Google Play Musicでスリープタイマーを設定する方法! 音楽を聴きながら寝ても自動でオフに

スポンサーリンク

ボクはスマートフォンで音楽を聴く際に「Google Play Music」を使っています。

関連記事

クラウドで曲を保存&再生! Google Play Musicを音楽専用のオンラインストレージにする方法

この「Google Play Music」アプリでは、最近になってスリープタイマーという機能が追加されたため、指定した時間が経過した後、自動で楽曲再生を止めることができるようになりました。

そこで本記事ではその設定方法について紹介します。

うまく活用すれば「就寝中に音楽を聴いていたら朝まで流しっぱなしだった!」という事態を防止できて便利ですよ。

スポンサーリンク

Google Play Musicのスリープタイマー機能

設定方法はシンプル

「Google Play Music」のスリープタイマー機能はカンタンに設定できます。

Google Play Music

Google Play Music
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ
記事中ではAndroid版Google Play Musicを例に說明していますが、iOS版でもほぼ同様の手順で設定可能です。

アプリ起動後、左上アイコンより「設定」を開き、「スリープタイマー」をタップ。

時間を設定します。例えば「30分」とすると、30分後に自動的に音楽再生が止まるようになります。

実際に設定した時間になると、特に通知音や通知バーが画面に表示されることなく、「Google Play Music」の再生が突然止まります。

充電は忘れずに! スピーカーで快適な快眠ライフを

今回紹介したタイマー機能により音楽は自動でストップとなりますが、それでもスマートフォンの電池は徐々に消費されていくので、スリープタイマー設定に加え、充電器に接続しておくのも忘れずに。

また、せっかく自宅でスマートフォンの音楽を流すのだから、できればスピーカーを使って音質の良いBGMの中で眠りたいですよね。ボクは以前レビュー記事を書いた「Amazonベーシック ポータブルBluetoothスピーカー」を愛用していますが、他にもコスパの良いスピーカーはたくさんあるので、ぜひ試してみてください。

関連記事

Amazonベーシック ポータブルBluetoothスピーカー – 自宅で良質な音楽を手軽に楽しめる!

〆:しっかり準備してからベッドに入ろう

以上、Google Play Musicでスリープタイマーを設定する方法! 音楽を聴きながら寝ても自動でオフに の說明でした。

スマートフォンで音楽を流しつつ、ベッドで横になっているといつの間にか寝てしまい、気がついたら朝・・・という失敗経験がある方は、ぜひ今回紹介したタイマー機能を使ってみて下さい。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい