スポンサーリンク

Google Play Musicの使い方! クラウドで曲を保存/再生して音楽専用のオンラインストレージにしよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google Play Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事ではGoogleの音楽ストリーミングサービスPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの使い方を紹介します。

音楽聴き放題サービスは他にもありますが、次のニーズに合致するなら特におすすめです。

  • 所有する楽曲を複数デバイスで同期したい(できれば無料で!)
  • YouTubeのヘビーユーザーで動画・音楽を広告なしで再生したい(お金がかかってもよい)

 

  1. グーグルプレイミュージックの利用開始方法
    1. Google Play Musicの特徴 – 無料版・有料版の違い
    2. Google Play Musicを初期設定する手順
  2. グーグルプレイミュージックで楽曲を視聴する方法
    1. Google Play Musicで音楽をクラウドへアップロードする手順
    2. Google Play Musicで音楽を個別に購入する手順
    3. Google Play Musicで聴き放題の定期購入を契約する手順
  3. グーグルプレイミュージックの音楽をスマホで再生する方法
    1. スマホ上でアップロードした音楽を再生する
    2. スマホ上で個別購入した音楽を再生する
    3. スマホ上で有料サブスクリプション音楽を再生する
    4. スマホ上でダウンロードした音楽を再生する
    5. スマホに保存された音楽を再生する(Androidのみ)
  4. その他グーグルプレイミュージックに関するアレコレ
    1. 有料版YouTube PremiumとPlay Musicの違いについて
    2. 楽曲をクラウドで管理するメリット/デメリット
    3. スマホ上でGoogle Play Musicを編集する方法
    4. スリープタイマーを設定する方法
    5. ウィジェットやロック画面にジャケット画像を表示する方法
    6. 楽曲の音量レベルを統一する方法
  5. 補足:音楽をより楽しむアプリまとめ(Android向け)
    1. Muviz – ナビゲーションバー上に音楽のビジュアライザーを表示
    2. MacroDroid – 状況に応じて音楽再生を自動化
    3. Audio Swipe – 運転中でも簡単&安全に音楽を流せる
    4. そのほか音量調整を便利にする方法まとめ
  6. 〆:Play Musicで好きな音楽をクラウドで楽しもう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

グーグルプレイミュージックの利用開始方法

Google Play Musicの特徴 – 無料版・有料版の違い

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicはインターネットに接続できる環境であれば、どこでも好きな音楽をスマートフォンやパソコンで視聴できるサービスです。

無料版・有料版が存在し、次のような差分があります。

特徴無料版有料版
①:所有する音楽のアップロード(最大5万曲)
②:マルチデバイスで音楽を同期
③:音楽のダウンロード・オフライン再生
④:4000万曲以上の音楽を広告なしで聴き放題×
⑤:YouTube Music Premiumの登録(追加料金なし)×

目的が「すでに持ってる楽曲をクラウドに保存して、複数端末で同期させたい」なら、お金をかけず無料版で実現できます(特徴①〜③)。

一方、有料の音楽ストリーミングサービスと比較検討している場合、YouTubeの利用頻度が判断ポイントとなります(特徴④〜⑤)。

アメリカ本国では、広告つきで好きな楽曲を無料で再生するサービス(無料ラジオ)が存在しますが、2019年12月時点で日本は対応していません。

Google Play Musicを初期設定する手順

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicで所有する音楽のアップロードをするには、事前の初期設定(アクティベーション)が必要です。

この際の留意ポイントとして次の2点があります。

  1. PCが必要
  2. 支払い情報の登録が必要

“1”について、Google Play Musicサイトで手続きが必要となり、スマートフォンのPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでは初期設定できません。

Play Musicアプリで初期設定できない説明画面

アプリでは初期設定できない。

ブラウザにアクセスできればスマートフォンでも操作できますが、画面が見づらいためパソコンでの手続きが推奨です。

“2”について、音楽のアップロードのみであればお金はかかりませんが、支払い方法(例:クレジットカード)を事前登録する必要があります。

本項目では、次の順番に解説をします。

説明の流れ
  • 説明①
    Play Musicで支払い方法を登録する方法
  • 説明②
    Play Musicの支払い情報を削除する方法
  • 説明③
    Play Musicでカードを追加できない場合

Play Musicで支払い方法を登録する方法

まずGoogle Play Musicサイトへアクセスして、Googleアカウントにログインして下さい。

初めての利用だと、有料版の案内が表示されます。

お金をかけずに使いたいなら、利用しない をクリックすればOK。

Play Musicで支払い方法を登録する手順1

無料版の特徴が表示され、

Play Musicで支払い方法を登録する手順2

「お住まいの国の確認」というページへ進みます。

これは使用するGoogleアカウントで支払い方法(Google Payのお支払いプロファイル)が未設定の場合に表示されます。

無料版Play MusicアプリのアイコンPlay Musicであっても支払い方法を登録する必要があるため、カードを追加 を選択しましょう。

カードを追加 をクリックしても反応がない場合、解決策を後述しています(コチラをタップしてジャンプ)。

Play Musicで支払い方法を登録する手順3

選択肢の中から支払い方法を選びます。

  • カードを追加:クレジットカード情報を登録
  • PayPalを追加:PayPalアカウントを登録
  • コードの利用:Play Storeのギフトカードまたはプロモーションコードを登録

Play Musicで支払い方法を登録する手順4

いずれかの支払い情報を入力の上、「Google Play Music Activation(0円)」を 有効化 します。

Play Musicで支払い方法を登録する手順5

「お支払いが完了しました」というメッセージが表示されれば、初期設定は完了です。

Play Musicで支払い方法を登録する手順6

Play Musicの支払い情報を削除する方法

無料版Play MusicアプリのアイコンPlay Musicに使用を限定する場合、料金が発生することはありませんが、支払い情報が残ったままなのは不安ですよね。

これはGoogle Payのページへアクセスし、お支払い方法 タブにて登録情報を 削除 すれば、この問題は解決できます。

Play Musicの支払い情報を削除する手順1

Play Musicの初期設定を済ませた後であれば、支払い方法が未登録でも引き続き使用できます。

お支払い方法 タブにて、何も登録されないことを確認できればOKです。

Play Musicの支払い情報を削除する手順2

参考 Google Playヘルプ – お支払い方法の追加、削除、編集

参考 Google Payヘルプ – お支払いプロファイルを変更または削除する

Play Musicでカードを追加できない場合

「お住まいの国の確認」ページで カードを追加 をクリックしても反応がない場合、いったんブラウザでログイン中の全Googleアカウントからログアウトして下さい。

ブラウザでログイン中の全Googleアカウントからログアウトする手順

再びGoogle Play Musicサイトへアクセスして、Googleアカウントにログイン後、同じ手順で進めばOKです。

 

グーグルプレイミュージックで楽曲を視聴する方法

初期設定直後の状態でGoogle Play Musicサイトへアクセスすると、再生できる楽曲は表示されず、3通りの視聴方法が掲載されます。

曲の種類入手方法費用
アップロードした曲所有する楽曲ファイルをPCからアップロードする無料
個別購入した曲Play Storeから個別に楽曲を買う楽曲ごと異なる
定期購入した曲聴き放題のサブスクリプションを契約する月額980円〜

初期設定直後のGoogle Play Musicサイトの画面

それぞれの方法で楽曲を視聴する手順を解説します。

Google Play Musicで音楽をクラウドへアップロードする手順

すでに持っている楽曲ファイルをPlay MusicアプリのアイコンPlay Music上へアップロードすれば、同じGoogleアカウントでログインする全デバイスで同期できます。

音楽のアップロード作業はパソコンが必要です(スマホだけでは完結できません)。

具体的なアップロード手順は、2通りあります。

  1. Google Play Music Managerで音楽を追加する(その他のブラウザ向け)
  2. Play Musicアプリで音楽を追加する(Chrome向け)
パソコンのOSとわず、使用しているブラウザがChromeアプリのアイコンChromeなら2を、それ以外なら1の方法をどうぞ。

それぞれ順番に解説します。

Google Play Music Managerで音楽を追加する

Chrome向けの手順は、コチラをタップしてジャンプ。

使用中のブラウザがChrome以外(例:Microsoft EdgeのアイコンEdge / SafariアプリのアイコンSafari)なら、事前にGoogle Play Music Managerをダウンロードの上、

Google Play Music Managerで音楽を追加する手順1

インストールして下さい。

Google Play Music Managerで音楽を追加する手順2

使用するGoogleアカウントへログインが必要。

パソコンで楽曲ファイルを保存しているフォルダを選択すれば、アップロードが開始されます。

Google Play Music Managerで音楽を追加する手順3

曲を追加したい場合、指定したフォルダへ保存すれば、自動でアップロードされます。

アップロード結果は、タスクバーのGoogle Play Music Managerのアイコンアイコンで右クリックメニューの オプション を選び、管理画面を開けば表示されます。

Google Play Music Managerで音楽を追加する手順4

参考 Google Play Musicヘルプ – Google Play Music Managerで音楽を追加する

Play Musicアプリで音楽を追加する

Chrome以外のブラウザ向けの手順は、コチラをタップしてジャンプ。

使用中のブラウザがChromeアプリのアイコンChromeなら、事前にPlay Musicの専用アプリをインストールして下さい。

Google Play Music
Google Play Music
Developer:google.com
Price:Free

パソコンに保存している楽曲ファイルを、Google Play Musicサイト上にドラッグ&ドロップすればアップロードが開始されます。

Play Musicアプリで音楽を追加する手順

パソコンに保存される大量の曲を一度にアップロードする場合、1時間以上かかる場合もあります(PCのスペックやインターネット速度にも依存します)。

参考 Google Play Musicヘルプ – Chrome版Google Play Musicを使用して音楽を追加する

参考:Play Musicでアップロードできるファイル形式について

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicでサポートされるファイル形式は次の通りです。

ファイル形式サポート可否
MP3(.mp3)
AAC(.m4a)
WMA(.wma)△(※1)
FLAC(.flac)
OGG(.ogg)
DRM保護されたAAC(.m4p)△(※2)
ALAC(.m4a)
WAV(.wav)
AIFF(.aiff)
RA(.r)

※1:Windows版Music Managerを使用してアップロードできます(Chrome向けPlay Musicアプリではアップロード不可)。

※2:一部の.m4pファイル(例:Apple Musicから購入した楽曲)はアップロードできません。

参考 Google Play Musicヘルプ – Google Play Musicでサポートされているファイル形式

もし楽曲のアップロードに失敗する場合、ファイル形式がサポート外でないか、まずは確認して下さい。

Google Play Musicで音楽を個別に購入する手順

最近の音楽視聴スタイルとして、聴き放題の定額制サブスクリプション契約が主流となっています。

が、中にはサブスクリプションを解禁していないアーティストもいるため、そのような場合に個別に曲を購入する方法を知ってると便利です。

購入はPlayストアアプリのアイコンPlay Storeより実施するため、操作デバイスによって下記2パターンに手順が分かれます。

  • Android:プリインストールされるPlay Storeアプリより購入
  • iPhone/PC:ブラウザ版Play Storeより購入
記事中ではAndroid向けPlay Storeアプリ画面を例に説明しますが、ブラウザ版でも手順は同様です。

PlayストアアプリのアイコンPlay Storeのメニューより 音楽を探す を開き、目的の楽曲を検索します。

Google Play Musicで音楽を個別に購入する手順1

アルバム単位はもちろん、1曲単位でも購入可能です。

Play Storeの音楽視聴ボタンボタンより試しに視聴もできます。

価格をタップして決済方法を選び、購入 を実行します。

Google Play Musicで音楽を個別に購入する手順2

サブスク未解禁の米津玄師「Lemon」を購入する例。

購入した楽曲はGoogleアカウントに紐づきます。ログイン中のアカウントが正しいか念のため確認しましょう。

購入後、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicで再生できるようになります。

Google Play Musicで音楽を個別に購入する手順3

ライブラリ上は「無料/購入済みの曲」としてオートプレイリストに自動追加され、オフライン再生用にダウンロードも可能です。

Google Play Musicで音楽を個別に購入する手順4

(左)オートプレイリスト「無料/購入済みの曲」 / (右)ダウンロードした画面

Google Play Musicで聴き放題の定期購入を契約する手順

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicの有料サブスクリプション(月額980円)に登録すれば、4,000万曲以上の音楽を広告なしで聴き放題となります。

さらにYouTube MusicのアイコンYouTube Music Premiumも追加料金なしで利用可能です。

もしYouTubeアプリのアイコンYouTubeの動画を視聴する頻度も高い場合、+200円で登録できる「YouTube Premium」の方がオススメです。詳細は後述しています。

登録は、操作デバイスによって下記2パターンの手順に分かれます。

  • Android:Play Musicアプリより購入
  • iPhone/PC:ブラウザ版Play Musicより購入
記事中ではAndroid向けPlay Musicアプリ画面を例に説明しますが、ブラウザ版でも手順は同様です。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでメニューより 設定無料試用を開始 と進み、

Google Play Musicで聴き放題の定期購入を契約する手順1

登録できます。

さらに最初の30日間は無料でお試し利用できます。

Google Play Musicで聴き放題の定期購入を契約する手順2

iPhone版Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリでは申込みできません。Android版またはGoogle Play Musicサイトで登録を済ませる必要があります。

4,000万曲以上の音楽から、最近の人気曲や好きなジャンルの曲を広告なしで無制限に再生できます。

Google Play Musicで聴き放題の定期購入を契約する手順3

 

グーグルプレイミュージックの音楽をスマホで再生する方法

Google Play Music

Google Play Music

Google LLC無料posted withアプリーチ

スマートフォン向けPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリは、Android版・iPhone版とでデザインも異なり、様々なメニューが存在します。

Android版・iPhone版Play Musicアプリトップ画面の比較

が、曲の種別としては、おおよそ5系統に分類できます。

曲の種類通信環境費用
アップロードした曲ストリーミング再生無料
個別購入した曲ストリーミング再生楽曲ごと異なる
定期購入した曲ストリーミング再生月額980円〜
ダウンロードした曲オフライン再生無料
デバイスに保存した曲オフライン再生無料

スマホ上でアップロードした音楽を再生する

あらかじめパソコンから楽曲をアップロードしておけば、同じGoogleアカウントでログインするPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで再生できます。無料版でも使用可能な機能です。

初期設定で有料版の案内が表示されますが、自身が所有する音楽を視聴するだけなら 利用しない を選べばOK。

スマホ上でアップロードした音楽を再生する手順

アプリ内では 音楽ライブラリ の各メニュー(例:プレイリスト / アルバム)に表示されます。

(設定状態にもよりますが)原則ストリーミング再生となるため、ネットワーク環境が必要です。
複数のデバイスでPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicを使用する場合、パソコン・スマートフォンは合計10台まで登録できます。もし10台を超過する場合、デバイスの紐付けを解除する必要があります。

スマホ上で個別購入した音楽を再生する

PlayストアアプリのアイコンPlay Storeで個別に楽曲を購入した場合、同じGoogleアカウントでログインするPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで再生できます。

スマホ上で個別購入した音楽を再生する手順

アプリ内ではアップロードした曲と同様、 音楽ライブラリ の各メニュー(例:プレイリスト / アルバム)に表示されます。また「無料/購入済みの曲」としてオートプレイリストに自動追加もされます。

(設定状態にもよりますが)原則ストリーミング再生となるため、ネットワーク環境が必要です。

スマホ上で有料サブスクリプション音楽を再生する

有料サブスクリプション(月額980円)に登録すれば、同じGoogleアカウントでログインするPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで再生できます。

4,000万曲以上の音楽から、最近の人気曲や好きなジャンルの曲を広告なしで無制限に再生できます。

スマホ上で有料サブスクリプション音楽を再生する手順

アプリ内でもメニューが多く、音楽ライブラリ 以外(例:トップチャート / 新作)に表示されるのは、基本的に定期購入の楽曲です。

(設定状態にもよりますが)原則ストリーミング再生となるため、ネットワーク環境が必要です。

なおアーティストによってはサブスクリプションを解禁していないため、検索しても見つからないことも。

この場合、選択肢は2つあります。

  • Play Storeから楽曲を個別購入する
  • CDを購入してPCからアップロードする

参考 Google Play Musicヘルプ – Google Play Musicを定期購入する

参考 Google Play Musicヘルプ – Google Playで音楽が見つからない

スマホ上でダウンロードした音楽を再生する

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの楽曲はストリーミング再生が基本ですが、あらかじめダウンロードしておけばオフライン環境でも視聴できます。

ダウンロード対象ダウンロード可否(スマホ)ダウンロード可否(PC)
アップロード/購入した曲 – 1曲ずつ
アップロード/購入した曲 – プレイリスト単位
アップロード/購入した曲 – アルバム単位
アップロード/購入した曲 – すべて
定期購入しているプレイリスト
定期購入しているアルバム
定期購入しているラジオステーション

スマホ上でダウンロードした音楽を再生する1

アプリ内では ダウンロード済みのみ を有効にすれば、絞り込んで表示できます。

また工夫は必要ですが、mp3ファイルとして取り出し、別デバイスで再生することもできます。

SDカードに保存したmp3ファイルの画面

SDカードに保存したmp3ファイルの画面例。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicのダウンロード機能は説明が長くなるため、詳細は関連記事【Google Play Musicの曲をダウンロードする方法! スマホやPCで保存先からmp3ファイルをオフライン再生しよう】で解説しています。

Google Play Musicの曲をダウンロードする方法! スマホやPCで保存先からmp3ファイルをオフライン再生しよう
この記事では、Play Musicのダウンロード機能を徹底的に解説します。無料会員でも楽曲を保存してオフライン再生可能です。またスマホ上の操作でmp3ファイルを取り出す手順も説明しています。

スマホに保存された音楽を再生する(Androidのみ)

この機能はAndroid限定で、iPhoneは非対応です。

スマートフォンの内部ストレージやSDカードに楽曲ファイルが保存されていれば、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリをミュージックプレーヤーとして使えます。

ストリーミング再生ではないため、オフライン環境下でも再生できるメリットがあります。

スマホに保存された音楽を再生する手順

アプリ内も「ダウンロード済み」の曲として認識される。

なお楽曲ファイルの保存先は、内部ストレージやSDカード直下の Music フォルダとして下さい。それ以外の場所だと、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリが認識しない可能性があります。

手元の端末で検証したところ、例えば内部ストレージ直下の Alarms フォルダに保存した楽曲ファイルは認識できませんでした。

参考 Google Play Musicヘルプ – 音楽をパソコンからスマートフォン、タブレットに転送する

 

その他グーグルプレイミュージックに関するアレコレ

有料版YouTube PremiumとPlay Musicの違いについて

Googleの有料サブスクリプションは3種類あり、次のように整理されます。

2019年12月時点の情報です。
定期購入オプション月額費用使える機能
YouTube Premium1,180円YouTube Premium + YouTube Music Premium + Google Play Music
YouTube Music Premium980円YouTube Music Premium + Google Play Music
Google Play Music980円YouTube Music Premium + Google Play Music
音楽だけ楽しみたいなら「YouTube Music Premium」または「Google Play Music」を、動画も視聴する機会が多いなら「YouTube Premium」がオススメです。

定期購入オプションは3種類ある一方、使える機能は一部重複しているため、複数のオプションを同時登録すると二重課金となる可能性があります。

特に「Google Play Music」から「YouTube Premium」へアップグレードする際に注意して下さい。

参考 Google Play Musicヘルプ – 重複する定期購入を管理する

楽曲をクラウドで管理するメリット/デメリット

音楽をクラウドで管理すれば、下記点でメリットがあります。

  • デバイス内に楽曲ファイルを保存しないためストレージ容量を節約できる
  • マルチデバイスで音楽を常に同期できる
  • 故障/紛失でデバイスのデータが消失しても問題なし

一方、端末に楽曲が保存されないため、次のようなデメリットもあります。

  • インターネット環境がないと音楽を再生できない
  • ストリーミング再生を多用するとデータ通信量に負担が大きい

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicには楽曲のダウンロード・オフライン再生機能も搭載されますが、これら特徴を理解した上で設定するとよいでしょう。

スマホ上でGoogle Play Musicを編集する方法

すでに持っている楽曲ファイルをPlay MusicアプリのアイコンPlay Music上へアップロードするには、パソコンが必須となります。

が、アップロードされた音楽の編集操作は、スマートフォン上でも可能な場合があります。

音楽プレイリストを編集する

プレイリストの新規作成/追加/削除は、Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの標準機能として搭載されています。

スマホで音楽プレイリストを編集する手順

プレイリストへ追加する例。

詳細は関連記事【アプリ版Google Play Musicでプレイリストを編集する方法まとめ! iPhoneやAndroidで新規作成/追加/削除しよう】で解説しています。

アプリ版Google Play Musicでプレイリストを編集する方法まとめ! iPhoneやAndroidで新規作成/追加/削除しよう
ボクはスマートフォンで音楽を聴く際、「Google Play Music」アプリを使っています。 このサービスはブラウザ版「Google Play Music」での管理が主となりますが、アプリ版でも多少の編集作業は可能となって...

音楽メタデータやアルバムアートを編集する

楽曲ファイルのメタデータ(例:曲のタイトル / アーティスト情報)は、残念ながらPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリ上で編集できません。

が、スマートフォン上で無理やりブラウザ版Google Play Musicを表示すれば、この問題を解決できます。

スマホで音楽メタデータやアルバムアートを編集する手順

曲のタイトルを編集する例。

詳細は関連記事【スマホでGoogle Play Musicの音楽メタデータを編集する方法! ブラウザ上で曲名やジャケット画像/アルバムアートを変更しよう】で解説しています。

スマホでGoogle Play Musicの音楽メタデータを編集する方法! ブラウザ上で曲名やジャケット画像/アルバムアートを変更しよう
この記事では、スマートフォン上でGoogle Play Musicの音楽メタデータを編集する方法を解説します。ブラウザ版へアクセスして曲名やアルバムアートを変更できます。

スリープタイマーを設定する方法

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリには「スリープタイマー」機能があり、指定した時間が経過した後、自動で楽曲再生を止めることができます。

Play Musicでスリープタイマーを設定する手順

就寝前に音楽を聴く習慣があれば、タイマーをセットしておくだけで「朝まで流しっぱなしだった!」という事態を回避できますよ。

詳細は関連記事【Google Play Musicでスリープタイマーを設定する方法! 音楽を聴きながら寝ても自動でオフに】で解説しています。

Google Play Musicでスリープタイマーを設定する方法! 音楽を聴きながら寝ても自動でオフに
Play Musicはインターネットに接続できる環境であれば、どこでも好きな音楽をスマートフォンやパソコンで視聴できるサービスです。 使い方の基本は、関連記事【Google Play Musicの使い方! クラウドで曲を保存/再生...

ウィジェットやロック画面にジャケット画像を表示する方法

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリで再生中、ホーム画面上のウィジェットやロック画面のミニプレーヤーに楽曲のアルバムアート画像が表示されます。

ただ異なる楽曲で同じアルバムに分類していると、違う曲でも同じ画像が表示される、という使いづらい点があります。

ロック画面に表示されるアルバムアート

この問題は、楽曲ごとオリジナルのアルバム名を設定することで解決できます。

詳細は関連記事【Google Play Musicのジャケット画像を表示する方法! スマホのウィジェットやロック画面のアルバムアートを変更しよう】で解説しています。

Google Play Musicのジャケット画像を表示する方法! スマホのウィジェットやロック画面のアルバムアートを変更しよう
この記事では、Google Play Musicでジャケット画像を表示する方法を解説します。ウィジェットやロック画面に出ているアルバムアートをジャケットへ変更できます。

楽曲の音量レベルを統一する方法

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicで視聴する曲によって音量にバラツキがあり、その都度ボリューム調整した経験はないでしょうか?

残念ながら、標準機能として楽曲のボリュームを統一する設定は搭載されないため、デバイスごと次のような代替策を検討する必要があります。

方法AndroidiPhoneWindowsMac
デバイス標準の音量ノーマライズ機能を使う××
外部ミュージックプレイヤーで再生する〇(オススメ)〇(オススメ)〇(オススメ)
楽曲ファイル自体の音量を修正する〇(オススメ)

どの方法も完璧ではなく課題も多いですが、「曲どうしの音量レベルをそろえる」に近い機能を実現できます。

詳細は関連記事【Google Play Musicの音量を統一する方法! 曲ごとボリュームを自動調整しよう】で解説しています。

Google Play Musicの音量を統一する方法! 曲ごとボリュームを自動調整しよう
この記事では、Play Musicの音量を統一する方法を解説します。デバイス標準の音量ノーマライズ機能を使う、外部ミュージックプレイヤーを使う、楽曲ファイル自体の音量を修正する、を説明しています。

 

補足:音楽をより楽しむアプリまとめ(Android向け)

Androidに限定した内容で、iPhoneは非対応です。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicアプリの再生をより楽しく、便利にするAndroid向けアプリを紹介します。

Muviz – ナビゲーションバー上に音楽のビジュアライザーを表示

Muviz」というアプリを使えば、Androidのナビゲーションバー上に音楽のビジュアライザーを表示できます。

Muvizでナビゲーションバー上に音楽のビジュアライザーを表示

Play MusicアプリのアイコンPlay Music以外のアプリ(例:YouTubeアプリのアイコンYouTube)含め、Androidから音が出る全ての場面でナビゲーションバー上に美しい模様が浮かび上がるので、音楽再生がより楽しくなりますよ。

詳細は関連記事【Androidのナビゲーションバーにビジュアライザーを表示する方法! デザインを自作して音楽を視覚的に表現しよう】で解説しています。

Androidのナビゲーションバーにビジュアライザーを表示する方法! デザインを自作して音楽を視覚的に表現しよう
音楽の「ビジュアライザー」というワードを聞いたことはありますか? 再生中の楽曲を「可視化」する機能を指し、具体的には曲のテンポやビートに合わせて上下するバーを意味する場合が多いです。 この「ビジュアライザー」を、楽曲や動画を再生...

MacroDroid – 状況に応じて音楽再生を自動化

MacroDroidアプリのアイコンMacroDroidというアプリを使えば、様々な条件に応じてPlay MusicアプリのアイコンPlay Musicの再生 / 停止を自動化できます。

下記に一例を掲載しますが、このようにマクロを組むことで、自由自在にAndroidの音楽をコントロールできて面白いですよ。

例:イヤホン接続時にPlay Musicの楽曲再生を自動化する

次のようなマクロを作れば、イヤホン接続時に楽曲再生を自動化できます。

  • トリガー:ヘッドフォンの挿入 / 取り外し(イヤホンを接続したら)
  • アクション:メディアを制御(Play Musicを再生)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)

MacroDroidでイヤホン接続時にPlay Musicの楽曲再生を自動化する

詳細は関連記事【Androidでイヤホン接続時にミュージック再生を自動化する方法! ヘッドホン挿入で音楽開始するマクロ】で解説しています。

Androidでイヤホン接続時にミュージック再生を自動化する方法! ヘッドホン挿入で音楽開始するマクロ
Androidでは、ミュージックプレイヤーを再生中、イヤホンを外すと自動で楽曲は一時停止されますが、逆に楽曲が一時停止された状態でイヤホンを挿入しても自動で再生されない仕様となっています。 もしイヤホン付け外しの頻度が多い場合、都度手...

例:任意アプリ終了時にPlay Musicの楽曲を再生する

次のようなマクロを作れば、指定したアプリ終了時に楽曲再生を自動化できます。

  • トリガー:アプリの起動 / 終了(指定アプリを終了したら)
  • アクション:メディアを制御(Play Musicを再生)
  • 条件:任意(設定しなくてもOK)
MacroDroidでゲーム終了時にPlay Musicの楽曲再生を自動化する

ゲームを閉じると楽曲が自動で再生される例。

詳細は関連記事【Androidでアプリ終了時にミュージック再生を自動化する方法! 特定条件で音楽開始/終了のマクロ】で解説しています。

Androidでアプリ終了時にミュージック再生を自動化する方法! 特定条件で音楽開始/終了のマクロ
Androidでは、ミュージックプレイヤーを再生中、別のBGMが流れるアプリ(例:YouTube / Super Mario Run)を起動すると、自動的に再生中の楽曲が一時停止され、操作中アプリのメディアが優先的に再生される仕様となってい...

Audio Swipe – 運転中でも簡単&安全に音楽を流せる

Audio Swipe」というアプリを使えば、運転中でも簡単&安全にGoogle Play Musicの音楽を流せます。

Audio Swipe
Audio Swipe
Price:Free

Audio Swipeの使い方

画面を見ずに上下左右にスワイプするだけで、次の曲へ移動したり音量調整が可能です。

詳細は関連記事【運転中カンタンにAndroidのミュージックプレイヤーを操作する方法! 車でも安全にスマホの音楽を再生しよう】で解説しています。

運転中カンタンにAndroidのミュージックプレイヤーを操作する方法! 車でも安全にスマホの音楽を再生しよう
車を運転中にスマートフォンを操作するのは危険と理解していても、ついつい触ってしまう経験はないでしょうか? 特にスマートフォンに入れている音楽を車の中で流している場合、次の曲を再生したり、一時停止させたり、などの操作を運転中に行うのはか...

そのほか音量調整を便利にする方法まとめ

Androidの音量調整を便利にする情報をまとめて、関連記事【Androidで音量調整をカスタマイズする方法まとめ! ボリューム再生/変更を便利にしよう】で解説しています。

Androidで音量調整をカスタマイズする方法まとめ! ボリューム再生/変更を便利にしよう
本ブログで過去紹介したAndroidの「音量」調整に関わる記事をまとめて紹介します。 まず基本として、Androidの音量は5種類に大別されます。 着信・通知の音量 メディアの音量 アラームの音量 イヤ...

 

〆:Play Musicで好きな音楽をクラウドで楽しもう!

以上、Google Play Musicの使い方! クラウドで曲を保存/再生して音楽専用のオンラインストレージにしよう の說明でした。

Play MusicアプリのアイコンPlay Musicで音楽をクラウド管理とすれば、どの端末からアクセスしても常に最新の楽曲を再生することができます。

また有料版へ登録すれば、4,000万曲以上の音楽を広告なしで聴き放題となり、さらにYouTubeの有料コンテンツも同時に使用可能となります。

ぜひお試しあれ。

参考 Google Play Musicヘルプ – Google Play Musicの使い方

参考 Google Play Musicヘルプ – 複数の端末でGoogle Play Musicを使用する

参考 YouTubeヘルプ – YouTube有料メンバーシップに登録する

Google Play Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク
現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元
Amazonの買い物はAmazonギフト券チャージタイプがオススメ!チャージする都度、最大2.5%のポイントが貯まるのでお得です。

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あっとはっく

コメント

タイトルとURLをコピーしました