Android版Google Play Musicでウィジェットやロック画面にジャケット画像を表示する方法

スポンサーリンク

ボクはスマートフォンで音楽を聴く際、「Google Play Music」を使って全てのデバイスで楽曲を常に同期して、クラウドからストリーミング再生しています。

関連記事

クラウドで曲を保存&再生! Google Play Musicを音楽専用のオンラインストレージにする方法

その中でも特にAndroid版Google Play Musicアプリを使う機会が多いのですが、ホーム画面上のウィジェットやロック画面のミニプレーヤーでは楽曲のアルバムアート画像が表示されるため、異なる楽曲で同じアルバムに分類していると、違う曲でも同じ画像が表示される点に煩わしさを感じていました。

そこで本記事では、Android版Google Play Musicにおいて、ウィジェットやロック画面上に表示される画像を、アルバムアート画像ではなくジャケット画像とする設定方法を紹介します。

photo by tiburi

スポンサーリンク

ウィジェット/ロック画面にジャケット画像を表示する

Android版Google Play Musicで表示される画像について

Android版のGoogle Play Musicで音楽を再生すると、ジャケット画像とアルバムアート画像を設定していれば、アプリの音楽ライブラリ上や再生画面上にそれら画像が表示され、

RADWIMPSの前前前世の場合。

さらに、ホーム画面に設定したGoogle Play Musicのウィジェットや、ロック画面に出るミニプレーヤーについては、曲単体のジャケット画像はなく、アルバムアート画像のみ表示される仕様となっています。

RADWIMPSの前前前世の場合。

ボクは曲のジャケット画像やアルバムアート画像は、両方ともデフォルト画像ではなく自身で収集したお気に入りの写真やイラストに変更しているため、オリジナル画像が設定されています。

ただここで不思議だったのが、RADWIMPSの前前前世はアルバム分類をせず、曲単独で登録したにも関わらず、なぜかアルバムアート画像が表示されていました。

アルバムアートは全ての曲に自動追加される仕様

調べたところ、どうやらGoogle Play Musicの仕様で、アップロードした曲のほとんどはアルバムアートが自動的に追加されるようになっていました。

音楽を Google Play にアップロードすると、MP3 ファイルの場合はアルバムアートが自動的に追加されます。その他のファイル形式については、アルバムアートを手動で追加できます。

引用 Google Play ヘルプ – 音楽メタデータとアルバムアートを編集する

今回のボクのように、音楽メタデータにアルバム情報がない場合でも、一時的に「不明なアルバム」として登録がされ、関連するアルバムアート画像が自動追加されていたようです。

ウィジェットやロック画面にジャケット画像を表示したい!

先述した通り、Google Play Musicではウィジェットやロック画面上にアルバムアート画像しか表示しない仕様であるため、

異なる楽曲で同じアルバムに分類していると、ウィジェットやロック画面上に表示されるアルバムアート画像が同じになってしまい、すごく分かりづらいと感じていました。

そこでウィジェットやロック画面上に表示される画像も、楽曲毎オリジナルのジャケット画像になるよう設定を行いました。

ウィジェットやロック画面にジャケット画像を表示する方法

まず、下記2点はGoogle Play Musicの仕様であるため、変更することはできません。

ウィジェットやロック画面上にアルバムアート画像が表示される

アルバムアートは全ての曲に自動追加される

そのため、ウィジェットやロック画面にジャケット画像を表示するには、アルバムアートとジャケット画像を統一する必要があり、その方法の1つとして楽曲毎オリジナルのアルバム名を設定することで実現できます。

曲のアルバム情報編集は、残念ながらスマートフォンのアプリ上からは行えないため、ブラウザ版Google Play Musicより修正作業が必要となります。

記事中では、Mac版Google Chrome上にてGoogle Play Musicを表示しています。

まず、ブラウザ版Google Play Musicへアクセス。

音楽ライブラリからアルバム情報を編集したい曲を探し、「その他のオプション」をクリックして、

「情報を編集」へ進みます。

すると、選択した曲のタイトルやアーティスト名、アルバム名やジャケット画像の編集画面となります。

例えばボクの前前前世のケースのように、アルバム未設定でもアルバムアートは自動的に設定されている状態です。

ここで、アルバムアートとジャケット画像を統一するために、楽曲毎オリジナルのアルバム名を追加します。オリジナルな名前であれば他に条件はありませんが、ボクは楽曲のタイトルをそのままアルバム名としています。

最後に右下「保存」をクリックして編集作業は完了。

再びスマートフォンのアプリ版Google Play Musicをチェックしてみて下さい。ウィジェットやロック画面上にジャケット画像が表示されていれば成功です!

画像が切り替わらない(=反映されない)場合

もし画像がうまく反映されていない場合は、Google Play Musicアプリを再起動したり、アプリ上の「Musicの設定」より「更新」や「キャッシュの削除」を実施してみて下さい。

「Musicの設定」画面は、アプリトップ画面左上メニューより「設定」へ進むとアクセスでき、

一覧より「更新」や「キャッシュの削除」をタップすればOKです。

〆:ジャケット画像好きなら設定してみよう!

以上、Android版Google Play Musicでウィジェットやロック画面にジャケット画像を表示する方法 の說明でした。

今回の方法では、各楽曲のアルバム名が変わってしまうため、曲の管理面でデメリットがある一方、ウィジェットやロック画面上でも常にジャケット画像を表示できるようになるため、ジャケット好きにはたまらない設定ではないでしょうか。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい