LINE関連の便利な豆知識まとめ! 裏ワザ的な方法でiPhone/Androidのラインを使いこなそう

LINE

本ブログでも過去、「LINE」アプリに関わる豆知識を色々と紹介してきました。

最早スマートフォンで必須ともいえる同アプリですが、他SNSサービス(例:twitter / facebook)と比較してアカウント管理やファイルバックアップに独特の制約があるため、LINEの特徴を把握することでより使い勝手を向上できます。

そこで本記事では、「LINEをもっと上手に使う方法」をテーマに、過去当ブログで取り上げた豆知識をまとめて紹介します。

LINEの基本ルールを突破する裏ワザから、IFTTTと連携した通知の自動化まで、幅広い情報を載せているので、ぜひご覧あれ。

photo by Jon Russell

 

LINEをもっと便利に使う豆知識まとめ!

本記事では、LINEアプリを使う上で知ってると便利な豆知識を說明しています。

下記より順番に解説しています。

 

LINEデータをバックアップ/復元する方法:まとめ

LINEはAndroid版とiPhone版それぞれで提供されますが、バックアップ手段は異なります。

iPhoneでLINEデータをバックアップする

iPhone版LINEでは、オンラインストレージサービスの「iCloud」上に全てのトーク履歴を一括でバックアップできます。

復元できるタイミングが新しいLINEの初期設定時点のみ、という注意点もありますが、普段のバックアップはiCloudで自動化できるため、使いやすい便利な機能となっています。

関連記事

[iOS] LINEの全トークルームの履歴をiCloudに一括バックアップする方法! 新iPhoneに引き継ごう

AndroidでLINEデータをバックアップする

Android版LINEの場合、トーク履歴をバックアップする方法は2種類あります。

①:Googleドライブにバックアップする

②:ローカル上にバックアップする

①の方法なら、接続中のGoogleドライブへ全トークルームの履歴を一括バックアップ可能でカンタンです。

関連記事

[Android] LINEの全トークルームの履歴をGoogleドライブに一括バックアップ/復元する方法

②の方法だと、各トークルームごと個別のバックアップ作業が必要となるため面倒ですが、Zipファイルとしてバックアップデータを管理できるため、万が一に備え大切なトーク履歴を確実に残すことができます。

関連記事

[Android] LINEのトークルームの履歴をローカルにバックアップする方法! 写真やスタンプもまとめて保存/復元しよう

AndroidとiPhone間でLINEアカウントを引き継ぐ

上記で紹介したバックアップ方法は、あくまで同OS間の移行を想定したバックアップとなり、AndroidとiOSというOSをまたぐアカウント変更には対応していません。

トーク履歴を残す代替手段として、別途「テキストファイル」として個別にバックアップする方法があります。

写真やスタンプまで残すことはできませんが、大切なメッセージ内容は異なるOSからでも表示可能です。

関連記事

AndroidとiPhone間でLINEアカウントを引き継ぐ方法! トーク履歴データをバックアップ/復元しよう

 

スマートフォン不要でLINEアカウントを作成する方法:まとめ

LINEはスマートフォンを持っていなくても、タブレット版・パソコン版のLINEアプリから新規アカウント作成が可能です。

タブレットだけでLINEアカウントを作る

スマートフォンがなく、タブレット(iPad / Androidタブレット)しかない場合でも、下記2パターンでLINEアカウントを新規作成可能です。

電話番号による認証でアカウントを登録する

facebookによる認証でアカウントを登録する

電話番号はガラケーや固定電話も含まれますし、もし番号がなければfacebookアカウントで認証もできます。

関連記事

スマートフォン不要でタブレットからLINEアカウントを作成する方法! ガラケーや固定電話でiPad版から登録しよう

パソコンだけでLINEアカウントを作る

スマートフォンがなく、パソコン(Windows / Mac)しかない場合でも、下記方法でLINEアカウントを新規作成可能です。

電話番号による認証でアカウントを登録する

パソコンで作成したアカウントは、後でスマートフォン版LINEへ移行もできるので、将来的にスマートフォンを使うようになっても、スムーズにアカウント移行できて安心です。

関連記事

スマートフォン不要でPCからLINEアカウントを作成する方法! ガラケーや固定電話でパソコン/Chrome版から登録しよう

 

LINEのアカウントルールを突破する方法:まとめ

LINEアカウントには基本原則として下記3点があります。

同じLINEアカウントは複数端末で同時ログインはできない

同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない

アカウントは「電話番号」で識別され、1番号につき作成できるLINEアカウントは1つだけ

この基本ルールを破ろうとすると、最悪の場合、LINEアカウントのデータが強制初期化となります。

ただ、下記に挙げるような手段でこの制約を突破できるケースがあります。

同アカウントを複数端末で同時ログインする

同じLINEアカウントは複数端末で同時ログインはできない

という原則はスマートフォン向けアプリに適用され、例外として下記3種別のLINEアプリを使用すれば「同じLINEアカウントで複数端末に同時ログイン」を実現できます。

iPad版LINE

パソコン版LINE

Chrome版LINE

それぞれで排他制御はかからないため、例えば「スマホ版 / iPad版 / パソコン版 / Chrome版」の各LINEアプリで同時に同じアカウントを使用することも可能です。

全て同じLINEアカウントでログインした状態の例。

どのパターンも、メインで使用するスマートフォン以外にiPadかパソコンが必要になりますが、公式で認められている方法です。

関連記事

同じLINEアカウントを複数の端末で使う方法! トーク内容を別々のデバイスから確認しよう

同アカウントを複数スマートフォンで共有する

同じLINEアカウントは複数端末で同時ログインはできない

という原則があるため、複数のスマートフォンで同LINEアカウントのトーク内容を確認することは不可能です。

そこで、複数のスマートフォンでそれぞれLINEのアカウントを取得し、トークを共有したい相手とグループを組むことで、トーク内容を2アカウントから確認できるようになります。

かなり無理やりの力技ですが、上記環境を構築することで、1台のスマートフォンから両アカウントに届くLINE通知を確認できるようになります。

関連記事

複数のスマホでLINEトークを共有する方法! 2台目のiPhone/Androidで同時に使用しよう

同じ端末で複数LINEアカウントを切り替える(iOS/Android対応)

同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない

という原則は、LINEアプリのバックアップ機能を応用すれば、トーク履歴を維持したまま同スマートフォン上で複数アカウントを切り替えることができます。

そもそもLINEには「ログアウト」という概念がなく、「アカウント」設定上も「アカウント削除」しか選べませんが、

LINEアプリを削除(アンインストール)した後、再インストールする

を実行すれば強制的にログアウトでき、2つ目のアカウントへログインできます。

手順はかなり面倒ですが、1台のスマートフォンで2つのLINEアカウントを使い分けたい場合は今回の方法が便利です。

関連記事

同じ端末で複数LINEアカウントを使う方法! 1台のiPhone/Androidで2つのIDにログインしよう

同じ端末で複数LINEアカウントに同時ログインする(Androidのみ対応)

同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない

という原則は、下記2点が理由となります。

1つのLINEアプリにつきログインできるアカウントは1つまで

1台のスマートフォンで同じアプリを複数インストールできない

そこでAndroid向けアプリ「並行世界」を使えば、オリジナルとは別に「2つ目のLINEアプリ」を再現できるため、1台のAndroid上で2つのLINEアプリ(=2つのLINEアカウント)を同時に動かすことが可能となります。

両アカウントをそれぞれリアルタイムに運用できるため、新着通知も同時に受け取れます。

ただLINE非公式のワザとなるため、初期化のリスクもある諸刃の剣です。

関連記事

同じ端末で複数LINEアカウントを同時に使う方法! 1台のAndroidで2つのIDにログインしよう

電話番号の登録不要で新規アカウントを作る

アカウントは「電話番号」で識別され、1番号につき作成できるLINEアカウントは1つだけ

という原則は、例外としてfacebookアカウントによる認証で、電話番号を使わずLINEアカウントを新規作成することで突破できます。

この方法を使えば、例えば電話番号を持たないWi-Fi版タブレットや、データ専用の格安SIMを使用している場合でも、LINEアカウントを取得可能です。

関連記事

LINEで複数アカウントを作成する方法! SMS契約や電話番号認証不要で2つ目を登録できる [iPad/白ロム/格安SIM]

 

LINEで既読をつけずに内容を確認する方法:まとめ

LINE特有の機能として、メッセージを送った相手が内容を開いたかを確認できる「既読」機能があります。

様々な事情で既読をつけずに内容をチェックしたいニーズがあり、iPhone版 / Android版それぞれで実現する方法があります。

iPhoneでLINE通知の未読を維持する

iPhone版LINEでは、3つの方法で既読をつけずにメッセージの内容を確認できます。

機内モードの状態で確認する

通知のバナーで確認する

3D Touchでトーク内容を確認する

通知のバナーで確認する画面例。

どの方法でも未読状態を維持したまま通知をチェックできますが、それぞれ弱点もあるため、状況に合わせて上手に使いこなすことが求められます。

関連記事

iOS版LINE通知で既読をつけずに内容を確認する方法! iPhoneで未読のまま長文もチェックできる

AndroidでLINE通知の未読を維持する

Android版LINEでは、3つの方法で既読をつけずにメッセージの内容を確認できます。

機内モードの状態で確認する

通知のポップアップ画面で確認する

専用のアプリ「無既読」画面で確認する

「無既読」アプリの画面例。LINEのオリジナル画面と比較しても大きな違いはない。

どの方法でも未読状態を維持したまま通知をチェックできますが、それぞれ弱点もあるため、状況に合わせて上手に使いこなすことが求められます。

関連記事

Android版LINE通知で既読をつけずに内容を確認する方法! 未読のまま写真もチェックできる

 

LINEとIFTTTを連携させた自動化設定の方法:まとめ

自動化アプリ「IFTTT」とLINEを連携させることで、様々な通知を全てLINEにまとめることができます。

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

Gmailの受信メールをLINEに転送する

IFTTTと連携して、Gmailに届くメールを全てLINEに通知をさせる設定が可能です。

具体的には、IFTTT側で下記のようなレシピを作成します。

トリガーチャンネル:Gmail

トリガー:Any new email in inbox(Gmailに新着メールが届いたら)

アクションチャンネル:LINE

アクション:Send message(LINEに通知する)

ドコモメールからGmailへ届いた内容がLINEへ通知された画面例。

関連記事

Gmailの受信メールをLINEに転送する方法! IFTTTと連携して自動で通知できる

twitterのエゴサーチ結果をLINEに通知する

もしtwitterでエゴサーチをしていて、毎回決まったキーワードで検索をしているなら、IFTTTと連携して、エゴサーチ結果を自動化にLINEで通知する設定方法が可能です。

具体的には、IFTTT側で下記のようなレシピを作成します。

トリガーチャンネル:Twitter

トリガー:New tweet from search

Search for:検索語句 -from:@アカウントID

アクションチャンネル:LINE

アクション:Send message

twitter上で第三者が指定したキーワードをつぶやくと、自動的にLINEで通知されるようになる。

関連記事

IFTTTとLINEを連携させてtwitterのエゴサーチ結果を自動化に通知する方法 [iPhone/Android]

 

その他LINEで知ってると便利な方法:まとめ

その他、LINEに関わる豆知識を記載します。

LINEでGIFアニメーションを共有/保存する

アニメーション動画(GIF動画)は、LINEの「アルバム」上では対応していませんが、通常のトークルームや「ノート」機能で相手へ共有することができます。

トーク上であれば共有 / 保存ができる。

関連記事

LINEでGIFを共有する方法! iPhone/Android上で動画をアニメーション変換して保存しよう

LINEの通知音をオリジナル音源へ変更する(Androidのみ)

Android版LINEであれば、個別に用意したオリジナルなBGMを通知音として設定できます。

関連記事

[Android] スマートフォンやタブレットの着信音や通知音をオリジナル音源に変更する方法

一方iPhone版LINEでは、本体に入れた音源をオリジナル通知音として設定できない仕様があるため、この方法でLINEの音源をカスタマイズすることはできません

関連記事

[iOS] 着信音や通知音をオリジナル音源に変更する方法! 好きなサウンドを設定しよう [iPhone/iPad]

LINEでダウンロードするファイルの保存先を変える

Android版LINEからダウンロードしたファイルは種別ごとLINE専用フォルダへ自動保存され、フォルダを変更することはできません。

【例】:

写真:本体ストレージ/Pictures/LINE

動画:本体ストレージ/Pictures/LINE_MOVIE

バックアップデータ:本体ストレージ/LINE_Backup

そこでAndroid向けアプリ「FolderSync」を使って、擬似的にダウンロード先をSDカードや内部ストレージの好きな場所へ変更できます。

FolderSync
FolderSync
Developer: Tacit Dynamics
Price: Free

例えばLINEからダウンロードした動画を自動でSDカード内へ移すことができる。

設定手順に慣れるまでハードルはありますが、「FolderSync」を使ってダウンロード先を自由にコントロールできます。

関連記事

LINEでダウンロードする全ファイルの場所を変更する方法! 写真/動画/バックアップデータをSDカードへ直接保存しよう [Android]

 

〆:LINEを使いこなそう!

以上、LINE関連の便利な豆知識まとめ! 裏ワザ的な方法でiPhone/Androidのラインを使いこなそう の説明でした。

記事中でも触れた通り、LINEは「異なるOS間でデータ引き継ぎが完全にできない」・「複数端末で同アカウントにログインできない」など、他SNSサービスにはない独特のルールが存在します。

今回紹介した関連記事の中には、それら原則を突破する手段も解説しているので、ぜひご参考あれ。

LINE
おるくす

会社員兼業ブロガー。ガジェットネタと旅ネタを中心としたブログ「あっとはっく」を主宰し、日々役立つ(?)情報やどうでもいい情報を発信中。夢は現代版スナフキン。横浜出身のO型。

おるくすをフォローする
おるくすをフォローする

関連記事

あっとはっく

コメント