[Android] スマートフォン/タブレットで一度消したアプリの通知履歴ログを再び確認する方法

スポンサーリンク

Androidのスマートフォンやタブレットを使っていると、アプリの通知履歴を誤って消してしまったことはないでしょうか。

メールやLINEなど、頻繁に届く通知なら特段の問題はありませんが、たまにしか通知がないアプリだと、何の通知だったのか内容が非常に気になります。

通常、通知を消すとその後復元するボタンもないため、どうしようもない・・・と諦める方も多いのですが、実はAndroidの標準機能として確認する方法があります。

そこで本記事では、Androidで一度消してしまった通知履歴を再確認する方法をお伝えします。

対象はAndroid OS 4.3以上を搭載する、スマートフォン / タブレットでサードパーティ製アプリのインストールは不要です。

photo by Johan Larsson

スポンサーリンク

Androidで消した通知履歴を再確認する方法

手順①:専用のウィジェットを準備する

まずはウィジェット配置の設定画面を開きます。

ホーム画面上の空きスペースで長押しすると、下記のような画面になるので、「ウィジェット」をタップします。

Google Playより「ランチャーアプリ」をインストールしている場合、上記画像とは異なる場合があります。その際は、各ランチャーアプリ毎の方法に従って、ウィジェット配置画面を起動して下さい。

手順②:「設定」ウィジェットを選択 / 配置する

続いて設置できるウィジェット一覧が表示されるので、この中から「設定」アプリを選択して下さい。

長押しでホーム画面に配置ができます。

手順③:詳細画面で「通知」を選択する

最後に、ホーム画面に設置した「設定」アプリのウィジェットをタップすると、「どの設定項目をショートカットとして配置するか」という詳細画面が表示されるため、「通知ログ」を選択します。

以上で完了です。

何度も通知を確認できて便利!

ここまでの作業により、ホーム画面上に新たな「設定」アプリアイコンが配置されます。

このウィジェットをタップすると、過去Androidに届いた通知ログを一覧で確認できます。

このログは一度消してしまったログも確認できるため、誤って消去してしまった場合でも安心です。

注意:Androidを再起動するとログもリセットされる

今回の方法の注意点として、ウィジェットを設定した後にAndroidを再起動すると、それまで蓄積した通知履歴もリセットされてしまいます。

従って、もし消してしまった内容を確認したい通知があれば、まずログをチェックしてからAndroid本体の電源を落とすようにして下さい。

また、もし再起動した後でも永続的に通知履歴を確認したい場合は、「Notifications Logger」というアプリを使うことで実現することができます。

詳細は別記事にまとめているので、合わせてご覧あれ。

関連記事

Notifications Logger – 一度消したアプリ通知履歴ログを永続的に保存/確認できる [Android]

〆:通知が消えてしまっても大丈夫!

以上、[Android] スマートフォン/タブレットで一度消したアプリの通知履歴ログを再び確認する方法 の說明でした。

本記事の手法なら、新たにアプリを入れる必要もなく、Android標準機能としてアプリの通知履歴ログを確認できるのでオススメの方法となります。

スマートフォンに届いた通知を誤って削除してしまった際は、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい