[Mac] アプリをDockにしまう最小化アニメーションの速度やエフェクトを変更する方法

スポンサーリンク

Macのユニークな特徴の1つがアニメーションで、Dock上のアプリウインドウを最小化すると、Dockに向かって萎んでいくように、ウインドウが吸収されていきます。

実はこのアニメーション、ある方法でスピードを超ゆっくりにできたり、エフェクトを変更することができます。

そこで本記事では、その方法についてまとめて紹介します。

スポンサーリンク

Macの最小化アニメーションを超ゆっくりにする方法

まず最初に、Dock上のアプリウインドウを最小化する際のアニメーションの速度(スピード)をゆっくりにする方法です。

「shift」キーを押しながら 最小化ボタンを押すだけ

実は、下準備は何もありません。

単純に、アプリのウインドウにある「最小化ボタン」をクリックする時に、shift を押しながら実行すれば、アニメーションの速度が超ゆっくりになります。

下記がその動画です。

ご覧の通り、超ゆっくりになります。

最小化をショートカットで行うとゆっくりにできない

ちなみに、アプリウインドウを最小化する手段は、上記に挙げた「最小化ボタン」をクリックする他、 command + M を同時押しでも実行できます。

が、このショートカット実施中に shift を同時押ししても、アニメーションはゆっくりにできませんでした

どうやら、アニメーションをゆっくりにするためには、ショートカットではなく、「最小化ボタン」をクリックする手段で、ウインドウを最小化する必要があるみたいです。

Macの最小化アニメーションのエフェクトを変える方法

続いてが、最小化する際のアニメーションの動き(エフェクト)を変化させる方法です。

手順①:Dock設定を開く

「システム環境設定」 → 「Dock」と進みます。

手順②:エフェクトを変更する

後は、「ウインドウをしまうときのエフェクト」より「ジニーエフェクト」か「スケールエフェクト」か選択すればOKです。

ジニーエフェクト

個人的に好きなのが「ジニーエフェクト」。

最小化するとDockにまるで吸い込まれるように萎んでいくアニメーションが特徴です。

スケールエフェクト

よりシンプルなのが「スケールエフェクト」。

ウインドウの四角い形を保ったまま、Dockに向かって小さく畳まれていくアニメーションが特徴です。

〆:気分転換にアニメーションを変化させよう

以上、[Mac] アプリをDockにしまう最小化アニメーションの速度やエフェクトを変更する方法 の説明でした。

気分転換に最小化アニメーションの速度やエフェクトを変えると面白いですよ。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい