[Mac] 「最近使った項目」をDock上に表示して直近で使用したアプリ/書類をすぐに開く方法

スポンサーリンク

Macをお使いであれば、利用頻度の高いアプリはDock上にアイコンを配置しているでしょう。

関連記事

[Mac] Dock上に新しいアプリを追加して起動していない時も常にアイコン表示させる方法

一方で「Dockに配置するほど利用頻度の高くない、最近使ったアプリを再度開きたい」というケースの場合、いちいちアプリケーションフォルダを開き、該当のアプリを起動するのは面倒ですよね?

そんなとき、Macの標準機能である「最近使った項目」を利用すればすぐにアクセスができて便利なのですが、この「最近使った項目」はDock上に専用スペースを設けることができます。

そこで本記事では、Macの「最近使った項目」をDock上に表示して、直近のアプリや書類をすぐに開く方法を紹介します。

「Dock上にない直近で開いたアプリや書類」を再び起動する際に便利なショートカットとなるので、ぜひご覧あれ。

スポンサーリンク

「最近使った項目」をDock上に表示する方法

「最近使った項目」とは?

利用頻度の高いアプリケーションを起動する際、Dock上に配置しているアイコンから起動すると便利ですよね。これはMacユーザーなら誰しも利用している機能でしょう。

一方で、メニューバーより起動できる「最近使った項目」を確認すると、直近で開いたアプリケーションや書類を再び開くことができるショートカット機能を使えます。

Macにインストールされている全てのアプリをDockに配置するとごちゃごちゃして逆に使いづらくなるため、多くの方は利用頻度の高いアプリのみ表示させていると思います。

関連記事

Tab Launcher – MacのDockアプリをグループ毎タブで表示して綺麗に整理できる無料アプリ

そこで「Dockに配置していないけど最近起動したアプリを再び使いたい」というケースの場合、先ほど紹介した「最近使った項目」から辿ると便利ですが、一方でわざわざメニューバーからアクセスするのも面倒ですよね。

そこで「最近使った項目」専用のスペースをDock上に設けることで、欠点である「アクセス性」を克服できる設定方法を下記より說明します。

手順①:ターミナルを起動する

「ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択しましょう。

手順②:コマンドを入力する

ターミナル上に下記コマンドを入力し、 enter で実行します。

成功するとDockに「Recent Applications」という新しいアイコンが追加されます。

これをクリックすると、最近使った10個のアプリケーション一覧が表示されます。

手順③:「Recent Applications」のカスタマイズする

最後に、Dock上に追加した「Recent Applications」をカスタマイズする方法も記載します。

表示形式を「グリッド」か「リスト」か選択

Dock上の「Recent Applications」を右クリックすると、「内容の表示形式」を「グリッド」か「リスト」か選択できます

「リスト」の方がよりスッキリした表示にできます。

「最近使った項目」の表示対象を選択する

「最近使った項目」の表示対象は初期設定では「アプリケーション」となっていますが、同じく右クリックより、表示する「最近使った項目」の対象を変更できます。

例えば「最近使った書類」とすることで、

最近開いた「画像ファイル」や「エクセル」、「PDF」などが一覧で表示されます。

また、例えば「よく使う項目」とすると、

最近使ったメインフォルダを確認できます。

補足:「Recent Applications」を消して元に戻す方法

「Recent Applications」を消して元に戻したいなら、「Dockから削除」を選べばOKです。

〆:「最近使った項目」を確認する一番ラクな方法

以上、[Mac] 「最近使った項目」をDock上に表示して直近で使用したアプリ/書類をすぐに開く方法 の説明でした。

Dock上に配置するアプリケーションが多すぎたり、メニューバーから「最近使った項目」を起動するのが面倒な場合は、Dock上に「最近使った項目」を配置することで、カンタンに起動ができるようになります。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい