Windowsでサイトをアプリ化する方法! PCホーム画面にアプリショートカットを追加しよう

スポンサーリンク
Google Chrome

本記事では、WindowsでWebサイトをアプリ化する方法を解説します。

具体的には、以下2ブラウザのケースで説明します。

  • EdgeのアイコンMicrosoft Edgeを使う手順
  • ChromeアプリのアイコンChromeを使う手順

パソコン向けにアプリが用意されていないサービスも、まるでアプリケーション上で動くように、独立したウインドウで表示できますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする方法

この方法では、WindowsにプリインストールされるブラウザEdgeのアイコンMicrosoft Edgeを使います。

方法:アプリとしてインストールする

YouTubeアプリのアイコンYouTubeを例に説明します。

まずEdgeのアイコンEdgeでYouTubeサイトを開きます。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順1

YouTubeサイトをアプリ化する例。

アドレスバー近くにあるEdgeのアプリインストールアイコンインストールアイコンをクリックします。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順2

またはメニューより、アプリYouTubeのインストール でもOK。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順3

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順4

なおサービスによっては、このサイトをアプリとしてインストール と表示名が異なりますが、機能はほぼ同じです。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順5

例えば、Gmailのアプリ化で表示される。

YouTubeアプリのアイコンYouTubeをインストールします。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順6

作業はこれだけ。

EdgeのアイコンEdgeとは独立した、YouTubeアプリのアイコンYouTube専用のウインドウで起動されます。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順7

タスクバーやスタートメニューにもYouTubeアプリのアイコンYouTubeアイコンが表示されます。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順8

スタートメニューのタイルに、YouTubeアイコンを追加できる。

YouTubeアプリのアイコンYouTubeを例に説明しましたが、他サービスも手順は同じです。

例えばTikTokのアイコンTikTok、TwitterのアイコンTwitterなどもアプリ化できます(ちなみにTwitterは公式アプリもあります)。

Edgeでサイトをアプリのようにインストールする手順9

TikTokをアプリ化した例。

参考:アプリ化したサイトをアンインストールする方法

削除したい場合、メニューより アプリアプリの管理 と進み、

Edgeでアプリ化したサイトをアンインストールする手順1

削除したいサービスのメニューより アンインストール すればOKです。

Microsoft Edgeのデータもクリアする のチェックは任意です。関連するクッキーなども消えるため、今後もそのサイトへアクセスするなら、無理して削除することもないでしょう。
Edgeでアプリ化したサイトをアンインストールする手順2

アプリ化したYouTubeをアンインストールする例。

Edgeでアプリ化したサイトをアンインストールする手順3

「Edgeのデータもクリアする」は任意。

 

Chromeでサイトをアプリのようにインストールする方法

この方法では、パソコンのブラウザChromeアプリのアイコンChromeが必要となります。

ダウンロード Google Chrome

手順は2パターンあり、サービスによって異なります。

方法該当サービス例
①:アプリとしてインストールするYouTubeアプリのアイコンYouTube
TikTokのアイコンTikTok
TwitterのアイコンTwitter
YouTube MusicのアイコンYouTube Music
GoogleマップのアイコンGoogleマップ
②:アプリとして開くショートカットを作成するGmailのアイコンGmail
InstagramのアイコンInstagram
facebookのアイコンfacebook
AmazonのアイコンAmazon
楽天市場のアイコン楽天市場
まず方法①を試し、該当しなければ方法②をどうぞ。

方法①:アプリとしてインストールする

YouTubeアプリのアイコンYouTubeを例に説明します。

まずChromeアプリのアイコンChromeでYouTubeサイトを開きます。

Chromeでサイトをアプリとしてインストールする手順1

YouTubeサイトをアプリ化する例。

アドレスバー近くにあるChromeのアプリインストールアイコンインストールアイコンをクリックします。

Chromeでサイトをアプリとしてインストールする手順2

またはメニューより、「YouTube」をインストール でもOK。

Chromeでサイトをアプリとしてインストールする手順3

YouTubeアプリのアイコンYouTubeをインストールします。

Chromeでサイトをアプリとしてインストールする手順4

作業はこれだけ。

ChromeアプリのアイコンChromeとは独立した、YouTubeアプリのアイコンYouTube専用のウインドウで起動されます。

Chromeでサイトをアプリとしてインストールする手順5

タスクバーやスタートメニューにもYouTubeアプリのアイコンYouTubeアイコンが表示されます。

Chromeでサイトをアプリとしてインストールする手順6

スタートメニューのタイルに、YouTubeアイコンを追加できる。

YouTubeアプリのアイコンYouTubeを例に説明しましたが、他サービスも手順は同じです。

例えばTikTokのアイコンTikTok、TwitterのアイコンTwitterなどもアプリ化できます(ちなみにTwitterは公式アプリもあります)。

もし目的のサービスで 「●●(アプリ名)」をインストール メニューが表示されない場合、次に紹介する手順をどうぞ。
Chromeでサイトをアプリとしてインストールする手順7

TikTokをアプリ化した例。

方法②:アプリとして開くショートカットを作成する

GmailのアイコンGmailを例に説明します。

まずChromeアプリのアイコンChromeでGmailサイトを開きます。

Chromeでサイトをアプリとして開くショートカットを作成する手順1

Gmailサイトをアプリ化する例。

メニューより その他のツール を開き、

Chromeでサイトをアプリとして開くショートカットを作成する手順2

ショートカットを作成 します。

Chromeでサイトをアプリとして開くショートカットを作成する手順3

ここで ウィンドウとして開く にチェックを入れるのを忘れずに。

Chromeでサイトをアプリとして開くショートカットを作成する手順4

作業はこれだけ。

ChromeアプリのアイコンChromeとは独立した、GmailのアイコンGmail専用のウインドウで起動されます。

Chromeでサイトをアプリとして開くショートカットを作成する手順5

タスクバーやスタートメニューにもGmailのアイコンGmailアイコンが表示されます。

Chromeでサイトをアプリとして開くショートカットを作成する手順6

スタートメニューのタイルに、Gmailアイコンを追加できる。

GmailのアイコンGmailを例に説明しましたが、他サービスも手順は同じです。

例えばInstagramのアイコンInstagram、facebookのアイコンfacebookなどもアプリ化できます。

Chromeでサイトをアプリとして開くショートカットを作成する手順7

インスタをアプリ化した例。

参考:アプリ化したサイトをアンインストールする方法

削除したい場合、メニューより 「●●(アプリ名)」をアンインストール と進み、削除 を実行すればOKです。

Chromeのデータも消去する のチェックは任意です。関連するクッキーなども消えるため、今後もそのサイトへアクセスするなら、無理して削除することもないでしょう。
Chromeでアプリ化したサイトをアンインストールする手順1

アプリ化したYouTubeをアンインストールする例。

Chromeでアプリ化したサイトをアンインストールする手順2

「Chromeのデータも消去する」は任意。

 

補足:サイトのアプリ化に関するアレコレ

本パートでは、アプリ化したサイトに関わる、細かい情報を補足します。

説明の流れ
  • 補足①
    アプリ化したサイトの特徴
  • 補足②
    サイトをアプリ化できない主な原因と解決策

アプリ化したサイトの特徴

アプリ化したサイトの主な特徴です。

EdgeのアイコンEdge・ChromeアプリのアイコンChromeどちらも共通です。

  • 没入感のある専用ウィンドウで表示できる
  • タスクバーやスタートメニューに専用アイコンを配置・起動できる
ChromeでYouTubeをアプリ化したケースで説明します。

没入感のある専用ウィンドウで表示できる

タブやアドレスバーといった要素はなくなり、純粋にそのサイト専用画面となります。

没入感のある専用ウィンドウで表示できる説明1

タブやアドレスバーなど、ブラウザで通常表示される領域が表示されない。

またショートカットキーでタスクビュー切替(Windows + tab)時も、専用ウインドウで表示できます。

「タブを開きすぎて、どこにあるか分からなくなった!」ことも防げます。
没入感のある専用ウィンドウで表示できる説明2

アプリ化したYouTubeが独立したウインドウで表示される例。

タスクバーやスタートメニューに専用アイコンを配置・起動できる

そのサイトをアプリとして起動中、タスクバー上も専用アイコンが表示されます。

タスクバーやスタートメニューに専用アイコンを配置・起動できる説明1

そのままタスクバーに常駐させれば、すぐに起動もできて便利です。

タスクバー上の右クリックメニューより、タスクバーにピン留めする を選べば、常に表示できます。
タスクバーやスタートメニューに専用アイコンを配置・起動できる説明2

アプリ化したYouTubeのアイコンをタスクバーに追加する例。

またスタートメニューでピン留めすれば、タイル一覧にも表示可能です。

スタートメニュー上の右クリックメニューより、スタートにピン留めする を選べば、タイルに追加できます。
タスクバーやスタートメニューに専用アイコンを配置・起動できる説明3

「スタートにピン留めする」を選ぶ。

タスクバーやスタートメニューに専用アイコンを配置・起動できる説明4

スタートメニューのタイルに、YouTubeアイコンを追加できる。

サイトをアプリ化できない主な原因と解決策

EdgeのアイコンEdge・ChromeアプリのアイコンChromeで開いたサイトが、なぜかアプリ化できない主な原因です。

原因解決策
①:Firefoxなど別ブラウザで開いているEdgeまたはChromeブラウザでアクセスする
②:シークレットモードで開いている通常モードでアクセスする

例えば原因②に関して、シークレットモード(InPrivateブラウズ)中は、アプリ化のメニューを選択できません。

サイトをアプリ化できない主な原因

Chromeでシークレットモード中に、YouTubeへアクセスした例。アプリ化できない。

 

〆:好きなサイトをデスクトップアプリとして使おう!

以上、Windowsでサイトをアプリ化する方法! PCホーム画面にアプリショートカットを追加しよう の説明でした。

YouTubeアプリのアイコンYouTubeのような動画サイトの場合、アプリ化でより没入感のある視聴体験ができます。

そのほか、TikTokのアイコンTikTokやInstagramのアイコンInstagram、GmailのアイコンGmailのように公式アプリが提供されないサービスも、強制的にアプリ化できるので集中して操作できて便利です。

ぜひ、お試しあれ。

参考 Chromeヘルプ – プログレッシブ ウェブアプリを利用する

参考 Chromeウェブストアヘルプ – Chromeアプリを追加して開く

参考 Chromeヘルプ – Google Chromeを更新する

参考 プログレッシブウェブアプリの説明(開発者向け)

Google Chrome
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました