スマートフォンのテザリング機能特徴まとめ! Wi-Fi/Bluetooth/USB接続のメリットとデメリット

スポンサーリンク

スマートフォンとPCで「テザリング」接続機能を使っていますか?

外出先でPCをネットへ繋げたい時、公共無料Wi-Fi環境がない状況下でも、スマートフォンのモバイルデータ通信機能をテザリングによってPCでも使えるようになるため、大変便利な機能です。

ただ、テザリングには大きく3つの種類があり、それぞれメリット/デメリットがあるため、状況によって使い分けるのが理想です。

Wi-Fiテザリング / Bluetoothテザリング / USBテザリング

そこで本記事では、3つのテザリング機能について、各特徴をまとめました。

テザリングの基本的な情報も合わせて掲載しているので、ご覧あれ。

photo by Glenn3095

スポンサーリンク

Wi-Fi/Bluetooth/USBテザリングの特徴まとめ!

下記より、まずテザリングの基本情報を紹介した後、Wi-Fi/Bluetooth/USBテザリングの各特徴をまとめて說明します。

テザリングって何?

まず「テザリング」機能の基本的な說明です。

「テザリング」機能によって、外出先でもスマートフォンをアクセスポイント(親機)として、パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)をネットにつないで楽しめます。テザリングの種類(スマートフォンと外部機器の接続方法)はWi-Fi/Bluetooth/USBの3種類あり、利用シーンに応じて使い分け可能です。 引用 NTTドコモ – テザリング

要するに、スマートフォンがWi-Fiルーターの代わりとなり、PCやゲーム機などをネット接続できるようにする機能が「テザリング」と認識してもらえればOKです。

テザリング時はスマートフォンのデータ利用量に要注意!

テザリング機能によりスマートフォンがWi-Fiルーターの代わりとなるため、外出先ではもちろん、自宅にいる時もお手持ちのスマートフォンの通信機能を使ってPCをネット接続することができます。

ただしこの場合、スマートフォンのデータ利用量に要注意です。

PCで動画を長時間視聴したり、容量の大きいファイルのダウンロードを繰り返し行うと、その分必要となる通信量を膨大となります。

本来そのような作業は通信量を気にする必要のない固定回線環境下で行うべきですが、もしスマートフォンのテザリング機能を使って実施すると、スマートフォンのデータ利用量が毎月のデータ上限にすぐ達してしまう恐れがあります。

まとめ:テザリングの特徴を理解した上で賢く活用しよう!

以上より、スマートフォンさえあれば別途Wi-Fiルーターを持ち歩く必要なく、いつでもどこでもテザリング機能によってPCをネット接続することができます。

一方で、PCは使用するデータ利用量が大きいため、スマートフォンの通信上限量を圧迫するリスクもあり、注意が必要です。

それでも特に外出先でPCを利用する際に、スマートフォンのテザリング機能は非常に有用なので、リスクを理解した上で賢く活用できるのが理想ですね。

そして、スマートフォンのテザリング機能には大きく3種類の接続方法があります。

Wi-Fiテザリング / Bluetoothテザリング / USBテザリング

下記より各接続方法の特徴を說明します。

掲載するメリット/デメリットの特徴は、あくまで「Wi-Fiテザリング / Bluetoothテザリング / USBテザリング」を比較した際の相対的な尺度となっています。

Wi-Fiテザリング:最も使いやすいテザリングの代表格!

1つ目の接続方法が「Wi-Fiテザリング」です。

特徴として、カンタンに接続でき、スピードも十分速い方法であるため、最もオーソドックスなテザリング接続方法です。

メリット①:速度

3つの接続方法の中で、スピードは十分速いです。

ネット上の調査報告によっては、「USBテザリングの方が速い」という声が優勢ですがその差は僅かで、Bluetoothテザリングに比べれば十分のスピードとなります。

メリット②:準備するモノ

スマートフォンとPCを無線で接続するため、両デバイス以外に別途必要なモノ(ケーブル等)はありません。

メリット③:デバイスの距離

3つの接続方法の中で、最もスマートフォンとPCの距離が離れていても接続可能な方法です。

メリット④:接続台数

3つの接続方法の中で、唯一、1台のスマートフォンに対し、複数台のPC類を同時に接続させることができます(接続可能な上限数あり)。

デメリット①:バッテリー

3つの接続方法の中で、最もスマートフォン側のバッテリー負担が大きい方法です。

従って、スマートフォンを充電しながら接続したり、または電池がなくなっても問題ないシチュエーションで利用するのが理想です。

デメリット②:セキュリティ

周囲にいる人のデバイス上からも、無線ネットワーク名(SSID)が見えてしまうため、個人情報の流出や、不正アクセスのリスクがあります。

デメリット③:初期設定

スマートフォン側でWi-Fiテザリングをオンにしても自動的に接続されるわけではなく、PC側でパスワード入力等の初期設定が必要です。

Wi-Fiテザリングの接続方法

具体的なWi-Fiテザリングの接続方法は別記事で詳細にまとめています。ご覧あれ。

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでWi-Fiテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

Bluetoothテザリング:バッテリー消費が少ない接続方法!

2つ目の接続方法が「Bluetoothテザリング」です。

特徴として、最もバッテリーの消費が少ない方法であるため、外出先で充電環境がない中、長時間ネット接続したい時オススメです。

メリット①:バッテリー

3つの接続方法の中で、最もバッテリー負担が少ない方法です。

スマートフォン側・PC側ともに電池を節約しながらネット接続できるため、外出先で充電できない環境下でオススメな方法です。

メリット②:セキュリティ

スマートフォン1台に対しPC1台のみ接続可能であるため、個人情報の流出や不正アクセスのリスクは小さいです。

メリット③:準備するモノ

スマートフォンとPCを無線で接続するため、両デバイス以外に別途必要なモノ(ケーブル等)はありません。

メリット④:デバイスの距離

Wi-Fiテザリングには劣りますが、無線で接続するため、スマートフォンとPCの距離がある程度離れていても接続可能な方法です。

デメリット①:速度

3つの接続方法の中で、最もスピードが遅いです。

ただしバッテリー消費は少ないため、外出先で長時間ネット接続がしたい、という状況下で活躍する接続方法となります。

一方で、動画閲覧やファイルダウンロードをPCで行う際には向かないでしょう。

デメリット②:初期設定

テザリング接続のために、事前にスマートフォンとPCとを「ペアリング」しておく初期設定が必要です。

デメリット③:接続台数

スマートフォン1台に対しPC1台のみ接続可能であるため、複数台同時にネット接続することはできません。

Bluetoothテザリングの接続方法

具体的なBluetoothテザリングの接続方法は別記事で詳細にまとめています。ご覧あれ。

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでBluetoothテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

USBテザリング:長時間の安定的な通信に最適な接続方法!

3つ目の接続方法が「USBテザリング」です。

特徴として、唯一スマートフォンとPCを有線接続する方法であるため、安定的な通信速度を実現したい時オススメです。

メリット①:速度

3つの接続方法の中で、最もスピードが速く、かつ安定した通信速度を実現できます。

瞬間速度をスポットで測定すると、ほぼWi-Fiテザリングと大差ありませんが、有線接続により安定した通信を可能にするため、長時間・安定的な速度で利用できます。

メリット②:セキュリティ

スマートフォン1台に対しPC1台のみ接続可能であるため、個人情報の流出や不正アクセスのリスクは小さいです。

メリット③:初期設定

USBケーブルさえ用意できれば、スマートフォンとPCを有線接続するだけで、すぐにネット接続できるケースが多いです。

スマートフォンの機種やPCのOSによっては、事前準備が必要な場合もあり。

デメリット①:バッテリー

USBケーブルにより、接続中は常にPCからスマートフォンへ給電されるため、スマートフォンの電池負担が少ない一方、最もPC側のバッテリー負担が大きい方法です。

また給電される側のスマートフォンもテザリング機能を使いながらであるため、電池に余裕があるわけではありません。

従って、充電できる環境下で安定的な通信をしたいとき、有用な接続方法と言えます。

デメリット②:準備するモノ

3つの接続方法の中で唯一有線接続のため、別途USBケーブルを用意する必要があります。

従って、普段からケーブルを持ち歩いていないと、外出先で突発的にネット接続したい場合に対応することができません。

デメリット③:デバイスの距離

3つの接続方法の中で唯一有線接続のため、スマートフォンとPCの距離はケーブルで繋げられる長さが限界となります。

デメリット④:接続台数

スマートフォン1台に対しPC1台のみ接続可能であるため、複数台同時にネット接続することはできません。

USBテザリングの接続方法

具体的なUSBテザリングの接続方法は別記事で詳細にまとめています。ご覧あれ。

関連記事

[Android] スマートフォンとMacでUSBテザリングする方法 [Xperia/Galaxy/Nexus]

3つのテザリング接続方法の特徴まとめ

以上より、普段は「Wi-Fiテザリング」で接続を行い、充電できる環境下で安定した通信をしたい場合に「USBテザリング」を、残りバッテリーが僅かでネット接続したい場合は「Bluetoothテザリング」をオススメします。

名称Wi-FiテザリングBluetoothテザリングUSBテザリング
速度★★★★★
バッテリー
※スマホ側の負担大
★★★★★
※PC側の負担大
※スマホに給電可
セキュリティ
※不特定多数の接続リスク有
★★★★★★
準備するモノ★★★★★★
※USBケーブル要
デバイスの距離★★★
※無線接続
★★
※無線接続

※有線接続
初期設定
※パスワード入力要

※ペアリング設定要
★★★
接続台数★★★
※複数台可

※1台のみ

※1台のみ

〆:テザリングは超便利! ぜひ使いこなそう

以上、スマートフォンのテザリング機能特徴まとめ! Wi-Fi/Bluetooth/USB接続のメリットとデメリット の說明でした。

スマートフォンのテザリング3種別の特徴を理解した上で、うまく使いこなせれば超便利な機能となります。

一方、記事前半で紹介した通り、テザリングはデータ利用量使いすぎのリスクがあるため、十分注意しましょう。

「テザリングでどの接続をすればいいか分からない!」と悩んでいる方は、ぜひご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい