SMS(ショートメッセージサービス)を1日に送信できる上限200通の規制を解除する方法

スポンサーリンク

最近知ったのですが、SMS(ショートメッセージサービス)には迷惑メール対策として、1日に送信できる上限が200通までと決まっているようです。

本記事ではその制限の說明と、規制を解除する方法について紹介します。

photo by Frank Spin

スポンサーリンク

SMSの200通 / 日 制限について

SMSを1日に送信できる数は決まっている

SMSが始まった当初は特に規制がなかったようですが、2005年夏ごろよりドコモで送信可能通数が1日あたり200通と設定されたようです。

参考 ドコモ – 報道発表資料

おそらくこの前後で、auやSoftBankも同様の対策をSMSに施したと推測されます。

そして、このSMS送信の200通 / 日 制限にかかった場合、SMSを一切送信することができなくなり、画面上に「200通の上限に達しました」などのメッセージが表示され、送信したSMSが戻ってきてしまいます。

規制の理由:迷惑メール対策

このような規制が設けられた背景として、当時問題となっていた「迷惑メール」の業者対策がありました。

送信できる数に上限を設けることで、不正なSMS送信を防止することを目的としています。

ちなみに、迷惑メール対策は送信側のみならず、受信側にも「SMS拒否設定」というサービスが提供されています。

参考 ドコモ – SMS拒否設定

参考 au – 迷惑SMS (Cメール) 防止方法

参考 SoftBank – 迷惑メール対策をする(SMS/MMS)

ただ、受信側の対策だけでは、不正な業者とのイタチごっことなってしまうため、送信側にも200通 / 日 という制限がかけられたと推測できます。

文字数によってはさらに上限数が厳しくなる

また、必ずしもSMSを200通ぴったり遅れるわけでもなく、1通あたりの文字数が多いと一度の送信で2〜10通分とカウントされてしまいます。

例えばドコモの場合、下記のような基準があります。

70文字以内で送信されたSMS:1通分

71~670文字まで入力されたSMS:一度の送信で2~10通分

参考 ドコモ – SMS ご注意事項

以上より、一度に送るSMSの文字数があまりに多いと、200通未満の送信数で上限に達してしまう恐れがあります。

制限を解除する方法について

以上の通り200通の制限がかかった場合、一切SMSを送ることができなくなります。

この規制を解除する方法は、単純に「規制解除の時間まで待つ」しかありません。

午前0時になると規制が解除される

SMSの200通制限は1日あたりの規制であるため、24時間経てば規制が解除されます。

例えばドコモの場合、午前0時を過ぎると規制が解除され、再び200通までSMSを送れます。

auやSoftBankも同様かは不明ですが、現在流行しているMVNO(格安SIM)はドコモ回線を借りてサービス運営されているため、同じ仕様だと思われます。

送れなかったSMSは自動送信されない

また、規制中に送れなかったSMSはサーバー上に滞留しているわけではなく、送信した携帯側に戻ってきているため、規制解除後は1通ずつ送信作業を再度行う必要があります。

〆:上限数に気をつけてSMSを利用しよう!

以上、SMS(ショートメッセージサービス)を1日に送信できる上限200通の規制を解除する方法 の說明でした。

まずはSMSの送信数に上限があると知ること、そして万が一上限に達し規制がかかった場合は、他の連絡手段でメッセージを送信する必要があることを知っておくのが大切です。

特に送信相手が海外で、電話番号しか知らない場合、EメールやSNSを使った代替手段をすぐにとるのが困難だと思われます。

緊急性の高い連絡手段としてSMSだけではリスクがあるため、別の連絡手段を予め用意しておくようにしましょう。

ぜひ、ご参考あれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい