Macでスクリーンショットを時間差で撮影する方法! グラブのタイマーで撮りにくい画面も保存しよう

Mac

Macでスクリーンショットを撮影(画面キャプチャ)する際、ショートカットキーの組み合わせが一般的な方法です。

Macでスクリーンショットを撮影する方法! 画面全体/指定範囲/ウインドウをキャプチャしよう
Macでスクリーンショットを撮影する方法、ご存知でしょうか。 大多数の方にとって、スクリーンショットなど普段は利用しないかと思いますが、ボクみたいなブロガーにとっては利用機会も多いかと思います。 実はMacのスクリーンショット撮...

が、撮ろうとしている場面や起動しているアプリによっては、キーボードの組み合わせでは撮影しにくい画面もあります。

そこで本記事では、時間差(例:5秒後の画面を撮影)でスクリーンショットを撮影できるMac標準アプリ「グラブ」を紹介します。

タイマー機能を使うことで、撮りにくい画面も残すことができますよ。

 

グラブ – 使い方

記事中では、macOS 10.13.2搭載のMacBook Pro (2017)を用いて説明しています。

まず、アプリケーション一覧より「ユーティリティ」を開き、「グラブ」を起動します。

「グラブ」起動後、メニューバーより「取り込み」→「タイマーで画面全体」と選択します。

するとタイマーを使った画面撮影となるため、「タイマーを開始」をクリック。

10秒間待つ間に、カメラアイコン右上のタイマーが徐々に赤くなるアニメーションが出ます。

10秒後に自動的に画面全体のスクリーンショットが撮影されるので、後は名前を付けて保存すれば完了です。

「グラブ」のタイマー時間を変更する方法

「グラブ」の初期設定ではタイマーの時間が10秒間となっていますが、ターミナルを使うことで好きな時間へ変更して撮影ができます。

下記よりその手順も說明します。

まずは「ターミナル」を起動します。

アプリケーション一覧より、「ユーティリティ」→「ターミナル」と選択する。

後は、ターミナルで下記コマンドを入力し enter で実行します。

screencapture -T 5 test.jpg

以後、指定した秒数が経った後にスクリーンショットが撮影されるようになります。

上記例は5秒の場合のコマンドですが、”-T”の後ろの数字が「秒数」を示しているため、この数字を好きな数字へ変更することで、撮影時間を自由にカスタマイズできます。

また、数字の後ろが「スクリーンショット画像の名前」を示しているので、この部分も変更することで、保存される名前を調整できます。

保存場所は、自動的にユーザーフォルダ直下へ保存されます。

参考:時間差の撮影方法が活躍する場面

本記事で取り上げている「時間差で撮影する方法」は、「ショートカットキーの組み合わせでは撮影できない画面まで撮影したい」という状況で便利です。

例えば、アプリケーション一覧を右クリックすると様々なメニューが表示されますが、実はこのメニュー上で option を押すと、隠れ項目が表示されます。

ただし、このメニュー表記を撮影するために、通常のキャプチャ撮影のショートカットキーを押そうとすると、 option を離すことになるため撮影ができないのです。

他にも様々なケースがありますが、このようにショートカットキーを同時押しすると表示できない画面を撮影したい時に、「グラブ」を使った時間差撮影は活躍します。

 

補足:そのほかキャプチャ機能を拡張する方法まとめ

Macのスクリーンショット機能は様々なカスタマイズが可能です。

例えば「ターミナル」で指定コマンドを実行すると、スクリーンショットの保存先を変えたり、保存ファイル名を調整できます。

Macでスクリーンショット保存先を変える方法! 撮影した画面キャプチャを好きな場所に置こう
Macでスクリーンショットを撮影する方法はいくつかあり、標準機能では下記3パターンのキャプチャを残すことができます。 画面全体を撮影する: ⌘ + shift + 3 指定範囲のみ撮影する:⌘ + shift + 4 ...
Macでスクリーンショットのファイル名を変更する方法! 保存ネームから日付と時刻を削除しよう
Macでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影すると、保存されるファイル名はデフォルトで下記のように"スクリーンショット"+"年月日"+"時刻"となります。 スクリーンショット 2016-11-12 11.22.56 ...

またChrome拡張機能「Full Page Screen Capture」を使えば、表示中のWebサイト全体のキャプチャ画像を自動で撮影 / 保存できます。

Full Page Screen Capture
Full Page Screen Capture
パソコンで縦長Webページのスクリーンショットを撮影する方法! Chrome画面全体のキャプチャを保存しよう [Windows/Mac]
Macでスクリーンショット(画面キャプチャ)を撮影する方法は様々ですが、基本的にはその時ディスプレイ上で表示している領域しか撮ることはできません。 一方、ブラウザで開いているWebサイトは縦にスクロールして全体を表示するタイプ...

このようなmacOSのスクリーンショット機能をもっと便利に使いこなす情報は、関連記事【Macでスクリーンショット撮影する方法まとめ! 画面キャプチャの豆知識をマスターしよう】で解説しています。

Macでスクリーンショット撮影する方法まとめ! 画面キャプチャの豆知識をマスターしよう
本ブログでも過去、Macの画面スクリーンショット撮影に関わる様々な豆知識を紹介してきました。 Macでは標準機能で撮影できるキャプチャ画像の保存先ディレクトリやファイル名を変更する設定が用意されており、さらに別途アプリを導入することで...

 

〆:難しいキャプチャは「グラブ」を使おう

以上、Macでスクリーンショットを時間差で撮影する方法! グラブのタイマーで撮りにくい画面も保存しよう の説明でした。

「グラブ」はMac標準アプリですが、あまり知名度は高くありません。が、通常では保存が難しい画面の撮影でも、タイマー機能を活用することで解決できることも多く便利です。

時間差でMacのスクリーンショットを撮影したいなら、ぜひお試しあれ。

Mac
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント