XperiaのWhat's Newを無効化する方法! ソニーのいらないアプリ通知を強制的に消そう

スポンサーリンク
Android

この記事では、What's NewアプリのアイコンWhat’s Newをはじめ、Xperiaシリーズにプリインストールされるアプリを無効化および削除する方法を解説します。

いらないと感じていれば、ぜひ参考にして下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Xperiaの不要アプリを止める方法

本パートでは、具体的にXperiaの不要アプリを無効化 or 削除する手順を解説します。

説明の流れ
  • 前提
    What's Newとは? -無効にするメリット/デメリット-
  • 説明
    ソニーのプリインアプリを強制的に無効化・削除する方法
  • 参考
    What’s Newの設定から通知を非表示へ変更する方法

前提:What’s Newとは? -無効にするメリット/デメリット-

What's NewアプリのアイコンWhat’s Newは、Xperiaシリーズにプリインストールされる標準アプリの1つです。

かつては、新しいテーマやアプリ更新に関する最新情報を知らせる役割がありました。

What's Newアプリの説明

新しいテーマに関する通知の例。

ただ2019年頃にサポートが終了となり、現在では起動しても「What’s Newはサービスを終了しました」と表示されます。

What's Newのサービス終了に関する説明

ホーム画面にアイコンは残るが、起動しても終了メッセージが表示される。

サービス終了後のWhat's Newの役割に関する説明

引き続き「標準アプリの更新管理」という役割は担っている。

今まで以上に存在意義が薄れているため、できれば消したいと感じるユーザーも多いでしょう。

残念ながらWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newは、プリインストールの中でも”無効化”ができない特別なアプリに分類されるため、標準設定だけで止めることはできません。

What's Newは通常の無効化ができない説明

アプリ情報を開いても、”無効化”メニューがグレーアウトされ選択できない。

一方、パソコンのadb環境さえあれば、比較的カンタンな操作でWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newを無効化またはアンインストールが可能です。

本記事では、この手順を中心に解説をしています。

Xperiaのプリインストールアプリのうち、通常は無効化できないXperiaアシストのアイコンXperiaアシストやスタイルカバーのアイコンスタイルカバーについても、同じ流れで無効化or削除が可能です。

なおWhat's NewアプリのアイコンWhat’s NewはXperia標準アプリの更新管理という役割があり、無理やり機能を停止することで不都合が生じるリスクもあります。

What's Newを無効化する留意点

Playストアには存在せず、What’s Newからしか更新できないアプリがある。

その他、XperiaアシストのアイコンXperiaアシストやスタイルカバーのアイコンスタイルカバーなども、通常は消されることを想定した作りとなっていないため、予期せぬ不具合を招く可能性もあります。

実行については、くれぐれも自己責任で判断して下さい。

ソニーのプリインアプリを強制的に無効化・削除する方法

ここまで説明したとおり、What's NewアプリのアイコンWhat’s Newをはじめとする、Xperiaの一部プリインストールアプリは、標準設定だけで止めることはできません。

一方、パソコンのadbコマンドを使用すれば、この制約を突破して無効化 or 削除することが可能です。

次の順番で説明します。

  1. パソコンのadb環境を用意する
  2. 無効化or削除したいアプリのパッケージ名を調べる
  3. adbコマンドでアプリを無効化する
  4. adbコマンドでアプリをアンインストールする

1. パソコンのadb環境を用意する

お使いのパソコンでadbコマンドを使用できる環境を用意して下さい。

Windows・Macそれぞれにおける手順は関連記事で解説しています。

Windowsでadbコマンドを使う方法! Android SDKを入れてパソコンのコマンドプロンプトから操作しよう
この記事では、Windows PCでadbコマンドを使う方法を解説します。
Macでadbコマンドを使う方法! Android Studioを入れてmacOSのターミナルから操作しよう
この記事では、Macでadb環境をインストールする方法を解説します。 何かの操作で「adb環境が必要と言われた!」なら、ぜひ本記事をご覧あれ。 本記事はMac向けの内容です。Windowsユーザーの方は、 ...

またパソコンとAndroidを接続するケーブルも必要です。

XperiaのUSB端子の形状(micro USB / Type C)に合わせ用意しましょう。

さらにAndroid設定アプリのアイコン設定の システム から 開発者向けオプション を開き、USBデバッグを有効にして下さい。

開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にする手順

2. 無効化or削除したいアプリのパッケージ名を調べる

adbコマンドを実行する際、対象アプリのパッケージ名を指定する必要があります。

【パッケージ名とは?】 – アプリごと決められたユニークな文字列(=アプリケーションID)のこと。パッケージ名が異なれば、たとえアプリの名称は同じでも、別アプリとして認識される。

▼パッケージ名の一例

アプリ名パッケージ名
What's Newアプリのアイコン
What’s New
com.sonymobile.entrance
Xperiaアシストのアイコン
Xperiaアシスト
com.sonymobile.assist
スタイルカバーのアイコン
スタイルカバー
com.sonymobile.coverapp2
同じアプリでも、バージョンが違うとパッケージ名も異なる場合があります。Xperiaシリーズによって、アプリバージョンに差分があるため、お使いの端末で調べてみることをオススメします。

パッケージ名の調べ方はいろいろあり、例えばAplinのアイコンAplinというアプリが便利です。

Aplinでアプリのパッケージ名を調べる説明

(左)アプリとパッケージ名の一覧 (右)What’s Newに絞って調べることも可能

3. adbコマンドでアプリを無効化する

後ほど”アンインストール”の方法も取り上げますが、元に戻す際のリスクが大きいため、まずはこちらの”無効化”の方法をお試し下さい。

AndroidとUSB接続した上で、パソコン側でadbコマンドを入力していきます。

下記コマンドをペーストし、「アプリのパッケージ名」に無効化したいアプリを入れます。

adb shell pm disable-user --user 0 <アプリのパッケージ名>
“user”の前はハイフンが2つ並ぶ点に注意して下さい。

例えばWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newなら、次のようになります。

adb shell pm disable-user --user 0 com.sonymobile.entrance

adbコマンドでアプリを強制的に無効化する手順1

次のメッセージが表示されればOK(What's NewアプリのアイコンWhat’s Newの例)。

Package com.sonymobile.entrance new state: disabled-user

adbコマンドでアプリを強制的に無効化する手順2

ホーム画面からWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newのアイコンが消え、Android設定アプリのアイコン設定のアプリ情報で”無効”ステータスとなっていれば成功です。

adbコマンドでアプリを強制的に無効化する手順3

ホーム画面からWhat’s Newのアイコンが消える。

adbコマンドでアプリを強制的に無効化する手順4

設定のアプリ情報で”無効”ステータスとなる。

元に戻したい場合、下記コマンドを入力します。

adb shell pm enable <アプリのパッケージ名>

例えばWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newなら、次のようになります。

adb shell pm enable com.sonymobile.entrance

adbコマンドで強制的に無効化したアプリを元に戻す手順1

次のメッセージが表示されればOK(What's NewアプリのアイコンWhat’s Newの例)。

Package com.sonymobile.entrance new state: enabled

adbコマンドで強制的に無効化したアプリを元に戻す手順2

Android設定アプリのアイコン設定のアプリ情報で、”無効”ステータスが消えます。

adbコマンドで強制的に無効化したアプリを元に戻す手順3

“無効”ステータスが消え、通常の”インストール済み”と表記される。

ここまでWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newを例に説明しましたが、XperiaアシストのアイコンXperiaアシストやスタイルカバーのアイコンスタイルカバーなども同じ流れで無効にすることが可能です。

adbコマンドで強制的に無効化したアプリを元に戻す手順4

4. adbコマンドでアプリをアンインストールする

ここまでadbコマンドでアプリを無効化する方法を紹介しましたが、次の2点でデメリットがあります。

  • アプリによっては無効化できない
  • アプリによっては再起動後、有効状態に戻ってしまう

そのようなケースで有効なのが、adbコマンドでアプリを強制的にアンインストールする方法です。

この方法にはリスクがあり、削除後に再インストールしたい場合、別途用意したapkファイルが必要な可能性があります。この処理に失敗した場合、元に戻すには端末を初期化することになります。

AndroidとUSB接続した上で、パソコン側でadbコマンドを入力していきます。

下記コマンドをペーストし、「アプリのパッケージ名」にアンインストールしたいアプリを入れます。

adb shell pm uninstall -k --user 0 <アプリのパッケージ名>
“user”の前はハイフンが2つ並ぶ点に注意して下さい。

例えばWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newなら、次のようになります。

adb shell pm uninstall -k --user 0 com.sonymobile.entrance

adbコマンドでアプリを強制的にアンインストールする手順1

「Success」と表示されればOK。

adbコマンドでアプリを強制的にアンインストールする手順2

ホーム画面からWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newのアイコンが消え、Android設定アプリのアイコン設定のアプリ情報で”未インストール”となっていれば成功です。

adbコマンドでアプリを強制的にアンインストールする手順3

ホーム画面からWhat’s Newのアイコンが消える。

adbコマンドでアプリを強制的にアンインストールする手順4

設定のアプリ情報で”このユーザーでは未インストール”となる。

元に戻したい場合、下記コマンドを入力します。

adb shell cmd package install-existing <アプリのパッケージ名>

例えばWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newなら、次のようになります。

adb shell cmd package install-existing com.sonymobile.entrance

adbコマンドで強制的に削除したアプリを元に戻す手順1

次のメッセージが表示されればOK(What's NewアプリのアイコンWhat’s Newの例)。

Package com.sonymobile.entrance installed for user: 0

adbコマンドで強制的に削除したアプリを元に戻す手順2

Android設定アプリのアイコン設定のアプリ情報で、”未インストール”ステータスが消えます。

adbコマンドで強制的に削除したアプリを元に戻す手順3

“未インストール”が消え、通常の”インストール済み”と表記される。

強制的にアンインストールしたアプリを元に戻す仕組みです。

アンインストール時に入力したadbコマンドは下記のとおりで、あくまで現在ログインしている”ユーザー0″からのみ削除しています。

adb shell pm uninstall -k --user 0 <アプリのパッケージ名>

▼pm uninstallオプションの意味

オプション意味
-kパッケージの削除後も、データとキャッシュのディレクトリを保持します。
–user user_id実行するユーザーを指定します

参考 Google Developers – Android Debug Bridge

ユーザー0とは、デフォルトのメインユーザーを示します。

よってAndroid内部には、削除したアプリ本体が残っているため、下記コマンドを入力すれば再復活が可能となります。

adb shell cmd package install-existing <アプリのパッケージ名>

一方、”-k”・”–user 0″部分を除いてコマンドを実行した等の理由で、元に戻せないケースも想定されます。

その場合、あらかじめバックアップしておいたapkファイルから再インストールする必要があります。

もしapkファイルを用意することが難しい場合、端末の初期化が必要です。

なお、ここまでWhat's NewアプリのアイコンWhat’s Newを例に説明しましたが、XperiaアシストのアイコンXperiaアシストやスタイルカバーのアイコンスタイルカバーなども同じ流れでアンインストールが可能です。

adbコマンドで強制的に削除したアプリを元に戻す手順4

以上、Xperiaのプリインストールアプリを無効化 or 削除する手順でした。

実行するadbコマンドはシンプルなので、対象アプリのパッケージ名さえ調べることができれば、ハードルは高くありません。

一方、繰り返しになりますが、これらプリインストールアプリは機能停止を想定しておらず、メーカー側で検証もされていないはずです。

思わぬトラブルを招くリスクがあることも承知の上、お試し下さい。

参考:What’s Newの設定から通知を非表示へ変更する方法

2021年現在、アプリのサービス終了に伴い、こちらの設定は不可能となっています。

What's NewアプリのアイコンWhat’s Newアプリ内には、通知をオフにする設定が用意されています。

ただしアプリ更新に関する通知は引き続き受信してしまうため、完璧ではありません。

参考までに、その手順を紹介します。

記事中の内容は、Xperia Z3(Android 6.0.1)に搭載するWhat’s New(ver 3.5.A.1.0)で検証しています。

What's NewアプリのアイコンWhat’s Newのメニューより 設定 へ進み、

What's Newの設定から通知を非表示へ変更する手順1

通知を表示 をタップしてオフにすればOK。これで新しいテーマに関する通知などは非表示となります。

一方、アプリケーション更新の通知は受信し続けます。

What's Newの設定から通知を非表示へ変更する手順2

 

〆:邪魔なアプリを消してしまおう!

以上、XperiaのWhat's Newを無効化する方法! ソニーのいらないアプリ通知を強制的に消そう の説明でした。

パソコンのadbコマンドは敷居が高そうですが、環境さえ準備できれば投入内容は決して難しくありません。

記事中では、What's NewアプリのアイコンWhat’s Newを中心に説明をしましたが、その他のプリインストールアプリにも当てはまる内容となっているので、不要なアプリがあれば試してみて下さい。

ぜひ、ご参考あれ。

参考 Xperiaサポート – 不要なアプリの更新通知を止める方法

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

  1. はぁ? より:

    何の参考にならないやんけ、ぼけ!

  2. アパラパー より:

    参考にならないものを最後まで読んでしまった。あー、時間の無駄‼️結局解決出来ない。こいつ頭悪そう。

  3. k_ku より:

    この人は何が言いたいんだ。自称プログラマー気取りは止めてもらいたい。
    検索項目が多くなるだけの迷惑行為でしかない。

  4. Shaoxing9 より:

    起動するたびに「com.sonyericsson.crashmonitorが停止しました」「com.sonymobile.rcahandlerが停止しました」の二つに悩まされていましたが、おかげでこの二つを無効化でき気分さっぱりしました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました