする方法! メニューバーから素早く調整もできる の說明でした。

普段からMac標準機能「Night Shift」を活用しているなら、「Shifty」により使い勝手がさらに向上してオススメです。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい