Schedule SMS – ショートメッセージを後でスケジュール予約送信する無料アプリ [Android]

スポンサーリンク

普段、スマートフォンのSMS(ショートメッセージ)機能を利用していますか?

ボクの場合、LINEやfacebook等、SNSサービスが普及した現在、プライベートでの利用頻度は減りましたが、仕事上はそれらサービスの利用に制限があるため、短い文章を相手に送りたいとき重宝している機能となっています。

ただ、スマートフォンの標準SMSアプリでは基本的な送信機能のみ搭載されているため、例えば後で相手に送りたいメッセージを予約送信したり、定期的に送信するルーチンなメッセージを自動化したりすることはできません。

そこで本記事では、それら応用的な機能を実現したAndroid向け無料アプリ「Schedule SMS: Send it later」を紹介します。

海外アプリでUIは英語ですが、操作性はシンプルかつ便利なので、日本人にとっても有用なアプリとなっています。

photo by J Aaron Farr

スポンサーリンク

Schedule SMS: Send it later – できるコトと使い方

下記より「Schedule SMS: Send it later」の使い方について說明をし、その中で合わせてアプリの機能も紹介します。

手順①:アプリを入手する

まず「Schedule SMS: Send it later」をインストールします。

Schedule SMS: Send it later

Schedule SMS: Send it later
開発元:Pham Hung Son
無料
posted with アプリーチ

Android 要件:2.2 以上

価格:無料

インストール後は特に初期設定は不要で、すぐに使い始めることができます。

手順②:メッセージをスケジュール予約送信してみる

さっそく「Schedule SMS: Send it later」でSMSをスケジュール(予約)送信してみます。

まずアプリを起動し、右上のペンアイコンより新規メッセージ作成に入ります。

次に送信したい相手の電場番号(-ハイフンなし)を入力します。番号がAndroid側の連絡先(電話帳)に登録されていれば、自動表示される候補一覧より選択することも可能です。

番号を入力したら右上「Add」で設定をし、続いて画面上部の「Message」という吹き出し内に送りたい文章を入れます。

最後にスケジュール(予約)したい日時を決めます。「Date」より日にちを、「Time」より時間をそれぞれ設定できます。

以上ここまで設定できたら左下の「Add」をタップすることで、アプリトップ画面の「Pending messages(=送信待ちのメッセージ)」一覧に作成したSMSが追加されます。

そして、予約した日時になったら自動的に作成したSMSが送信され、通知領域にて「Message sent successful(=メッセージの送信に成功しました)」と表示されます。

また、アプリトップ画面の「Pending messages(=送信待ちのメッセージ)」一覧から送られたSMSも消えます。

ちなみに予約送信した履歴は、アプリトップ画面下のタブを切り替えることで確認できます。

また、送信済みのメッセージはAndroid標準のSMSアプリ上にも反映されています。

手順③:ルーチンなSMS送信を自動化してみる

以上までがSMSをスケジュール(予約)送信する方法でしたが、さらに応用的な使い方として普段から定期的に送信しているルーチンなSMSを自動化する方法も紹介します。

例えば「毎週日曜日の朝10時前に送信している定型メッセージ」を自動化する状況を例とします。

まず先ほど同様に「送信先」と「メッセージ内容」を入力し、次に「Date」と「Time」より「日曜日」と「朝10時前」を設定します。

次に「Frequency(=頻度)」項目で「Weekly(=毎週)」と設定し、最後に左下の「Add」をタップします。

これで以後、「毎週日曜日」の「朝10時前」に「資料提出願います」という定型文が自動的に送信され続ける設定が完成します。

SMS送信の料金体系に注意

最後に「Schedule SMS: Send it later」アプリ使用にあたっての留意点として、SMS送信の料金体系に注意が必要です。

SMSは音声通話と同様に、受信側は無料で送信側に課金されるルールとなっており、1通あたり3円の場合がほとんどです。

参考 ドコモ – ショートメッセージサービス(SMS)の料金体系

従ってLINEやfacebook等のSNSサービスと同じ感覚で、「Schedule SMS: Send it later」アプリで予約送信や自動送信を設定し続けると、思わぬ金額が請求される可能性があります。

「自動送信されるSMS1通1通にお金がかかっている」という認識を忘れずに、ぜひ本アプリを利用して下さい。

〆:SMSを普段から多用しているなら便利なアプリ!

以上、Schedule SMS – ショートメッセージを後でスケジュール予約送信する無料アプリ [Android] の說明でした。

SMS機能を普段から利用しているなら、本記事で紹介したような使い方を探していた方も多いのではないでしょうか?

「Schedule SMS: Send it later」アプリを使ってスケジュール(予約)送信を設定することで、「メッセージの送り忘れ」も防止できます。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい