Twitterの書類とデータを削除する方法! X(旧:ツイッター)のキャッシュを消してストレージ容量を減らそう

スポンサーリンク
ツイッター

本記事では、X(旧:Twitter)でたまってる書類とデータを消す方法を解説します。

スマートフォンのストレージ容量を圧迫して困っていれば、ぜひどうぞ。

この記事はiPhone向けです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツイッターの書類とデータを消去する方法

設定のアイコン設定アプリの 一般iPhoneストレージ で、空き容量を確認できます。

ツイッターの書類とデータを消去する手順1

(左)一般 (右)iPhoneストレージ

XのアイコンX(旧:Twitter)の「書類とデータ」だけで、数GBを占めてるケースがあります。

これはキャッシュがたまってるのが原因です。

【キャッシュとは?】 – 一時的に保存しておくデータのこと。ツイッターの場合、読み込んだテキストや画像をスムーズに再表示するため、備えとして保存されるもの。
ツイッターの書類とデータを消去する手順2

(左)Xを選択 (右)書類とデータの容量が出る

「書類とデータ」を削除する方法として、アプリの削除&再インストールが有効です。

XのアイコンX(旧:Twitter)をアンインストールする影響です↓↓

消えないデータ 消えるデータ
  • 過去のツイート(ポスト)
  • 過去のいいね
  • フォロー/フォロワー
  • ブックマーク
  • リスト
  • ログイン状態
  • ツイート(ポスト)の下書き
再インストール後にログインが必要なので、アカウントのユーザー名・パスワードを確認してください。また大切なツイートの下書きは、別の場所にメモしておきましょう。

まずホーム画面にあるXのアイコンXアイコン長押しで、アプリを削除 します。

ツイッターの書類とデータを消去する手順3

Xをアンインストールする

次にXのアイコンX(旧:Twitter)を再インストールします。

‎X
‎X
開発者: X Corp.
金額: 無料+
ツイッターの書類とデータを消去する手順4

Xを再びインストールする

ログイン状態がリセットされているので、再ログインが必要です。

ツイッターの書類とデータを消去する手順5

アカウントにログインする

これでXのアイコンX(旧:Twitter)の「書類とデータ」が、かなり減ります。

ツイッターの書類とデータを消去する手順6

書類とデータの容量が減った

 

補足:Twitterアプリ内でキャッシュデータを消す方法

Androidとは異なり、iPhoneはアプリのキャッシュを個別に削除できないため、アプリごと再インストールが必要となります。

なおネット上の情報では、XのアイコンX(旧:Twitter)アプリ内からストレージを減らす手順が紹介されてますが、あまり効果はありませんでした。

(左)設定とプライバシー (右)アクセシビリティ、表示、言語

(左)データ利用の設定 (右)ストレージ

ストレージから削除

 

〆:Twitterの容量を減らそう!

以上、Twitterの書類とデータを削除する方法! X(旧:ツイッター)のキャッシュを消してストレージ容量を減らそう の説明でした。

XのアイコンX(旧:Twitter)をそれなりに使っていると、「書類とデータ」は大きくなりがちです。

一度、アプリを再インストールするとリセットされてるので、ぜひお試しあれ。

関連記事 インスタの書類とデータを削除する方法

関連記事 YouTubeの書類とデータを削除する方法

ツイッター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました