Androidでライトを使う方法! ホーム画面のショートカットからスマホの懐中電灯をつけよう

スポンサーリンク
Android

本記事では、スマートフォンでライトをつける方法を解説します。

様々なパターンを紹介するので、使いやすい方法をどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidで懐中電灯を使う方法まとめ

本パートでは、ライトをつける手順を6パターン紹介します。

説明の流れ
  • 説明①
    クイック設定パネルからライトをつける
  • 説明②
    Googleアシスタントに「ライトをつけて」と話しかける
  • 説明③
    ホーム画面のショートカットからライトをつける
  • 説明④
    端末をシェイクしてライトをつける
  • 説明⑤
    物理キーを押してライトをつける
  • 説明⑥
    ホームボタン長押しでライトをつける
いずれの方法も「ライトの点滅」・「ライトの明るさ調整」・「ライトのカラー変更」に非対応です。これらニーズがある場合、補足パートで紹介するサードパーティ製アプリをどうぞ(コチラをタップしてジャンプ)。

方法①:クイック設定パネルからライトをつける

Xperia 10 II(Android 12)の画面を例に説明します。

ステータスバーの上から下へ2回スワイプしてクイック設定パネルを開き、クイック設定パネルのライトアイコンライトをオンにすればOK。

消灯したい場合は、逆にクイック設定パネルのライトアイコンライトをオフにします。

クイック設定パネルからライトをつける手順1

(左)クイック設定を開く (右)ライトのタイルをタップする

操作動画です。

▼タップして再生(音は出ません)

もしクイック設定パネルのタイル一覧にクイック設定パネルのライトアイコンライトが存在しない場合、クイック設定パネルのペンアイコンペンアイコンから編集画面を開き、手動で追加しましょう。

クイック設定パネルからライトをつける手順2

(左)ペンアイコンから編集画面を開く (右)ライトを追加する

またロック画面上でも、同じ手順でライトを点灯/消灯できます。

パスワードの入力不要です。
クイック設定パネルからライトをつける手順3

(左)ロック画面上でも、同様の手順でクイック設定を開ける。

以上、クイック設定パネルからライトをつける方法でした。

スワイプですぐ起動できるので、急いで点灯したいシーンでも便利ですよ。

方法②:Googleアシスタントに「ライトをつけて」と話しかける

GoogleアシスタントのアイコンGoogleアシスタントで、以下のように話しかければOK。

点灯したい消灯したい
  • ライトをつけて
  • 懐中電灯をつけて
  • ライトをオン
  • 懐中電灯をオン
  • ライトを消して
  • 懐中電灯を消して
  • ライトをオフ
  • 懐中電灯をオフ
ちなみに「ライトオン」・「ライト」だと、うまく点灯できませんでした。
Googleアシスタントに「ライトをつけて」と話しかける手順1

「ライトをつけて」と話しかけると、点灯する。

GoogleアシスタントのアイコンGoogleアシスタントの起動方法はいろいろありますが、◉ホームボタン長押しが一般的です。

Googleアシスタントに「ライトをつけて」と話しかける手順2

ホームボタン長押しで(左)、Googleアシスタントが出る(右)。

もし◉ホームボタンが存在しないジェスチャーナビゲーションの場合、画面下の左右いずれかの角から斜め上へスワイプする操作が必要です。

Googleアシスタントに「ライトをつけて」と話しかける手順3

または「OK Google」と話しかけて、GoogleアシスタントのアイコンGoogleアシスタントを起動できます。

ただし音声認識をオンにしておく必要があります。

参考 Google検索ヘルプ – 「ねぇ Google」の音声検索と音声操作を使用する

Googleアシスタントに「ライトをつけて」と話しかける手順4

Googleアプリの設定から、音声認識が有効か確認できる。

以上、GoogleアシスタントのアイコンGoogleアシスタントの音声認識でライトをつける方法でした。

普段から慣れている操作であれば、こちらもオススメです。

方法③:ホーム画面のショートカットからライトをつける

Icon TorchのアイコンIcon Torchというアプリを使えば、ホーム画面に設置したアイコンをタップするだけで、ライト点灯/消灯できます。

ライト点灯中は通知領域にメッセージが常駐するため、切り忘れの予防にもなります。

Icon Torchでホーム画面のショートカットからライトをつける説明

(左)アイコンタップでライトがつく (右)通知メッセージが出る

以上、Icon TorchのアイコンIcon Torchの紹介でした。

ホーム画面に懐中電灯のショートカットを追加したいなら、オススメですよ。

方法④:端末をシェイクしてライトをつける

MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidというアプリを使えば、スマートフォン本体を振って、ライトを点灯/消灯できます。

設定するトリガーやアクションによって、各種アクセス権限の許可が求められます。画面に従って、操作して下さい(以降の説明では割愛します)。

まず マクロを追加 より トリガー を設定しましょう。

MacroDroidでシェイクしてライトをつける手順1

センサー機器本体をシェイク をセットします。

MacroDroidでシェイクしてライトをつける手順2

続いてアクションとして、機器の操作や動作トーチをON/OFFバックグラウンド動作 と選び、

MacroDroidでシェイクしてライトをつける手順3

トーチを切替える をセットすればOK。

MacroDroidでシェイクしてライトをつける手順4

準備は以上。

スマートフォンを振って、ライト点灯/消灯すれば成功です。

MacroDroidでシェイクしてライトをつける手順5

以上、MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidを使った説明でした。

画面に触れずに、シェイクだけで明かりがつくので、シーンによって便利ですよ。

方法⑤:物理キーを押してライトをつける

以下アプリを使えば、スマートフォン本体の物理キーを押して、ライトを点灯/消灯できます。

アプリ機能
Torchieのアイコン
Torchie
音量ボタン
ライトをつける
Power Button Torchのアイコン
Power Button Torch
電源ボタン
ライトをつける

Torchie:音量ボタンでライトを点灯

TorchieのアイコンTorchieというアプリを使えば、音量アップ・ダウンボタン同時長押しでライト点灯/消灯できます。

Torchieを使って音量ボタンでライトを点灯する説明1

初期設定では、画面に従って権限付与が必要となる。

また設定メニューから 画面オフ にチェックを入れることで、画面を消灯したスリープ中も動作可能となります。

Torchieを使って音量ボタンでライトを点灯する説明2

Power Button Torch:電源ボタンでライトを点灯

Power Button TorchのアイコンPower Button Torchというアプリを使えば、電源ボタン押下でライトを点灯/消灯できます。

初期設定は特になく、インストールしたPower Button TorchのアイコンPower Button Torchを起動するだけでOK。

Power Button Torchで電源ボタンでライトを点灯/消灯する手順1

電源ボタンを3回連続で押して、ライトが点灯すれば成功です。

電源ボタンを押してからライトが点灯するまで、数秒のタイムラグがあります。

Power Button Torchで電源ボタンでライトを点灯/消灯する手順2

電源ボタンを押す回数・間隔は、Power Button TorchのアイコンPower Button Torchの Settings より微調整できます。

Power Button Torchで電源ボタンでライトを点灯/消灯する手順3

方法⑥:ホームボタン長押しでライトをつける

◉ホームボタン長押しで動作するアシストアプリをカスタマイズすれば、ライト点灯できます。

ここではおすすめアプリとして、アプリアシストのアイコンアプリアシストアクセシビリティ支援ツールのアイコンアクセシビリティ支援ツールを紹介します。

まず初期設定をします。

アプリアシストのアイコンアプリアシストのトップ画面から アシストアプリ を選ぶと、Android設定アプリのアイコン設定の「デフォルトのアプリ」一覧へ進みます。

ここで デジタルアシスタントアプリ を開き、

アプリアシストの使い方1

デフォルトのデジタルアシスタントアプリ より、アプリアシストのアイコンアプリアシストへ切り替えます。

設定中のGoogleアプリのアイコンGoogleアイコン側をタップして下さい。歯車アイコンをタップすると別画面へ進んでしまうためご注意を。

アプリアシストの使い方2

同じような流れで「使用履歴へのアクセス」も許可すれば、事前準備は完了です。

アプリアシストの使い方3

さっそく◉ホームボタン長押しに好きな機能を割り当てましょう。

トップ画面で アプリを追加 より、「どのアプリで」・「何の操作をするか」設定します。

アプリアシストの使い方4

例えば「どの画面でも、◉ホームボタン長押しでライトを点灯する」なら、以下のような設定となります。

アプリアクション
既定のアクションショートカットを起動:ライト
アプリアシストのアイコンアプリアシストのデフォルト機能には「ライト」が存在しないため、別途アクセシビリティ支援ツールのアイコンアクセシビリティ支援ツールのライト機能を参照します。
アプリアシストの使い方5

(左)ショートカット一覧 (右)設定例

◉ホームボタン長押しで、ライト点灯すれば成功です。

アプリアシストの使い方6

ちなみにアプリアシストのアイコンアプリアシストで設定できるアクションは、他にもたくさんあります。

より詳細な情報は、関連記事【Androidでホームボタンをカスタマイズする方法! アシストアプリを設定して機能を拡張しよう】で解説しています。

Androidでホームボタンをカスタマイズする方法! アシストアプリを設定して機能を拡張しよう
この記事では、ホームボタンのカスタマイズ方法を解説します。長押し機能の切り替えや、ボタンデザインの変更手順について触れます。

 

補足:スマホのライトに関するアレコレ

本パートでは、Androidのライト機能に関する細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    Simple Flashlight - ライト点滅・カラー変更できるオススメアプリ
  • 説明②
    ライトが勝手につく原因と解決策

Simple Flashlight – ライト点滅・カラー変更できるオススメアプリ

「ライトの点滅」・「ライトのカラー変更」をしたい場合、Simple FlashlightのアイコンSimple Flashlightというアプリがオススメです。

類似アプリを比較して、以下メリットがあります。

  • 広告非表示
  • 無料
  • 余計な権限の要求なし

Simple Flashlightのライトアイコンをタップで、通常のフラッシュライトを点灯/消灯できます。

Simple Flashlight - ライト点滅・カラー変更できるアプリの使い方1

Simple Flashlightのスクリーンライトアイコンをタップで、スクリーンライトへ切り替え可能です。

色を変更 より、好みのカラーへ調整もできます。

Simple Flashlight - ライト点滅・カラー変更できるアプリの使い方2

Simple Flashlight - ライト点滅・カラー変更できるアプリの使い方3

スクリーンライトを赤色に変えた例。

Simple FlashlightのSOS点滅アイコンSimple Flashlightの点滅アイコンをタップで、フラッシュライトを点滅できます。

スライダを左右に動かして、点滅の間隔も微調整可能です。

Simple Flashlight - ライト点滅・カラー変更できるアプリの使い方4

Simple Flashlight - ライト点滅・カラー変更できるアプリの使い方5

ライトを点滅できる。

以上、Simple FlashlightのアイコンSimple Flashlightの紹介でした。

サードパーティ製アプリの中では、最もシンプルでオススメです。

もしPlayストアアプリのアイコンPlayストアから検索する場合、”ライト”でたくさんヒットしますので、好みのアプリを探してみて下さい。

ライトが勝手につく原因と解決策

Androidでは、カメラのアイコンカメラを開くクイック起動がいくつか用意されています。

  • 電源ボタンでカメラを起動
  • ロック画面のカメラショートカットから起動
Androidのカメラクイック起動の説明

Xperia 10 IIでカメラをクイック起動した例。

もし操作した覚えがないのに、フラッシュライトが点灯する場合、意図せずカメラのアイコンカメラが起動しているかもしれません。

暗い場所でカメラのアイコンカメラを開くと、オートフラッシュ機能でライトがつく場合があります。

これらクイック起動は、任意でオフに切り替え可能です。心当たりがあれば、試してみて下さい。

Androidのカメラクイック起動をオフにする説明

Xperia 10 IIの例。設定の「システム」→「ジェスチャー」より確認できる。

メーカー別の詳しい手順は、関連記事【Androidのカメラを電源ボタンで起動させない方法! ロック画面のクイック起動を無効化しよう】で解説しています。

Androidのカメラを電源ボタンで起動させない方法! ロック画面のクイック起動を無効化しよう
この記事では、カメラを開くクイック起動を無効化する方法を解説します。電源ボタンでカメラ起動や、ロック画面のカメラショートカットをオフにできます。

 

〆:もしもに備えライトのつけかたを把握しておこう!

以上、Androidでライトを使う方法! ホーム画面のショートカットからスマホの懐中電灯をつけよう の説明でした。

災害時や停電時など緊急事態に備え、Androidを懐中電灯として使う方法を知ってると役立ちますよ。

ぜひ、ご参考下さい。

なお、もし「ライトがつかない」・「ライトが表示されない」など不具合でお悩みの場合、以下2点をお試し下さい。

  • スマートフォン本体を再起動する
  • OSバージョンをアップデートする(関連記事
Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました