LINEの書類とデータを削除する方法! ラインのキャッシュを消してストレージ容量を減らそう

スポンサーリンク
LINE

本記事では、LINEでたまってる書類とデータを消す方法を解説します。

スマートフォンのストレージ容量を圧迫して困っていれば、ぜひどうぞ。

この記事はiPhone向けです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラインの書類とデータを消去する方法

設定のアイコン設定アプリの 一般 → iPhoneストレージ で、空き容量を確認できます。

ラインの書類とデータを消去する方法1

(左)一般 (右)iPhoneストレージ

LINEのアイコンLINEの「書類とデータ」だけで、数MB〜GBを占めてるケースがあります。

これはキャッシュがたまってるのが原因です。

【キャッシュとは?】 – 一時的に保存しておくデータのこと。LINEの場合、読み込んだトークやスタンプ画像などをスムーズに再表示するため、備えとして保存されるもの。
ラインの書類とデータを消去する方法2

(左)LINEを選択 (右)書類とデータの容量が出る

「書類とデータ」を削除する方法として、アプリの削除&再インストールが有効です。

LINEのアイコンLINEをアンインストールする主な影響です↓↓

消えないデータ 消えるデータ
  • 自分のプロフィール情報
  • スタンプ、着せかえ
  • 友だち
  • アルバムの写真、ノート、Keep
  • トーク履歴
    ※バックアップすれば復元可能
再インストール後にログインが必要なので、登録している電話番号・パスワードを確認してください。またトーク履歴の事前バックアップを忘れずに実施しましょう。
ラインの書類とデータを消去する方法3

トークのバックアップを忘れずに

まずホーム画面にあるLINEのアイコンLINEアイコン長押しで、アプリを削除 します。

ラインの書類とデータを消去する方法4

LINEをアンインストールする

次にLINEのアイコンLINEを再インストールします。

‎LINE
‎LINE
開発者: LINE Corporation
金額: 無料+
ラインの書類とデータを消去する方法5

LINEを再びインストールする

ログイン状態がリセットされているので、再ログインが必要です。

バックアップしたトーク履歴も復元しましょう。

ラインの書類とデータを消去する方法6

(左)アカウントにログインする (右)トーク履歴を復元する

これでLINEのアイコンLINEの「書類とデータ」が、かなり減ります。

ラインの書類とデータを消去する方法7

書類とデータの容量が減った

 

〆:LINEの容量を減らそう!

以上、LINEの書類とデータを削除する方法! ラインのキャッシュを消してストレージ容量を減らそう の説明でした。

LINEのアイコンLINEをそれなりに使っていると、「書類とデータ」は大きくなりがちです。

一度、アプリを再インストールするとリセットされてるので、ぜひお試しあれ。

関連記事 Twitterの書類とデータを削除する方法

関連記事 YouTubeの書類とデータを削除する方法

関連記事 Instagramの書類とデータを削除する方法

関連記事 Safariの書類とデータを削除する方法

関連記事 Chromeの書類とデータを削除する方法

関連記事 iCloud Driveの書類とデータを削除する方法

LINE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました