Amazonタイムセール会場  楽天タイムセール会場
スポンサーリンク

Google Play Musicでスリープタイマーを設定する方法! 音楽を聴きながら寝ても自動でオフに

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Play Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicはインターネットに接続できる環境であれば、どこでも好きな音楽をスマートフォンやパソコンで視聴できるサービスです。

スマートフォン向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでは「スリープタイマー」という機能があり、指定した時間が経過した後、自動で楽曲再生を止めることができます。

そこで本記事では、Google Play Musicでスリープタイマーを設定する方法を紹介します。

うまく活用すれば「就寝中に音楽を聴いていたら朝まで流しっぱなしだった!」という事態を防止できて便利ですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Play Musicでスリープタイマー機能を設定する方法

iOS版とAndroid版とでUIが微妙に異なるため、記事中ではそれぞれ分けて解説しています。

アプリ版「Google Play Music」で「設定」メニューよりタイマーをセットできます。

Android版Google Play Musicの手順

メニューより「設定」を開き、「スリープタイマー」をタップします。

時間を設定します。例えば「10分」とすると、10分後に自動的に音楽再生が止まるようになります。

実際に設定した時間になると、特に通知音や通知バーが画面に表示されることなく、「Google Play Music」の再生が突然止まります。

ちなみに、設定したタイマーを再度開いて「タイマーをキャンセル」をタップすれば止めることも可能です。

iOS版Google Play Musicの手順

メニューより「設定」を開き、「スリープタイマー」をタップします。

時間を設定します。例えば「1分」とすると、1分後に自動的に音楽再生が止まるようになります。

実際に設定した時間になると、特に通知音や通知バーが画面に表示されることなく、「Google Play Music」の再生が突然止まります。

ちなみに、設定したタイマーを再度開いて「タイマーをキャンセル」をタップすれば止めることも可能です。

参考:充電は忘れずに! スピーカーで快適な快眠ライフを

今回紹介したタイマー機能により音楽は自動でストップとなりますが、それでもスマートフォンの電池は徐々に消費されていくので、スリープタイマー設定に加え、充電器に接続しておくのも忘れずに。

せっかく自宅でスマートフォンの音楽を流すので、できればスピーカーを使って音質の良いBGMの中で眠りたいですね。

 

〆:しっかり準備してからベッドに入ろう

以上、Google Play Musicでスリープタイマーを設定する方法! 音楽を聴きながら寝ても自動でオフに の說明でした。

スマートフォンで音楽を流しつつ、ベッドで横になっているといつの間にか寝てしまい、気がついたら朝・・・という失敗経験がある方は、ぜひ今回紹介したタイマー機能を使ってみて下さい。

ぜひ、お試しあれ。

Google Play Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました