Amazon 特選タイムセール★随時更新中!★

AndroidでSMSを送信予約する方法! 時間指定したショートメールを自動でスケジュール配信しよう

Android

SMS(ショートメッセージサービス)を使えば宛先となる電話番号だけでメールを送信できますが、予約送信の機能は搭載されません。

そこで本記事では、あらかじめ指定した時刻にSMSをスケジュール配信できるAndroid向けアプリ「Schedule SMS: Send it later」を紹介します。

ルーチンで送信している定型文も自動配信できて便利ですよ。

photo by J Aaron Farr(リンク切れ)

 

スポンサーリンク

Schedule SMS: Send it later – 使い方

「Schedule SMS: Send it later」は海外アプリで英語表記ですが、操作性はシンプルかつ便利なので、日本人にとっても有用なアプリとなっています。

アプリをインストールする手順

まずアプリを入手します。

Google Play上にないため、apkから直接インストールします。

ダウンロード Schedule SMS – apkファイル

apkから直接インストールする画面例。

SMSを予約送信する手順

アプリを起動し、右上のペンアイコンより新規メッセージ作成に入ります。

新規メッセージ作成画面へ進む手順。

宛先を入力する

送信したい相手の電場番号(-ハイフンなし)を入力します。

番号がAndroid側の連絡先(電話帳)に登録されていれば、自動表示される候補一覧より選択することも可能です。

番号を入力したら右上「Add」で設定をします。

宛先を入力する手順。

本文を入力する

「Message」という吹き出しに送りたい文章を入れます。

本文を入力する手順。

予約日時を入力する

スケジュール送信したい日時を決めます。

「Date」より日にちを、「Time」より時刻をそれぞれ設定できます。

予約日時を入力する手順。

頻度を決める

「Frequency」よりスケジュール配信の頻度を設定できます。

  • Once:一度きり
  • Daily:毎日
  • Weekly:毎週
  • Monthly:毎月
  • Yearly:毎年
  • Weekday:平日(月〜金)
  • Weekend:週末(土・日)

頻度を決める手順。

配信アラートを設定する

「Alert on delivery」より、予約配信後にサウンドまたはバイブで通知するか設定できます。

  • Silent:何も通知しない
  • Vibrate:バイブで通知する
  • Play sound:サウンドで通知する
  • Both vibrant n sound:バイブとサウンド両方で通知する

配信アラートを設定する手順。

設定を完了する

最後に「Add」をタップすると、トップ画面の「Pending messages(=送信待ちのメッセージ)」一覧に作成したSMSが追加されます。

設定を完了する手順。

予約した日時になったら自動的に作成したSMSが送信され、通知領域にて「Message sent successful(=メッセージの送信に成功しました)」と表示されます。

また、アプリトップ画面の「Pending messages(=送信待ちのメッセージ)」一覧から送られたSMSも消えます。

予約配信後の画面例。

「Alert on delivery」で「Silent(何も通知しない)」と設定していても、この通知は表示されます。

予約送信済み履歴を確認する手順

予約送信した履歴は、アプリトップ画面下のタブを切り替えることで確認できます。

また、送信済みのメッセージはAndroid標準のSMSアプリ上にも反映されています。

送信済み履歴を確認する画面例。

 

参考:

ルーチンな連絡を自動化する設定例

もし普段から定期的に送信しているSMSがあれば、「Schedule SMS: Send it later」を使って自動化できます。

例えば「毎週日曜日の朝10時に送信している定型メッセージ」を自動化する場合、下記のように設定すればOK。

  • 本文:定型メッセージを入力
  • Date:日曜日を設定
  • Time:午前10時を設定
  • Frequency:Weekly(毎週)を設定

定型メッセージを自動化する設定例。

「Invalid SMS」と表示される場合の対処法

予約送信内容を入力してから「Add」をタップすると次のメッセージが表示され、先に進めないケースがあります。

  • Invalid SMS : Please fill in the contacts / message

「Invalid SMS」が表示される画面例。

これは宛先または本文が空欄になっている場合に表示されます。

特に宛先の場合、番号を入力してから右上「Add」をタップしないと設定されないため注意して下さい。

さらに複雑な条件でSMS送信を自動化したい場合

「Schedule SMS: Send it later」で設定できる自動送信の条件は「日時」しかありません。

さらに複雑な条件(例:指定の場所に移動したら / 指定のアプリを起動したら)をトリガーにSMS送信を自動化したい場合、「MacroDroid」というアプリがオススメです。

アプリの詳細や具体的なマクロ例については、関連記事【MacroDroid – Androidでマクロを組んで作業を自動化! デザインもクールで使いやすい無料アプリ】で解説しています。

SMS送信の料金体系に注意

「Schedule SMS: Send it later」を使った予約送信の料金体系は、通常のSMS送信と同じです。

送信文字数1回あたりの料金(税抜)
1〜70文字(半角英数字のみの場合1〜160文字)3円
71〜134文字(半角英数字のみの場合161〜306文字)6円
135〜201文字(半角英数字のみの場合307〜459文字)9円
202〜268文字(半角英数字のみの場合460〜612文字)12円
269〜335文字(半角英数字のみの場合613〜765文字)15円
336〜402文字(半角英数字のみの場合766〜918文字)18円
403〜469文字(半角英数字のみの場合919〜1071文字)21円
470〜536文字(半角英数字のみの場合1072〜1224文字)24円
537〜603文字(半角英数字のみの場合1225〜1377文字)27円
604〜670文字(半角英数字のみの場合1378〜1530文字)30円

引用 ドコモ – SMSの料金体系

受信側は無料です。

従ってLINEやEメールと同じ感覚で自動送信を設定し続けると、思わぬ金額が請求される可能性があります。

「自動送信されるSMS1通1通にお金がかかっている」という認識を忘れずに、ぜひ本アプリを利用して下さい。

SMSのメッセージ規制に注意

SMSは迷惑メール対策として、1日に送信できる上限が200通までと決まっています。

従って「Schedule SMS: Send it later」で大量のメッセージを予約すると、途中でエラーが発生する可能性があります。

対策としては、1日の配信数を調整するか、別のアプリでメッセージを送る必要があります。

詳細は関連記事【SMSのメッセージ規制を解除する方法! 1日に送信できるショートメール上限200通の制限を回避しよう】で解説しています。

 

〆:SMSを普段から多用しているなら便利なアプリ!

以上、AndroidでSMSを送信予約する方法! 時間指定したショートメールを自動でスケジュール配信しよう の說明でした。

「Schedule SMS: Send it later」アプリのポイントです。

  • SMSの予約送信ができる
  • 定型文も繰り返し自動配信できる
  • 料金体系は通常のSMSと同じなので無料ではない

このアプリを使ってスケジュール送信を設定すれば「メッセージの送り忘れ」も防止できます。

Androidユーザーなら、ぜひお試しあれ。

参考 ドコモ – ショートメッセージサービス(SMS)

参考 au – SMS(Cメール)

参考 ソフトバンク – SMS/MMS

Android
スポンサーリンク
おるくすをフォローする
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました