SMSや電話番号認証不要でLINEの新規アカウント登録する方法 [iPad / 白ロムスマートフォン]

スポンサーリンク

いまやスマートフォン保有者のほとんどが利用しているアプリ「LINE」。

大変便利なアプリですが、ベッキー騒動等の影響か、年々セキュリティ審査が厳しくなっており、新規アカウントを作成する際は原則電話番号による個人認証が必要となります。

ただ、SMSを受信できないiPadや番号を持たない白ロムスマートフォン等、電話番号認証がどうしてもできないケースも想定されます。

そこで本記事では、SMSや電話番号による認証不要で、LINEの新規アカウント登録をする方法を紹介します。

記事中では、iPadを使った說明をしていますが、それ以外のデバイスでも共通する内容です。

photo by Bhupinder Nayyar

スポンサーリンク

電話番号不要でLINE新規登録をする方法

まず本記事の手法の肝として、LINEのアカウントはfacebookアカウントによる認証で、電話番号を使わず新規作成ができます。

下記よりその手順を說明します。

手順①:新規アカウント登録画面へ

まずLINEアプリを起動し、「新規登録」をタップ。

チュートリアルが表示されますが、そのまま「新規登録」へ進みます。

手順②:facebookアカウントでログインする

続いて利用登録画面が表示され、電話番号の入力が求められますが、無視して「Facebookでログイン」をタップします。

するとfacebookのログイン画面が表示されます。すでにアカウントがあるならログインし、アカウントがないなら「アカウントの作成」へ進みます。

既存のLINEアカウントと紐付いたfacebookアカウントでログインしようとすると、既存のLINEアカウントの情報が削除されてしまうため、まだLINEアカウントと関連付いていないfacebookアカウントを選択するか、なければ新たにfacebookアカウントを作成しましょう。

ログイン時にLINEとの関連付けが求められるので、「〇〇としてログイン」をタップ。

補足:facebookアカウントの作成方法

facebookのログイン画面で「アカウントの作成」を選ぶと、新規アカウント登録画面となります。

偽名でも良いので、「姓名」・「メールアドレス」・「性別」・「誕生日」・「パスワード」を記入し「アカウント登録」へ。

後でメールアドレスに認証コードが届くため、受信できるメールアドレスを登録する必要があります。

登録の中で「アカウントの安全を確保」のため電話番号の入力が求められますが、無視して次へ進むことができます。

先ほど登録したメールアドレスに認証コードが届くので入力します。

最後に「アカウントが確認されました」と画面に表示されれば、facebookアカウントの新規登録は完了です。

後は先ほどのfacebookログイン画面に戻り、作成したアカウントでログインします。

手順③:LINE側でも個人認証をする

facebookによるログインが完了すると再びLINE画面へ戻り、LINEアカウントの名前を登録します。

これでようやくLINEのトップ画面となりました!

最後に作成したLINEアカウントに、メールアドレスとパスワードを登録する必要があります。

先ほどのfacebookアカウントとは別のメールアドレスでも登録できますが、後でメールアドレスに認証コードが届くため、ここでも受信できるメールアドレスを登録する必要があります。

すぐに登録したメールアドレスに認証コードが届くので、入力します。

以上で完了です。

電話番号なしで新しいアカウントを作成できた!

作成したアカウントは通常のLINEと同様に、メッセージをやり取りできます。

facebookの新規登録は複数アカウント登録と見なされる基準が厳しいため(IPアドレスによる審査等)、無限にLINEアカウントを作成するのは困難だと思われます。

ただ、iPadや白ロム(番号なし)スマートフォンなど、SMSを受信できないデバイスでLINEアカウントを1つ作成する程度であれば、十分活用できる手法となります。

〆:番号がなくても諦めずLINE登録してみよう!

以上、SMSや電話番号認証不要でLINEの新規アカウント登録する方法 [iPad / 白ロムスマートフォン] の說明でした。

最近はMVNO(格安SIM)も普及し、データ専用SIM等で電話番号を持たないスマートフォンやタブレットを利用している人も多いと思います。

そのような使い方でも、今回の方法であれば電話番号不要でLINEの新規アカウント登録ができます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい